2018年06月19日

田園生活の楽しみ 

【 Sunset scene in the suburb of Yokohama, JAPAN】

田園生活 1.JPG


田園生活2.JPG

(写真: 東急東横線、日吉)

 一年でいちばん陽の長い6月は、仕事が終わったあと、愛用のクロスバイクを駆って横浜北部の田園地帯で森林浴をします。胸一杯に樹木から出てくるマイナスイオンを吸って、道なき路を探険するのが初夏の田園生活の楽しみです。
posted by ヒデキ at 23:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月02日

首都圏のすべての若者に結婚の機会を!! 

 長崎 平戸 夕陽.jpg

 67回目の婚活パーティ、6月21日(木)六本木

 若い人たちを10名集めて楽しくお食事します!
飲み放題付きです。シングル、バツ1の皆さん、是非お越し下さい。
ヒデキの友人が集まりますので、明るいラテン系の人が多く集まります(笑)。

日時: 6月21日(木)19:30−21:30
会費: 男性5千円、女性3千円
    料理5品、飲み放題付き

場所: フレンチ・イタリアン 『Magnet』
東京都港区六本木3-13-12 エルサビル 2F
https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13186198/

申し込みはダイレクトメッセを下さい。ハンドルネームと、連絡用メールアドレスをご記入下さい。
メールアドレスはブログ管理人しか見られないため、個人情報の機密は守られます。

楽しくお食事しましょう!

最高のマッチングMatchbookの登録はこちら
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TVDJ7+7VECQA+3RXW+5YZ77

TME 東京婚活取引所 Tokyo Matching Exchange

 【 必ず結婚できる45のルール 】

posted by ヒデキ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

首都圏のすべての若者に結婚の機会を!!

 − 残り9名を募集! 66回目のパーティ@六本木、5月23日(水)

  首都圏2,950万人のすべての若者に結婚のチャンスをって、
 「できるわけ無いやろ?」
 「アタマ逝ってるで。」
 「天然か!?」

 と、保守派は言います。
 でも私は革新派です。

 テクノロジーの力を借りれば、不可能なことも可能になると信じています。

5月23日(水)に六本木で若い人たちを20名集めて楽しくお食事します!
男性10名、女性10名を募集中。上は40歳まで。

飲み放題付きです。シングルの皆さん、是非お越し下さい。

日時: 5月23日(水)19:30−21:30
会費: 男性6千円、女性4千円
    料理5品、飲み放題付き
場所: 六本木、ダイニングバー 『Emiliano』
六本木3−8−15 六本木日拓ビル1F

https://restaurant.ikyu.com/107529/

申し込みはダイレクトメッセを下さい。連絡用Eメールアドレスはブログ管理人しか見られないため、個人情報の機密は守られます。
楽しくお食事しましょう!
posted by ヒデキ at 10:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

パーティのお知らせ!

千代田区を代表する宴会部長のヒデキがパーティを開催します。

若い人たちを20名集めて楽しくお食事します!
男性10名、女性10名を募集中。上は40歳まで。
飲み放題付きです。シングルの皆さん、是非お越し下さい。

日時: 5月23日(水)19:30−21:30
会費: 男性6千円、女性4千円
    料理5品、飲み放題付き
場所: 六本木、ダイニングバー 『Emiliano』
六本木3−8−15 六本木日拓ビル1F

https://restaurant.ikyu.com/107529/?ikyh=p__s_accimg&ikCo=10000163&CosNo=10000163&CosUrl=https%3A%2F%2Frestaurant.ikyu.com%2F107529%2F%3Fikyh%3Dp__s_accimg

申し込みはコメント欄にハンドルネームと、連絡先Eメールアドレスをご記入下さい。
Eメールアドレスはブログ管理人しか見られませんので、個人情報は守られます。

楽しくお食事しましょう!

【 必ず結婚できる45のルール 】
posted by ヒデキ at 19:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

安部総理大臣と 

桜を見る会1.jpg

安部総理大臣に招待されて『桜を見る会』に参加してきました。

 スポーツ選手や芸能人、各界の代表約1万人が新宿御苑に集まり、お酒などでおもてなしを頂いてきました。安部昭恵夫人と握手してきました。EXILEやIKKOさん、美川憲一さん、ピコ太郎さん、梅宮アンナさんなどもいました。

 安部総理は、企業が賃金3%の賃上げをすることで国民の所得を向上させ、生活が豊かになるとともに経済が底上げされるよう、主要企業の経営者にお願いをしているところです、とおっしゃっていました。

 企業が利益を内部留保でたくわえ続けている限り、社員の生活が豊かになることはないわけですから、おっしゃるとおり、まっとうな経済政策ですね。愛知県の某T自動車を筆頭に、兆円単位のお金を社内にため続けて、経済が潤うか?という話ですね。

 50年生きてきて、首相に呼ばれたのは初めてなので、ぐっと胸に来るものがありました。これからも、祖国・ニッポン経済を拡大することで多くの人に貢献したいと思います。

  桜を見る会4.JPG

桜を見る会2.jpg

桜を見る会.jpg
posted by ヒデキ at 13:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

2万円のビュッフェパーティに無料でご招待 

【2万円のビュッフェパーティ(飲み放題)に無料でご招待!】4月17日(火)午後18:00−20:00
憲政記念館パーティ .jpg

 自民党のパーティに僕の枠で95名までを無料でご招待します!希望者はコメント欄にメッセージと連絡先メールアドレスを下さい。

参議院自民党幹事長パーティへのご招待
場所: 憲政記念館(地下鉄永田町駅、桜田門駅)
第1部: 17:00〜18:00
 女子スピードスケートメダリスト橋本聖子議員の講演
 参議院国会対策委員長の関口昌一議員の講演
第2部: 18:00〜20:00
パーティ。ビュッフェ、飲み物。
* 遅刻、途中退席可能
申込方法: 希望者はコメント欄にメッセージと連絡用メールアドレスをご連絡下さい。管理人しか見られませんので、個人情報の機密は守られます。無料招待枠95名まであります。平服でも参加可能です。
当日は、会場で受け付け手続きがあります。
 尚、パーティの後、希望者をつのって赤坂見附で飲み会(30分)を行います(笑)。
posted by ヒデキ at 22:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シリアとニッポン

o-SYRIA-GAS-570.jpg

シリア攻撃で国際社会は激動しているのに、村社会のネガティブ思考にそまった日本のマスコミと野党の国会議員は、もりかけ問題や官僚のセクハラ騒動をあおるだけで、3か月以上も国会を空転させている。

国民の幸せやニッポンの危機など何も考えていない。他人の足をひっぱることしか考えていない野党の国会議員は辞職すべきではないか?日本のマスコミのネガティブ思考は悲劇的ですらある。なにも建設的な思考を社会に発していない。

ロシアや米欧の軍産複合体の犠牲になったシリアの国民が不憫でならない。
でも、経済大国でありながら、なんら建設的な解決ができないニッポンの病巣もまた、深い。
posted by ヒデキ at 21:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

旅をする仕事(8) 北海道札幌市 

北海道大学2.JPG

北大3.JPG

クラーク博士の銅像 .JPG

 − 写真: 北海道大学
 札幌に来るとかならず立ち寄る場所があります。札幌駅から徒歩5分のところにある北海道大学です。18歳のときにはじめてこのキャンパスを訪れたのですが、日本の大学とは思えない広大なキャンパスに驚きました。まるで欧米の大学のようです。

白樺の木やポプラ並木がたちならび、キャンパス内には小川が流れ、うっそうとした森のような敷地でキャンプを張っている学生すらいました。

 東京にある有名大学のキャンパスとは比べ物にならないくらい広大で静かなキャンパスに憧れました。観光客もたくさん訪れ、あちこちで記念写真を撮っています。

 大陸文化の影響を受けた北海道ですから、スラブ・ユーラシア研究センター、アイヌ先住民研究センター、エルムの森インフォメーションセンターとか、異国情緒ただよう名前の施設がたくさんあります。

 そんな中、いちばん好きなのがクラーク博士の銅像と、“Boys be ambitious”という銅板です。もとは札幌農学校が母体の北大ですが、そこで教鞭をとったクラーク博士が学生に向けて Boys be ambitious!少年よ、野心を抱け! と熱い人生訓を語ったのです。

 この銅像をはじめてみたのが18歳のときで、熱血漢の僕はすかさず 
「よし! わしも野心的な人生を生きるで!」と、親元をはなれて上京したばかりの舞い上がった心を、余計に舞い上がらせてくれたのでした。

 時忘れぬ、街中にマイケル・ジャクソンの『スリラー』のダンスビデオが流れていた頃です。

 「自分はどうせ〇X大学だから、高校だから。期待したって無理。」
「自分は〇Xが苦手だから。」
 「 どうせ家は金持ちじゃないから。」
と、自分の才能のフタをせずに、不可能なくらいに大きな野望、目標をがむしゃらに追い続ける。そんな壮大な人生観を伝えてくれたのが、クラーク博士の銅像です。

 ヒデキの型破りな行動力も、思い起こせば、この頃から生まれたのだと思います(笑)。
そんな思い入れの深い銅像を朝1番に見てから、僕は初めての北海道のお客様に会いに行きました。

 自分の才能にフタをしない。不可能なくらいの目標や野心をもって全力でブチ当たる。
そんな人生訓を教えてくれた北海道大学には感謝しています。札幌でいちばんの名所です。

 旅をする仕事は、つづきます。
 (つづく)
posted by ヒデキ at 22:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

旅をする仕事(7) 北海道札幌市 

札幌 1.JPG

札幌2.JPG

札幌3.JPG

 安室奈美恵の゛Four Seasons ゛を聴きながら、列車が広い原生林に吸い込まれていく車窓の景色に見入っていました。

 6年ぶりに来た北海道は、残雪があちこちに残り、気温が4度と、東京の真冬並みの寒さです。桜が満開になった東京と北海道では、まるで別世界を見ているようです。

 僕の仕事は旅人(TRAVELLERS)です。映画 『男はつらいよ』に出てくるフーテンの車寅二郎が大好きで、いつかあんな自由な人生を送りたいと思っていましたが、生命保険の仕事についてから、それがかないました。
 
 生命保険には『紹介』という素晴らしい制度があります。お客さんが自分の保険に満足してくれると、周りの知人を紹介してくれるので、遠方にいるまったく知らない人がお客さんになってくれるのです。

 ふだんは首都圏で仕事をしていますが、ご紹介が出るたびに、仙台や大阪、愛知県と、遠方に旅をしてきました。
 
 今回は、はじめて北海道への旅をしました。

 FPの仕事は金融の知識と、人脈開拓力を使って、多くの人の生活を豊かにして、安心を与える仕事です。この仕事に就いて、多くのひとたちの豊かさや安心をお届けすることに自分の使命感を感じています。
旅をする仕事は、続きます。

(つづく)
posted by ヒデキ at 23:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

米中激突 (1)

習近平.jpg

とうとう恐れていた事態が起きました。米中激突です。国益をめぐって2か国から火花を散らすような外交関係に陥ることはままありますが、それが覇権国同士でなければ世界に大きな影響を与えることはありません。

 ところが、覇権国同士が激突すると、その影響は当事国だけでなく、周辺国の経済や政治にも大きく影響します。古くは60年代のキューバ危機、近年ではシリア国民が米露のはざまで悲しい運命に陥っています。

基本、世界の覇権国というのは米中露の3ヵ国だけです。

いくら日本やEU、サウジアラビアが経済で頑張ろうが、覇権国にはなれないのです。

広大な領土と、人口の多さ、地下資源に、周辺国を完膚なきまでにビビらせることのできる強大な軍事力。

これを満たしている国は米中露の3ヵ国だけです。
2016年にDonald J. Trumpが大統領に就任して以来、米中が激突する伏せんはありました。

大統領就任後、2週間もたたないうちに。。。 つづきはメルマガ “熱血日記” から
www.mag2.com/m/0001646353.html

 (つづく)
 
 【米中激突 − 戦争か取引か】
posted by ヒデキ at 23:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

年収1550万円もらっている野党の国会議員は1年に9ヶ月しか働いていない

【 年収1550万円をもらっている野党の国会議員は3ヶ月も国会を空転させて、一年に9ヶ月しか働いていない。】

   市民が困っている保育所問題や少子高齢化問題、財政赤字問題を真剣に解決しようとせず、些細な、犯罪事件でもない森・かけスキャンダルをあおるだけで、国の危機的な問題をちっとも解決しようとしない野党の国会議員は、給料を3ヶ月分返納すべきではないか? 

   国の危機を救うために、焼けつくような緊張感をもって仕事をしようとしない国会議員は、辞職すべきではないか? 
posted by ヒデキ at 21:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

若者よ、アメリカへ! (2)シカゴ Young man should go to America!

cicago.jpg

cicago 2.jpg

  cicago 3.jpg

cicago 4.jpg

明治大学2年の次男坊がアメリカ放浪旅行をしています。
1か月半をかけて、ダラス(テキサス州)、ニューヨーク、シカゴ、サンフランシスコ、シリコンバレー、ロサンゼルス、ラスベガス、サンディエゴ、マイアミ、オーランドと、山手線とどっちが忙しいのだ!? というくらいの超過密ダイヤを回しています。
 
 サッカー部の次男坊は、超体育会系です(笑)。体力だけは、だれにも負けないようです。。。。
だだっ広いアメリカ大陸を自分の眼でみることで、広い世界観を培ってほしいと願っています。

 新聞やテレビで入手する情報は貴重ですが、それ以上に、現場を自分の眼で見ることの方が、もっと大事だと思います。原体験になるからです。自分の眼で見た真実は、マスコミが偏見をもってガチャガチャ報道することの千倍くらいの経験になると思います。

 僕も19歳でアメリカを旅行して、 『 決してムラ社会の偏見や口ばしに自分をゆだねることは無いのだ!』 と実感しました。世間が信じる、一流大学に行って、大企業に就職することだけが最良の人生だという価値観を、3週間の旅行で嘘だ! と思いました。。

 アメリカは、たとえ名もない学歴もない、小さな可能性の若者が、志の高さひとつで、ベンチャー企業を創業して、世界の富豪ランキングにわずか一代で成り上がる、無限の可能性を持った壮大な国だからです。 (つづく)

 【 世界が見える、日本が見える ー 大前研一著 】
posted by ヒデキ at 22:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野党の国会議員は危機的な問題の保育所問題や少子高齢化問題を議論しなくて良いのか?

 モリ・カケ問題とか、まるで蕎麦屋のメニューみたいな小さな問題、犯罪でもない、違法行為でもない小さな問題で、数か月も国会を空転さる野党の国会議員て、国民の幸せを考えているのでしょうか?

 “忖度”という、50年生きていて一度も聞いたことのないマイナーな言語をもちだして、悪いことしたわけでもないのにあたかも悪いことをしたような空気を社会にまんえんさせる野党って、国民の悩んでいる保育所問題とか、少子高齢化問題、財政赤字問題と真剣に闘う覚悟がなければ、国会議員を辞めれば良いと思います。
posted by ヒデキ at 20:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

Ohtemachi, Financial district of Tokyo

ootemachi.JPG

hinoya curry.JPG

- 写真: 大手町の金融街
やっと仕事が終わり、春の気配が漂う夜景に癒されています。お客さま訪問と、GO TO THE MARKET! !(体力と創造力に任せたモーレツな新規顧客開拓)を行い、ふらふらです(笑)。営業の仕事は、事務系・後方業務の200%おもしろいです。
そんな中で、唯一の救いは、ランチで神田カレー・グランプリで優勝した日乃屋でカツカレーを頂いたことです。
こってりとした甘いルーに、ラッキョを取り放題❗、ふっくらとしたカツをほおばり、たかが800円でここまで美味しいカレーが食べられるのか? と、感動しました。
こんな小さな幸せがあちこちに転がっているから、挫折があっても耐えて行けるのですね❗
posted by ヒデキ at 23:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

【 元気の出る言葉 (173)】

DSC_2126.JPG

「無理をすることです。自分なんてそんなにたいしたものではないのだから、大事にしなくていいんです。」
 − 石田衣良

 「恥をかきたくない」という気持ちは、自分のプライドが傷つけられることを避けたいという気持ちと地続きになっています。でも、そんなプライドなんか捨てちまえ! 

 と語るのは、次々とヒット作を発表する人気小説家の石田衣良。
広告会社にサラリーマンとして勤務した後、34歳で作家デビューした遅咲きの人です。

 リミッターを外して仕事をするのは、たしかに大変なことです。でも恥を捨て、がむしゃらに突撃してこそ開ける道もあるのです。それが未経験の新しい仕事であればなおさらのことでしょう。

 彼はこうも言います。「限界を超えたところで頑張っていると、それがふつうになってさらに遠い限界に行ける。」 

 自分で枠をつくらないこと。それが彼の成功哲学かもしれません。

 【 9日間 ”プラスのことだけ考えると、人生が変わる” 】

posted by ヒデキ at 01:07| Comment(0) | 元気の出る言葉  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

金融はユダヤ (2)

  古くはシェイクスピアの語るシャイロックの金貸しにはじまり、19世紀や20世紀に証券取引やM&A(企業の合併・買収)から、投資ファンドの底値買いで名をはせたユダヤ人は、金融業のリーダーとして君臨し続けています。

僕がユダヤ人の凄さを、心底、思い知らされたのは、30代の頃、ゴールドマン・サックス証券で働いていたころでした。18世紀のヨーロッパを代表する財閥、ハプスブルク=ロートリンゲン家、19世紀のロスチャイルド家といった大富豪の相続財産を運用して、天文学的に資産を増やしているのがユダヤ系金融機関です。

ユダヤ人の証券取引の特徴を知ったとき、僕は 『スゲー! 彼らは機械的に利益の上げられる証券取引の技法をマスターしている。』 と思いました。

ユダヤ人を代表する財閥家が、ロスチャイルド家です。ドイツのフランクフルト市でユダヤ人居住区のゲットー内に住むことを余儀なくされた2級市民、マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドは、5人の男の子を、ロンドン、パリ、ウィーン、フランクフルト、ナポリに派遣し、金融情報を家族のなかでやりとりしながら証券取引で34兆円(21世紀の現在)の相続財産を蓄えました。

彼らの証券取引技法は、まず長期成長株や、配当利回りの高い株を現物で購入する。そして、毎年、銀行預金利息よりも高い配当金をエンジョイする。

次に、現物株は自分の財産株としてずっと保有しながら、株価の毎日の値動きを...この続きはメルマガ 『熱血日記』から。
posted by ヒデキ at 21:43| Comment(0) | 元気の出る言葉  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

伝説の商社マン 住友商事、鈴木郎夫

【 伝説の商社マン (1) 住友商事、鈴木郎夫】
 僕のブログ ”総合商社の世界” で、最も人気のあった記事をご紹介します。 
◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ 

 1987年に56歳で亡くなられた元住友商事・常務の鈴木朗夫氏は、連日遅刻をすることで有名でありながらも、テキパキと八面六臂の仕事のさばきかたをして、超特急で出世するという異彩を放った商社マンである。

 遅刻の常習犯で、会社の規律や日本的慣行に徹底的に反抗し、制度と闘いながらも、当時の大手6大商社の中で最年少役員に出世した。

 ビジネスマンとしてだけでなく、芸術を愛し、女性を愛し、スペインを ”わが故郷” と呼んだ男。
 色の黒い精悍な、日本人離れした風貌を持つ美男子であり、住友商事のオフィスで日中にOL達が見学に訪れるくらいに、日本でも海外でも、女性によくモテたという。 

 佐高信 著の ”逆命利君” に記された彼の生きざまは、まさに命に逆らいて君を利するもの。

 抜群の企画力、折衝力、語学力と自己の美学をもち、屈従と非合理が支配する陰湿な日本的企業社会に対する果敢な挑戦者であった。ジャン・コクトーに心酔し、自分をムッシュウと呼ばせたこの気障な教養人の誇り高き生と死のドラマは、ぐいぐいと引き寄せられる。

 会社の同僚と飲みに行くと、ブランデーを片手に、「レイモンラディゲの ”ドルジェル伯の舞踏会” は最高です。」 と評し、 「ラディゲは20歳で死んだけれども、老衰です。」 と、あふれんばかりの教養で若手社員を煙にまき、オピウム(阿片)という一本3万円もする香水を会社の役員室や自宅にふりまき、高度経済成長期に流行った ”モーレツビジネスマン” を社畜と呼んで軽蔑し、ヨーロッパの自由な文化を愛した。

 昭和6年に名古屋市で生まれ、東京大学経済学部を卒業後、住友商事に入社した鈴木は、最後は常務取締役業務本部長だった。世界を舞台にした商戦で、決して卑屈な妥協はせず、外国人バイヤーとも対等にわたりあったタフ・ネゴシエイターであった。

 20代後半の頃から、後に住友商事の社長となった伊藤正氏の部下として、常に右腕的存在だったらしい。

 猛烈課長・伊藤氏のもとで連日深夜まで働かされる生活に嫌気が差した鈴木氏は、当時はまだ無かったフレックスタイムを住友商事で勝手に実践し、毎日遅れて会社に出社し、たいていは昼頃出社していながら、就業規則にある ”遅刻届” に

 「靴ひもがうまく結べなかったため」 とか、
「深夜に会社の将来を考えていたら眠れなくなったため」 とか、好き勝手な理由を書いては提出していたそうだ。

 ある日、住商の人事担当役員から呼び出しを喰らい、連日の遅刻をとがめられると、
 「何か問題がありますか?」 と平然と答え、人事担当役員が
「問題がありますかどころではない。君は就業規則に違反しているのだ。」 と返すと、

 「本当ですか。ちっとも知りませんでした。就業規則のどの条文に反しているのでしょうか。遅刻をしたら ”遅刻届”を出すように書いてあるので、私はきちんと毎日、提出しているのです。むしろ私は表彰されるのかと思っておりました。」と答えたそうだ。

 住商の就業規則には、遅刻がいけないとはどこにも書いて無かったのである。 

 ところが仕事は抜群に出来て、鉄鋼部門で日本の鉄鋼製品を海外に売りさばいたものだから、上司の伊藤正はいつも人事・総務から鈴木をかばい、鈴木の主張に次第に耳を傾けるようになる。

 「鉄鋼貿易部はいつも夜10時過ぎまで仕事をするのだから、朝は9時半はじまりにしよう。」 というのを上司・伊藤は積極的に指示して人事にかけあったという。翌朝ムリして早く来ても、いい仕事は出来ないという理由でのフレックス制の採用である。日本企業で最初のフレックス制度を住商が採用したのは、まさに鈴木のおかげである。

 そんなことがあって、9時半始まりになっても、鈴木は早くて10時過ぎ、たいていは昼から出社したという。
 「それはそれ、これはこれ」 なのである。

 鈴木の書く英文ビジネスレターは簡潔で、要点を押さえてあり、若手社員の書く英文ビジネスレターを徹底的に赤字で添削してはしごいたという。鈴木の書いたレターを、三菱商事が、これぞ商社マンの書く模範的なレターだといって商業英語のテキストに入れたとか、外務省のテキストにも採択されたという話もあるくらいである。

 上司の伊藤が米国住友商事の社長として、先発の三菱商事や三井物産、丸紅を猛追し、売り上げを4倍にまで広げた陰には、鈴木がいたという。

 鈴木は、「フォーチュン500社作戦」 を実行し、アメリカの経済紙、フォーチュンに掲載されている大企業500社に全部コンタクトを取り、住商と取引をはじめるよう思いついたという。その中には既に住商と取引をしている会社もあれば、無い会社もある。

 アメリカの上位500社と取引を始めれば、上位の三菱商事や三井物産も視野に入る、というわけである。その甲斐あって、米国住友商事は飛躍的に売上高、利益を伸ばしたそうだ。

 そんなくらいだから、会社側の信望も厚く、ヨーロッパを愛する彼は、自分で勝手に出張をこしらえて、パリやスペインに1カ月から3カ月も短期駐在をしては、仕事を適当に切り上げては悠久の欧州大陸を放浪したという。パリの街角では、地下鉄のホームで眼が合ったパリジェンヌをナンパしたという逸話も残っている。

 自分より若く亡くなった鈴木朗夫の葬儀の席で伊藤正・元社長はこう弔辞を述べたという。
 

 「君は若い頃から異彩を放っていました。凡そサラリーマン的でない人間で、自分は会社に時間を売っているのではない、仕事を売っているのだと言って、出社時間も必ずしも正確でなく、いささか私をてこずらせたものですが、君の持つ企画力、折衝力、語学力は抜群のものであり、短期間のうちに鋼材輸出のすばらしい担当者として鉄鋼メーカーの人々からも絶大なる信用を受けられ、住商に鈴木ありとの名声をかちとられたのであります。」

 鈴木の葬儀には、キューバやフィリピンの駐日大使夫妻も参列していたという。いかにも国際人らしい鈴木の生き方だった。


 彼の伝記が出ています。

posted by ヒデキ at 22:38| Comment(0) | 伝説の商社マン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

ニューヨーク株はなぜ暴落したのか? 

manhattan 2.jpg

 − 小学生でもわかる世界経済 

 昨日、NY株が360ドル暴落しました。

トランプ大統領の一般教書演説が東京時間にありましたが、これが世界同時暴落に歯止めをかける可能性もあります。

では、なぜNY株が暴落したかと言うと、米国債の債券利回り(2.7%)が上がり

→ 債券価格が下り、
→ 債券トレーダーが損をした !
→ その代わりに、社内で利益の乗っている米国株を売り

→ 株が暴落した。

という図式です。「風が吹いて桶屋が儲かる」、みたいな、日々の営みから逸脱していない、どこにでも転がっている話です。

「 朝、嫁さんの機嫌がメチャ悪かったので、僕まで最悪ムードで、仕事が手につかなかった。」 というレベル感の出来事です。

そもそも、債券の利回りが上がるのは、米国経済が絶好調だから、お金に対する需要がいっきに上がり、金利が上がるのであり、心配することは全然ないのです。

ドナルド・トランプ率いるアメリカ経済は、オバマ時代、ブッシュ時代と比べても最強の布陣なのです。

なんせ、これまでアメリカ政治を仕切ってきた政治家出身者、外交官出身者とちがい、歴史上はじめて経済界出身者が大統領になったのですから、アメリカは ”超大国” → ”超・超大国” に拡大するというのが国際政治の流れです。

不動産ビジネスで発揮された彼の ”Deal Maker (交渉の神!)” のパワーは、日米関係、米中関係、米欧関係のなかで、あますところなく発揮されている姿が確認できます。

株式市場はとばっちりを受けたのですね。

債券は株と逆で、債券の利回りが上がると、価格は下落します。

株は「資産」ですから、配当利回りが上がると株価も上がります。

でも債券は「借金」なので、利回りが上がると価格が下るという逆相関関係にあります。

今回の暴落は、「 日常生活にあるヒトコマ 」くらいに考えた方が良いと思います。 

 【 米国株は3倍に上がる 】
posted by ヒデキ at 22:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

首都圏のすべての若者に結婚の機会を!! 

天現寺大使館 .JPG

 − TME 東京婚活取引所、第65回目のパーティを2月23日(金)に開催!

 首都圏に住む2,950万人の、若者すべてに結婚の機会を提供していく気宇壮大な社会のインフラ、TMEが、東京・広尾の天現寺大使館で2月23日(金)にパーティーを行います!

 20代、30代のシングルさん、是非、ご参加下さい! 
参加者は私の友人・知人ばかりですので、明るくておおらかなラテン系の若者が多く集まります。

 会社からつかれて帰ると、家で待っていた妻が暖かいスープを入れてくれ、日曜日の朝には、可愛い乳幼児が、トミカやプラレールできゃきゃと喜びながら遊んでいる。

 そんな当たり前の幸せを、首都圏の2,950万人に提供していきます。

 金曜日の夜に、仕事の疲れをリラックスしながら、ワインやシャンパン片手に、美味しいイタリアンのフルコースを食べながら、楽しい2時間を過ごしましょう!
 
 場所: 東京・広尾、天現寺大使館
 tengenji-embassy.org/

 時間: 2月23日(金)19:30−21:30  飲み放題で一人6千円。 

 参加希望者はヒデキまでダイレクト・メッセを下さい!
コメント欄に、ハンドルネームをご記入頂き、連絡用のEメールアドレスをご記入ください。
連絡用Eメールアドレスは、ブログ管理人しか見られないため、個人情報の機密は守られます。

 【 必ず結婚できる45のルール 】
posted by ヒデキ at 21:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

究極のラーメン (1)

有名店ではないけれど、店主のこだわりがバンバン出ているローカルなラーメン店を順番に紹介します。

まずは、気に入らなければ料金返金するという、自信満々の "とり裕"。

東京都品川区豊町6-25-17

国道1号線沿いにある路面店。東急中延駅から徒歩5分。
13席しかない超ローカルな、こだわりのラーメン店。

"味玉鶏ラーメン 780円"

鶏ガラスープが甘くて、こくがある。決してしつこくなく、スルスルっと体に入る感じ。
麺は細麺で、柔らかい。
チャーシューは小さく食べやすい。柔かくて美味しい。

くせになりそうな味です。
他にも「鶏スタミナ丼」や、究極の卵かけご飯があり、また来てみたいと思います。

https://www.google.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/tokyo/A1317/A131712/13202173/top_amp/
DSC_1177.JPG



ホテル予約最大16%割引 Booking.comカード

posted by ヒデキ at 11:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする