2020年01月25日

Stay Hungry! ハングリー精神でのし上がる

2018房総.JPG

 − 毎日が楽しく、ヤル気に満ちる心の技術

 自分の才能を信じてビジネスの世界でガムシャラにのし上がる方法を、本に著して出版することになりました。
「なぜヒデキさんはそんなにヤル気があるのですか?」 と、大学生向けのビジネススクール、スケールマネジメント ( https://cfz.co.jp/ )でいつも、生徒さんから珍しい寄生虫でも見つけたかのような眼で見られるのですが、自分には特段変わっているという意識がありません。

 たしかに私は変わった日本人です。今まで30年来、日本の会社で働いたことが一度もありません。生き残りの厳しい外資系銀行、証券、保険会社などでずっと働いてきましたから、サラリーマンというより事業主のような考え方で、次の仕事を作ってきました。雇われているという気持ちはほとんどありません。

 そういう世界にいると、自然と向上心が強く、エネルギッシュで、バイタリティに満ちた、そして心の底はセルフ・モチベーター(自分のヤル気は自分の心を制御して創り出す)ひとたちが多いのも事実です。

 私の周りにいる友人・知人は外資系が多いですが、マッキンゼーとかゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレーなどで働いた人たちは皆、仕事も遊びもハングリーでアグレッシブ(戦闘的)な人たちばかりです。

 日本企業でいえば、スタートアップ企業や、ベンチャー企業で多く見かけるタイプだと思います。一人何役もの仕事を、嫌がらずに喜々と引きうけ、超高速で仕事をこなしながら、深夜までアグレッシブに働く。
かと思うと、週末はハードワークのことなどみじんもなく忘れて、遊びに没頭する別人格を見せる。

 私の場合はよく、金曜の夜になると赤坂見附に繰り出し、ソウルバー(ディスコ)で深夜まで踊っていました。
知人のネットワークやSNS、ブログを駆使して婚活パーティを70回以上も開いてきました。ビジネスも真剣だが、プライベートも真剣。そうすることで、心や体が疲弊することなく、バイタリティを維持できるのです。

 外資系で働いていると、自然とそういう生活に染まってしまいますが、その根底を成すのがハングリー精神と、バイタリティだと思います。

 アップルを創業したスティーブ・ジョブズは、2005年にスタンフォード大学の卒業式で、“Stay Hungry, Stay Foolish”(ハングリーであれ、おバカであれ) という名言で多くの若者の心をわしづかみにしました。

 起業家を多く生み出すアメリカは、ハングリー精神に満ち満ちた若者がたくさんいます。「いつかビジネスの世界でのし上がってやる!大富豪になってやる!」 と、自分は他人とは全然ちがう生き物だ、との世界観に基づいて未来をデザインします。それがアメリカを経済的に超大国に押し上げた理由のひとつだと思います。  

 一方で日本はどうでしょうか?ハングリー精神を武器にのし上がろうとしている人たち、自分は他人とは全然違う生き物だ、との前提のもとに未来を考える人たちがどれだけいるでしょうか?

 「周りの人達と同じように、そこそこのお金を稼いでまったりと暮らしたい。」
「65歳の退職の日まで、公務員かサラリーマンをして安定した暮らしがしたい。」
と考える人たちが。。。 つづきはメルマガ ”熱血日記” からお楽しみ下さい。
https://www.mag2.com/m/0001646353.html

 【年収1億円になる人の習慣】
 誰でもできるけれど、誰もやっていない年収1億円への習慣
 専門学校卒、年収180万円からでも31歳で年収1億円





posted by ヒデキ at 11:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

九州地方にたくさんの外国人観光客を

3日間ほど福岡に出張してきました。
外資系インバウンド企業で働いていますので、ダイレクトマーケティングという手法で地方都市にたくさんの外国人観光客を送り込んだり、訪日客の免税販売アプリを小売店に提案しています。

久しぶりに行った福岡ですが、活気がありました。天神にある地下街の広いこと広いこと。

福岡は物価も安く、海も山も近く、住むのには良いところと評判です。

インターネットの発達で、地方都市に住んで、東京から仕事を受けてPCで仕事をする人が増えれば良いと思います。

東京への一極集中で、地方都市の人口が減り、大地震の際に壊滅的な被害を受けるという事態を避けなくてはいけません。

激震災害を考えると。首都移転も計画すべきだと思います。
IMG_20200117_194607.jpg
IMG_20200118_163856-6b502.jpg
posted by ヒデキ at 11:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月04日

ユダヤ人の秘密。なぜユダヤ人は実業界で大成功するのか? (1) 

ユダヤ .jpg

 2020年も新連載をバンバン出して、「知識産業」を支えていきたいと思います。
 ユダヤ人はなぜビジネス、科学、芸術の世界で傑出した人材を出しつづけているのか?
80年代には「ユダヤ人陰謀説」なる著作が宇野正美さんから出され、むさぼるように読みましたが、ユダヤ人の思考方法、行動パターンを学んでいくうち、僕の行動パターンまでユダヤ人そっくりになってしまいました(笑)。

 顔はどこからどう見ても“平成バブルおやじ”にしか見えませんが、中身はユダヤです(笑)。
 さて、70億人が住む地球のなかで、ユダヤ人は全部で1,350万人しかいません。
東京都の人口と並びます。日本の人口の10分の1くらいしかいないのに、政治・経済・金融・芸術の分野でものすごい勢力を持っています。

 ルーツは地中海沿岸のレバノン、シリア、イタリア、スペインなど、中東・南欧出身がスファラディー・ユダヤ、2級のユダヤ人ですね。
 それに対するアシュケナージと言われるのが東欧やドイツ系ユダヤ人。有名どころとしては、ヨーロッパを代表する大富豪、ロスチャイルド家や、投資銀行のレーブ家、ゴールドマン家、サックス家などがあります。こちらは高級ユダヤ人に属します。

 政治でいえば、トランプ政権はユダヤ政権です。娘婿のクシュナー氏は、正統派ユダヤ人のアシュケナージ(東欧・ドイツ系)で、トランプ政権の大統領補佐官。
 3年前の政権発足時には、ユダヤ系投資銀行のゴールドマン・サックスから7人の経済閣僚、金融閣僚を引き抜いてきました。そのうち6人がクビにされて今は一人しか残っていませんが。(この辺がアメリカの雇用ですね。)

 歴代大統領ではタブーであったユダヤへのテコ入れを簡単に崩し、トランプさんが2017年にイスラエルを訪問した際には、エルサレムの嘆きの壁の前で、キッパという帽子をかぶって礼拝したため、アラブ諸国から猛反発を食らいました。

 なぜトランプさんがそんなにユダヤに肩入れするかというと、経済の世界でばく大な影響を持ち、金融の世界でもばく大な資産を持つユダヤ味方につける方が得策ということ。
また、ユダヤ票が多いというところにあります。

 全世界に住むユダヤ人のうち、イスラエルに570万人、アメリカに527万人、フランスには48万人が住んでいます。日本にはわずか4万人しか住んでいないそうです。

 だからトランプさんはアラブ人を敵に回してでもユダヤ票を取り込もうとするのですね。
 逆に、日本にいると、ユダヤ人と知り合う機会すらないのがほとんどの方ではないでしょうか? 
 (つづく)



【 ユダヤの商法 藤田田、元日本マクドナルド社長 】


ロボアドバイザーで資産運用【THEO+[テオプラス] docomo】
posted by ヒデキ at 23:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月31日

Thank you very much for 2019 !

MVIMG_20191112_211924.jpg
(写真:「銀河系最大の飲み会🍍」11月2日、赤坂見附)Largest drinking party across the Garaxy.

皆さま、2019年もそろそろ幕を閉じようとしております。

この一年間お世話になりました皆さま、お客様、本当にありがとうございました!

さまざまな出来事がありましたが、一番楽しかったイベントは「銀河系最大の飲み会」でした。

千代田区最大の飲み会、ではありません。銀河系最大です(笑)。
(平成バブル世代は、スケール感がハンパないです)

自民党のパーティが終わった後、210名の方がご参加頂いた「倉澤チーム」の中から66名が

銀河系最大の飲み会に参加して頂き、「ニッポン経済バンザーイ!」の乾杯のあと、

(倉澤チームは経済界の集まりです。GDP・国内総生産の底上げがノルマです。右っぽいと言われますが。笑)

どんちゃん騒ぎをしました!

楽しかったです。
多くの人たちとめぐり合えたことは、2019年の大きな財産でした。
またお会いしましょう!

皆さん、良いお年をお迎えください。
1573610569803.jpg

【Amazon Music 】
アマゾン・ミュージックは超便利です。スマホやPCにインストールするだけで、音楽が聴き放題です。しかも、Wi-Fiではなく、オフラインで音楽を流しているので、トンネルの中でも地下鉄の中でも聞けます。ちなみに、私は4か月で利用料99円というキャンペーンのときにインストールしました!

posted by ヒデキ at 22:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月29日

平成バブル期のスキー旅行 

スキー場 写真 .jpg

 − 松任谷由実 “ブリザード” 

年末年始の行楽シーズンを迎えるとかならずどこかで聞くこの音楽。
松任谷由実の “ブリザード” をYou Tubeで聞いて、平成バブル期のスキー旅行を思い出しました。
https://www.youtube.com/watch?v=ACXuTWyS1lc
テンション上がります!名曲です。

日本じゅうにお金があふれかえっていた1989年の平成バブル期は、日経平均株価が38,915円(今の1.7倍)と、株式時価総額が世界1位。不動産市場も最高値で、年収の10倍出さないと家も買えないくらいの超好景気でした。

車をもっていないシングル男子は女性から相手にされず、20代男子は皆、ローンをしてベンツやBMWを買って彼女をデートに誘っていた時代です。電車でデートに連れ出すようなボンビー男子は、女性から対象外にされていました。今からすれば想像もできないくらいに日本はリッチで、 “カネ余り大国” と世界中から呼ばれていました。

華々しいエレッセのスキーウェアに身をつつんだ女の子たちを助手席に乗せて、関越道や東北自動車道をこの曲聞きながらスキー場に向かいました。自動車保有率がめちゃくちゃ高かった時代でしたから、スキー場に向かう関越道など、6時間の渋滞とか、平気でありました。

朝の5時くらいに東京を出て、スキー場につくのは10時とか11時です。若者は、夏はサザンの “いとしのエリー” を聞きながら湘南へウィンドサーフィンをしに行き、冬はユーミンの曲を聴きながらスキー旅行に行く、(その間に六本木のディスコで踊る) というのが定番でしたから、夏も冬もめちゃくちゃ渋滞するのです(笑)。

当時は平均初婚年齢が男性28歳、女性26歳と若かったですから、女性が26歳を超えると、
「賞味期限を過ぎたクリスマスケーキ」と、非常に失礼な言い方で皮肉られていました。だから皆、20代が後半にさしかかると、必死で婚活していました。ある意味、健全な時代だったかもしれません。その方が出生率はあがります。

まだ携帯もEメールもSNSもない、アナログ時代でした。恋人にしたい人には、電話か手紙かFaxしか手段がありません。Faxで送ったら家族に見られてしまいますから、まあ電話か手紙のどちらかです。

ブログ執筆者の僕ですから、当然、長いラブレターを送りました(笑)。
「結婚したら、可愛い男の子たちを何人もつくって、日曜日の朝は、君の淹れてくれたコーヒーを飲みながら、坊やたちがリビングでミニカーやプラレールで無邪気にあそんでいるような、そんな平和な家庭をつくりたいんだ。」 とか、めちゃくちゃ情熱的なぶ厚いラブレターをガールフレンドに送っていました(笑)。熱血漢ですから、しょーがないです。

自宅に突然、ぶ厚いラブレターが届いたから、彼女たちもさぞかし、驚いたと思います。今ならストーカーですね!(笑)。

証券会社のOLや、外資系証券の高学歴梅林ギャル、じゃなくてバイリンガル女性を助手席にのせて、
「 僕が結婚する相手の女性には、あかちゃんをxx人産んでほしいんだ。」とか、いつも平気で言っていました。
今ならセクハラ発言ですね!(笑)

でも、バブル期は、 “ナンでもアリ!” の時代でした。コンプライアンスなどという言葉すら存在しない、おおらかな時代でした。お金が儲かれば、ナンでもアリの時代だったです。

金融系OLは、デートするときには、エルメスのスカーフなんぞを巻いて、広尾のイタリアンに土曜の13時過ぎに
現れて、 「ヒデキさん、ごめん!待ったでしょう。」 と、20分も相手をまたせたことを悪びる様子もみせず、いちばん高いコース料理を注文してくれました。。。超好景気ですから、女性も高飛車です!!
「自分はカモられていたんだ。」 と、気づいたのはずっと後のことです(笑)。

あれから30年、いっしょにスキー旅行に出かけた彼女たちも、今ではこの広い首都圏のどこかで、子育てを一生懸命にやっているでしょう。会う機会もありませんが、どこかで幸せな家庭をおくっていて欲しいと思います。
ユーミンの曲を聞くと、とても温かい気持ちになれます。



女性に人気!マンション投資の【JPリターンズ】
posted by ヒデキ at 22:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マッキンゼーの知恵(7)

 ー 漏れなくダブりなく

 ”マッキンゼーの知恵” シリーズでは、欧米の代表的なコンサルティング会社のマッキンゼーが、世界の大企業や政府の問題点を抜本的に洗い出して、高収益、高効率化するための処方を描く、垂涎ものの知恵やノウハウを徹底的に解剖して、皆さまに開示していきます。

 欧米人の合理思考や論理思考、あらゆる考え方からベストを吸収して現実を改善するノウハウを、ふだんの仕事や生活に生かすことで、生産性を上げたり、プライベートまで充実させることが出来るでしょう。

 今回は、メグミの初デートと、ヒデキの業務改善案を例に出します。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−

 これまで、事象の構造化と論理の構造化の概要とその方法を述べてきたが、今度はそれに欠かせないツールとして、ミッシ─(MECE: Mutually Exclusive, Collectively Exhaustive) つまり ”モレなくダブりなく” を紹介したい。

 マッキンゼーを中心とする国際的なコンサルティングファームでは、ごく普通に使われている。

 ミッシ─(MECE)は知っておくと便利な知的フレームワークである。
会社の問題点を解明したり、業務の効率化を考えたり、新たな戦略を考案するときに、 ”モレなくダブりなく” を知っていれば、ものごとの全体像を大局的に眺められて、問題点を漏らすことも、ダブらせることも無いので、問題解決を成功に持っていける。

 思い出してほしい。説明の上手な人は、1つの事柄をさまざまな側面、場面で説明が出来る。 なぜか? 
ある事柄を全体集合としたときに、伝え手がさまざまなミッシ─の切り口を知っていて、相手にどの切り口で説明するのが一番分かり易いのかを選択する自由度を持っているからだ。

 たとえ会社やプライベートな重大事で複雑な問題点と出くわしても、全体像を漏れなく、ダブりなく頭に構造を描ければ、1つの切り口からしか問題を見ることなく、重大事が関与する多面的な角度から説明、発言できるから、問題解決への精度が8割くらいには上がるであろう。

 1、 単純なミッシ─の例としては;
 人は何に分けられる? → 男と女のふたつ (IKKOさんなど、特殊な例はこの場合、省いています。。。)
 
 トランプは何種類に分けられる? → クローバー、スペード、ハート、ダイヤの4種類に分けられます。
 
 脊椎動物はどう分けられる? → 哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、魚類
 
 2、 ビジネスでの例としては;

 ビジネスマンの価値は何で測られる? → 能力 x ヤル気

 仕事の成果は何で測られる? →  仕事量 x スピード

 事業分析に使われる3Cは? → 市場・顧客(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)

 ビジネスシステム(バリューチェーン)を構成する要素は?
  → 開発/ 生産/ マーケティング/ 販売/ 物流/ サービス

 このように、全体像を構成するひとつひとつの要素が、漏れ無くダブり無く頭に描かれていれば、問題解決はそのひとつひとつのピースを、私たちの常識に基づいて当たって行けば良いので、問題解決の精度は上がるわけである。

 では、それを応用して、ある企業に勤めるヒデキの業務改善案を練る。

 毎日、毎週、毎月、あふれるように送りつけられてくる情報の海にほんろうされ、毎日深夜まで情報整理に忙殺されるという無意味な毎日にいささか参っている。

 もはや、お金を払って定期購読している情報ソースをばっさりと削減するしかない! と決めたヒデキ氏は、問題解決の糸口を見つけるために、日々入ってくる情報類を構造化して、バッサリ切ることにした。

 ただし、構造化を間違えると、その処方も間違えるし、解決策もとんちんかんになってしまうので、全体像のコンセプトは慎重に見極めなくてはいけない。

 1、 定期購読 − A. 毎日 (日経新聞、海外新聞、朝日新聞)
          B. 隔日 (業界新聞)
          C. 毎週 (東洋経済、週刊ダイヤモンド、週刊エコノミスト)
          D. 毎月 (業界雑誌)

 2、 不定期  − A. ネット配信 (業界情報、松本大のブログ)
          B. CD-ROM
          C. ビデオ
          D. 紙媒体 − 冊子、ニュースレター
          E. 広告
          F. その他

 ここまで構造化して、そこに漏れが無く、ダブった要素も無ければ、問題解決は第2段階に入り、ひとつひとつのピースについて決定していけば良いわけである。似たような情報を届けてくれるメディアは、ばっさり切る。情報収集時間を減らす。

 では、プライベートでミッシ─を使うネイリスト、メグミの場合。
 パーティで知り合って、電話攻勢、メール攻勢でやっと射止めたカレシとの初デート。

 初デートに成功しなければ、当然、2回目は無い。。。

 初デートに成功するための準備は、すでにテンプレート化されて、彼女の手帳にしっかりと張り付けてある。

 1. カレシに女性の魅力を徹底的に売り込む作業
    
    A. 洋服と靴、バッグのカラーコ─ディネイション
    B. スリムに見せるための、きつめのベルト
    C. 髪と爪のお手入れ
    D. 最近はやりのフレグランス
    E. お肌の手入れ
    F. 十分な睡眠時間 (顔色も万全に!)
     
 2. カレシに信頼感と、私の価値を植え付ける作業

    A. 最近の時事ネタ
    B. カレシの好きなアーチストの最近のアルバムチェック
    C. カレシの好きな料理を出しているお店をチェック
    E. 待ち合わせに遅れないよう、渋谷の地図をプリント
    F.  お口のエチケットに、タブレットを忘れない
    G. 次のデートを取りつけるために、休日の確認と、カレシの好きな映画を上映している映画館のチェック

  ここまでデート成功の要素を漏れ無く、ダブり無く押さえておけば、メグミは必ずしや、2回目のデートにありつけるであろう。


【マッキンゼー流 図解の技術】
posted by ヒデキ at 10:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月26日

鉄道会社の経営陣は怠慢

JR川崎駅の人身事故で師走の夜を過ごす乗降客が大迷惑を受けているが、年に4400億円も経常利益をかせぐJR東日本が、1日に21万人も乗り降りする川崎駅にホームドアを付けてないって、経営陣の怠慢じゃないだろうか?
乗客は駅長室やご意見ダイヤルに苦情を言って、一日も早いホームドア設置を訴えるべきだと思う。
posted by ヒデキ at 23:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月22日

究極のポジティブ思考を身につける(13)

クリスマスイルミ2.JPG


― 雨の降る日曜日の夜にもヤル気を全開にさせる思考方法
 Supreme Positive Thinking

 私とたとえ一回でも友達になった人たちには、日本でただ一人しか身に付けていない究極のポジティブ思考を、いやというほど語っていきます。ドナルド・トランプさんがツイッターでつぶやく頻度とおなじくらい、この連載シリーズを書き続けます(笑)。 1日24時間を、たえず熱狂的に、明るい気持ちで過ごす思考方法です。

 明日、月曜日の朝は関東甲信越地方、首都圏で初雪が降るそうです。そういうニュースを日曜日の夕方にきくとたんにユーウツなきもちになるサラリーマンが多くいます。
 日本企業のサラリーマンには、 “サザエさん症候群” なる言葉があるそうです。
日曜日の夕方18時になるとサザエさんがテレビから流れてくる。とたんに月曜日を想像してユーウツになる。
おそらく、会社から管理される仕事をしているから、そういう気分になるのだと思います。

 私は外資系ビジネスマンですから、日曜日の18時にユーウツな気持ちになったことなど、一度もありません。
自分で仕事を管理しますし、段取りのしかたから、新しい営業のアイデアから、週末の本屋さんやTully’s Coffeeで考えていますので、日曜日と月曜日の区別すら無いのです。

 つまり、仕事が楽しいものだから、日曜日の夜が来てもユーウツになりません。
ではなぜ、仕事が楽しいかと言い切れるかというと、自分の好きなことを仕事にしているからです。

今まで30年間は金融業を選びました。ファースト・キャリアはドイツの銀行。次に米系証券会社に転職し、3つめは米系銀行、4つめは米系格付け会社と、経済や金融、お金の流れを、国際政治や世界経済とともに考える仕事が大好きでした。

今は、外資系インバウンド企業(訪日外国人観光客)で仕事をしていますから、
“どうやって世界190か国から、ニッポンにやってくる観光客を100人でも1000人でも増やせるのか?
ニッポンのGDP(国内総生産)押し上げ効果がハンパない。”
と、考えはじめたら、月曜日も土曜日も日曜日も関係なく、仕事が楽しくなります。
 
 日曜日の夜に雨が降ってしかも寒さの極致。
こんなときでも、自分の感情をコントロールする方法はあります。
「雨の降る寒い日曜日の夜を感謝しよう!」 という題材で、電車の駅から自宅に帰るまでの15分を、思いっきり創造力を働かせればよいのです。

「あれだけ今年の夏は猛暑で、秋・冬がくるのが待ち遠しかったのだから、極寒で、雨の降る寒さに感謝しよう。」

「冬のあいだ、雪にはばまれた生活を送る秋田県や青森県、山形県のひとたちに感謝しよう。
自分たちは気候温暖な関東地方でどれだけ気候の恩恵を受けているのか。
寒い地方で野菜やお米を育ててくれて、しかも首都圏に送ってくれる東北の寒村のひとたちに感謝しよう。」

「これだけ寒い冬を越せれば、次は桜の咲く4月と、ゴールデン・ウィークだ。
芝桜やジャスミン、カルミアやアネモネの可愛い花をたくさん見るには、秩父に行くか、伊豆に行くか、外房に行くか?」

 と、考えはじめたら、とたんに楽しい、豊かな気持ちになってくるのです。

 ひょっとしたら私はアマノジャクかもしれません!
でも、そうやって今の現状と真逆を想像して、人の考えないことに思考をめぐらせる考え方を身に付けたら、株式市場でも勝てますし(逆張り投資法)、毎日を感謝の気持ちで、心豊かに、楽しく過ごせると思いませんか?

(つづく)

【感情にふり回されないコツ】


 【ユダヤから学んだモノの売り方】


 【グリーンブック】



時は1962年、ニューヨークの一流ナイトクラブ、コパカバーナで用心棒を務めるトニー・リップは、ガサツで無学だが、腕っぷしとハッタリで家族や周囲に頼りにされていた。ある日、トニーは、黒人ピアニストの運転手としてスカウトされる。彼の名前はドクター・シャーリー、カーネギーホールを住処とし、ホワイトハウスでも演奏したほどの天才は、なぜか差別の色濃い南部での演奏ツアーを目論んでいた。二人は、〈黒人用旅行ガイド=グリーンブック〉を頼りに、出発するのだが。
posted by ヒデキ at 23:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月15日

超ハードワーカーの論理! 

 − 年収1億円。日本最大級の美容チェーンを経営する経営者の仕事術

 故郷が私と同じ静岡県出身で、専門学校卒業後の19歳から東京で美容師をはじめ、19歳で年収180万円から出発し、31歳で年収1億円を超えたという方がいます。
 アースホールディングスの山下誠二さんです。

 19歳から23歳までほぼ休みなく仕事をして、24歳から39歳までは始発から終電まで365日、15年間、1日たりとも休まなかったという凄い方です。都内の美容院に就職したときには郊外のアパートから片道1時間半、往復3時間かけて通っていたそうです。

 ところが上司に通勤時間3時間は人生5年間をドブに捨てるのと同じ、と言われ、経営コンサルタントの大前研一氏の著書から「自分を変えたいと思ったら私が昔からやっている方法は3つ。つきあう人を変える。住む場所を変える。時間配分を変えること。」 という智恵を学び、1か月後には都心の一等地の近くに引っ越します。

 当時の手取りは月12万円だったそうですが、月6万円のアパートから都心の月9万円のアパートに引っ越し、生活は苦しかったそうです。でも職場まで徒歩7分。その意気込みが買われて、先輩から大事に教えて頂いたり、社長から好かれて飲みに誘われたりするようになったとのこと。

 住む場所を変えただけで時間配分が変わり、自分を成長させることが出来たのですね。

 美容チェーンの銀座店で社内一番の成績を上げるようになってからは、周囲の同僚、部下からも彼の働き方を真似され、出社時間の一番を争うようになったそうです。朝5時の始発に乗って出社してくる部下が出始めたので、彼はバイク屋さんでバイクを買い、4時台に出社するようになったそうです。

 成功する人は、やることが違います。
普通だったら、「そんなに働いたら体を壊す。」とか、
「プライベートがなくて人生楽しいのか?」 と思いますよね。

 ところが超ハードワーカーは、考え方も違います。

仕事を自分の趣味、ライフワークと考えて、こんなことを言っています。
「月曜日から金曜日までは仕事で職場に来ています。
土曜、日曜、祝日は自分の楽しみのために職場に来ています。」

 ハードワークをしているうちに仕事で創意工夫することが好きになったそうです。
そんな彼も自宅にはフェラーリを持ち、人生をも楽しんでいる様子です。
 業界は違っても、仕事に対する考え方、発想の逆転で、普通では成し遂げられない成果を挙げられるのですね。


 ( 引用: 「年収1億円になる人の習慣」)
posted by ヒデキ at 20:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

婚活パーティのお知らせ!

【 12月21日(土) 婚活パーティのお知らせ!】
 35歳〜45歳女性、クリスマス、イルミネーションを一緒に見るお相手いますか??

 結婚相談所You & I が21日(土)19:00より(開場18:30)、30名規模の婚活パーティを神田のお蕎麦屋さんで行います。
 男性15名(30〜46歳)
 女性15名(27〜42歳まで)
 神田神保町の蕎麦人弁慶神田神保町店にて。豪華な料理と絶品のお蕎麦、お酒付きです。参加費8000円。

https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13158477/

47歳 大卒会社員 年収15000万以上
41歳 大卒 歯科医 バツ1子供無 年収1500万以上
39歳 京大、大学院卒 年収750万以上
39歳 青山学院大卒 会社員 年収500万以上
36歳 明治大卒 専門学校講師 年収550万以上
31歳 大卒 会社員  年収650万
42歳、専門卒、多数飲食店経営者、年収1,600万
32歳、短卒、会社員、年収450万
46歳、早稲田大学卒、司法書士、年収700〜800万

ご参加希望の方は直メを下さい! シングルベルになる前に。
メールアドレス: nekketsu9@gmail.com

------------------------------------------------------------------------
 ┏…───────────────────────────────┐
    〜〜「そろそろ結婚を」と考えているの皆様にお願いです 〜〜  
 └───────────────────────────────…┛

  今、独 身 の あ な た が 求 め ら れ て い ま す♪ 
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2C2RJP+DKSWFM+17R0+63WO3

  パートナーエージェントは結婚相手探しのエージェントです。
  もっとも信頼出来る結婚情報サービスを目指して設立されました。                                   
  これまで多くの方にご愛顧をいただいており、大変感謝しております。 
                                   
  パートナーエージェントの会員はご職業・お人柄もさまざまで     
  趣味も多彩な方や、アウトドアでアクティブな方など、        
  色んな方が参加され、さまざまなイベントをご活用されています。   
                                   
  また、より多くの皆様にご利用頂くための、新規ご入会キャンペーンの
  他に一般の方でもご参加を頂けるイベントをご用意しております。

  この機会に是非、皆様もパートナーエージェントをご体験下さい。   
                                   
  ▼ 詳細を資料にてお送りします! ▼               
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2C2RJP+DKSWFM+17R0+63WO3

 ◆ 信頼できる結婚情報サービスを目指して!「4つの特徴」      
                                   
 特徴1  :専任コンシェルジュによる1:1の担当制で、データだけに 
       かたよらない「対話」による最適な出会いを実現します。  
                                   
 特徴2  :外的条件だけでなく、独自の入会基準によって審査した   
       安心してご利用いただける会員構成です。         
                                   
 特徴3  :明確で安心の料金体系。お支払いは月毎の         
       後払いシステムで、成婚料はいただきません。       
                                   
 特徴4  :お客様のご意向を最優先し、無理に入会をお勧めしません。 
                                   
  ▼ サービスに自信があります!▼                 
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2C2RJP+DKSWFM+17R0+63WO3

  ┌───…┐  ┌…───┐  ┏───…┐  ┌…───┓   
   紹介方法    サポート    料金体系    イベント    
  └…───┛  ┗───…┘  └…───┘  └…───┘   
  す べ て が 常 識 破 り の サ ー ビ ス で す♪   
                                   
  パートナーエージェントの交際率※1が高いのは、          
  1:1のコンシェルジュ制度により、あなたの魅力や人生観、     
  将来のビジョンをしっかりと理解したうえで、            
  最適なパートナー探しのサポートをしているからです。        
                                   
  コンシェルジュがあなたをお待ちしております、           
  あなたも理想のパートナーを見つけてみませんか?          
                                   
  ▼ どうぞご体験下さい ▼                    
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2C2RJP+DKSWFM+17R0+63WO3

  ──────────────────────────────── 
  ※1 全会員数における延べ交際中会員の割合 ’13年2月末日現在  
  ──────────────────────────────── 
       皆さまからのアクセスを心よりお待ちしています♪

  コンシェルジュがあなたをお待ちしております、           
  あなたも理想のパートナーを見つけてみませんか?          
 ……………………………………………………………………………………  
 ■お問い合わせ先                          
 株式会社 パートナーエージェント                  
 〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-13-12 西新宿昭和ビル9階      
 フリーダイヤル:0120-147-466                    
 website: https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2C2RJP+DKSWFM+17R0+63WO3

posted by ヒデキ at 22:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

参議院がバリアフリー化へ

 参議院をバリアフリー化しようという運動が国会で与野党の参議院の間で進んでいます。
https://www.fnn.jp/posts/00049252HDK/201912041200_kazukisugiyama_HDK

「桜を観る会」をめぐり、野党が延々とネガティブ・キャンペーンをやっておりますが、参議院では大家敏志議員を座長に、与野党が一致団結して身体にハンディのある議員が国会議事堂に入れるように共闘しているそうです。

国会が歳とったオヤジばかりでなく、女性も、若い議員も、障がいを持った議員も国会に入れることで、多様性のある集まりで未来のニッポンに向けて建設的な議論をして欲しいと思います。

外資系の会社は”ダイバーシティ”(人間の多様化)ということで、社員は年齢や国籍、学歴、性別、宗教の異なるひとたちを入れることで、社内のダイナミズムを活性化しています。

一方、日本の上場企業を見ると、役員の顔写真は50代から70代の日本人オヤジのみ。非常に狭いですね。
ようやく最近、女性役員の登用が叫ばれるようになってきました。

さまざまな考え方、立場、才能をもつ人たちを入れることで、国会も、企業も未来に向けての議論を活性化して欲しいと思います。

 【 メモの魔力 】


著者は石原さとみさんと交際しているIT企業の社長さんです。

いま最も注目される起業家・前田裕二による渾身のメモ術!

・メモで、目にする情報全てをアイデアに変える
・メモで、本当の自分を見つめ直す
・メモで、夢をかなえる
◎メモの魔力を手にした時、あなたは、何者にでもなれる。

〔巻末付録〕自分を知るための【自己分析1000問】

“僕にとってメモとは、生き方そのものです。
メモによって世界を知り、アイデアが生まれる。
メモによって自分を知り、人生のコンパスを持つ。
メモによって夢を持ち、熱が生まれる。
その熱は確実に自らを動かし、人を動かし、そして人生を、世界を大きく動かします。
誰にでもできるけど、誰もまだ、その魔力に気付いてない
「本当のメモの世界」へ、ようこそ"
(「序章『メモの魔力』を持てば世界に敵はいない」より)
posted by ヒデキ at 12:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

ありがとうございました。自民党パーティ。

自民党小泉進次郎.jpg

自民党倉澤デスク .jpg

麻生大臣 2.jpg

 お礼が遅くなりましたが、11月12日の自民党のパーティには210名の方が来て頂きましてありがとうございました。

倉澤デスク🍍で当初募集した150名から、あれよあれよという間に大幅に人数が増え、自民党に増員申請を出しながら、平日といわず週末もスキマ時間を使ってミリ秒単位でオペレーションを回していました(笑)。

倉澤デスク🍍の受付をして頂きました皆さんにも本当に感謝しております。

 今井絵理子議員の司会により、小泉進次郎環境大臣、麻生財務大臣、加藤厚生労働大臣、世耕弘成議員など、多くの閣僚のスピーチが生で聞けたことは大変まれな機会でした。

 前回につづき、多くの大学生の皆さんに来て頂けたことも良かったです。国の未来を考えて、今置かれた状況がどのようなもので、将来どうしていかなければならないのか、ということを自分の頭で考える数少ない機会だったと思います。

 政治の混乱により、国の中がメチャクチャな状態になってしまった近隣諸国が何か国もありますが、ニッポンがそうならないためには、個人が国のためになることを普段から考えて、議論していくことが大事だと思います。

 One for all, all for one! (個人は社会のために、社会は一人の個人のために)

そうした場に来て頂いた210名の皆さん、ありがとうございました。またお会いししょう!!

35歳以上男女専門の結婚相談所・お見合い・婚活応援サービス【R婚】
posted by ヒデキ at 13:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

銀河系最大の飲み会 

【 銀河系最大の飲み会 】

DSC00231.JPG

1524275195146.jpg

− Largest drinking party across the Galaxy!!

 千代田区最大の飲み会ではありません。。。
 銀河系最大の飲み会です!笑

 明日の夜20:30より、赤坂見附の大型居酒屋、坐ワタミを貸し切りにして、
“銀河系最大の飲み会” を行います。

 「何を考えとんのや!?」 

という話ですが、幹事のヒデキは平成バブル世代ですので、
仕事より飲み会、ディスコの方が案外、大事だったりします。

 自民党(Liberal Democratic Party) のパーティに参加した後は、2次会をお楽しみください!
ニッポン経済の繁栄は、わたしたちの手で、創っていきましょう!!
posted by ヒデキ at 00:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月10日

究極のポジティブ思考を身につける (12)

三河ベイ4.JPG
 Supreme positive thinking

 −means (意味づけ)を考えれば、あなたの脳内にアドレナリンがバンバン吹き出る

 「ヒデキさんはなんでそんなにヤル気に満ちているんですか?」
  大学生向けのビジネススクール、スケールマネジメントで 「セルフ・マネジメント」 の講義をしたときに、珍しい寄生虫でも見つけたかのような眼差しで見る大学生から質問を受けました。
https://scale-management.cfz.co.jp/?fbclid=IwAR2LCSs_oAdtFkkOtfRUqWOMZbGDb9uihjGOJONEN8riaXXRlS-LwleW_9g

このビジネススクールは覇気と意欲に満ちあふれた大学生がごまんといるのですが、その彼等にしても、ヒデキのヤル気は信じられないレベルだそうです。

「あのねえ。ゴールドマン・サックスとか、マッキンゼー&カンパニー(米戦略系コンサル、大前研一氏を輩出した会社)で働いている人たちは、とんでもない長時間働いて、体力の限界、精神力の限界、知力の限界ギリギリまで働いているの。自分がぶっ壊れる寸前まで。

年収3千万、4千万かせぐような人たちは、労働時間だって日本企業のサラリーマンの2倍くらい働いて青色吐息なの。

僕の知人で、ハーバード・ビジネススクールを卒業してマッキンゼー日本支社の面接試験を受けたとき、面接官から
「うちに就職したらランプの近くに住んでもらえますか?」 と聞かれて、
私は羊じゃない!って思いながら、「どういう意味ですか?」 と聞き返したところ、

「首都高の出口の近くにアパートを借りて下さい。終電で帰れるような環境じゃありません。」 と言われて、椅子からころげ落ちそうになったんです。

もともと究極のポジティブ思考に自分を染めていなかったら、入社6か月か1年で、
精神がボロボロになって中央線のホームに飛び込むような過酷な環境なのです。

外資系コンサル、外銀に就職するような人たちは、もともと、セルフ・マネジメント(自分の心を統制して生産性を上げる技術)を身に付けています。」

 という前振りで講義をはじめました。

もともとポジティブ思考の強い人たちだから、上昇志向もメチャ強くて、少々の挫折、心の折れそうな失敗に直面しても、不死鳥のように地獄のどん底から這い上がってこれるんですね。

それを成す思考の根幹のひとつが、means (意義付け) です。1日に何の仕事をするか、1週間で何の仕事(勉強)をするか、10年で何の目標を達成するか、という短期から長期までのやることと、その目的を考えてから(means)仕事しますから、常に一定の、タンタンとした生産性が確保できるのですね。感情もブレがない。

今日、この素晴らしい人と会うから、それまでに仕事を片付けよう、から。。。
つづきはメルマガ ”熱血日記” からお楽しみ下さい。

 https://www.mag2.com/m/0001646353.html

 【一瞬で自分を変える法 − 世界No.1カリスマコーチ、アンソニー・ロビンズが教える】
posted by ヒデキ at 22:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月04日

さようなら金融業界

ootemati.JPG

 − 新天地へ<
strong>

 皆さまにご報告です。これまで30年間勤めてきた金融業界を去り、新天地に移ります。
新卒で入ったドイツ系銀行から、ゴールドマン・サックスへ、そして米系銀行、米系格付会社と渡り歩き、この4年半は米系生命保険会社でフルコミッション営業をして来ました。

 それまで事務管理部門にいた私が初めて経験した営業の仕事は、最初はとても大変でしたが、素晴らしいユニットメンバーと、素晴らしいお客様に恵まれて、ファイナンシャルプランナーとして、4年半を送ることが出来ました。
保険のお客様になって頂いた方々には、心の底から感謝しています。

 これからは、日本に進出してきたインバウンド企業(訪日外国人観光客)に入社し、執行役員として、営業を統括します。
フルコミッション営業でつちかった爆発的な体力(笑)と、創造力を使って、日本にやってくる外国人観光客を増やすことで、国の経済に貢献したいと思います。

 大学時代にやっていた外国人観光客のツアーガイドのおかげで、外資系金融に就職することができました。日本企業(総合商社)は、偏差値50台の日東駒専の学生を雇ってはくれませんでした。学歴フィルタリングで全部落とされたのです。
外資系は実力主義ですから、学歴や家柄の良さ(縁故採用)など、カンケーありません。人間性や語学力などを見て採用しますから、救われました。商社マンにはなれませんでしたが、金融業界で働けたことは幸せでした。

 あれから30年が経って、また外国人観光客に関係した仕事に就けることに、運命はつながっているのだと思いました。
とはいえ、日本に上陸してきたばかりのベンチャーですから、これから人を採用し、
育てて、強いチームを作っていかなくてはいけません。ゼロからイチを、仲間といっしょに創っていくのは、とてつもなく楽しみです。

 外資系 x ベンチャー、という2つの楽しみが同時に味わえるこのポジションを、とても気に入っています。これからは仕事漬けの毎日になりますが、祖国・ニッポン経済の拡大に貢献できるよう、頑張ります。
 
 今まで支援して頂いた皆さま、これからもどうぞ宜しくお願い致します!

 【外資系! 転職】


【外資系コンサルが実践する 図解作成の基本】
posted by ヒデキ at 10:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月29日

ゴールドマン・サックス証券(4)

 − 3次面接 

アーク森ビル .jpg

 それからまた3週間ほどたった後、3次面接に呼び出され、今度は外国人のVP(ヴァイス・プレジデント)2人と会うことになった。
英語の面接とは言え、ドイツ系銀行でも上司はエジプト人、上司の秘書と、隣の同僚がドイツ人、はす向かいに座る同僚がイギリス人で、部内にいる日本人は2人しかいなかったので、英語面接にアレルギーは無かった。

 マホガニー色をした豪著なオフィスに通され、遅れて入ってきたのは長身でロバート・レッドフォードに似たアメリカ人男性。
アメリカのFBIで幹部だったところをゴールドマンに引き抜かれたらしい。

「ホワイトハウスとウォール街の回転ドア」
と呼ばれるゴールドマン・サックスは、会長が米財務長官に就任したり、政府高官が逆に入社したりと、政治と金融の中枢的な役割を果たす、突出した金融機関だ。

ドナルド・トランプ政権が2017年に発足した際には、6人の経済閣僚・金融閣僚がゴールドマンから登用された。
彼はとても寛容でフレンドリーで、「彼の部下だったらさぞかし毎日気持ちよいだろうな。」と思った。

 彼の説明するゴールドマンの仕事は大変厳しいものらしく、高いクオリティを求められ、証券会社特有のスピード感、期限重視の考え方が仕事の隅々にまで行き渡り、遅れようものならば社員の評価に響く、すわなち長く会社に籍を置けない、ということだ。

 自分も身振り手振り交えながら、いかに同僚の2倍、3倍の仕事量を引受け、連日夜遅くまでデスクにかじりついて、複数のプロジェクトを同時進行させながら日独間のカルチャーギャップを埋めるべく知恵を振り絞ってきたか、それがどう結果に反映したかを説明した。

少なくとも「千代田区を代表するハードワーカーだ!」というボトム・ラインは分かってもらった。
「千代田区で一番のハードワーカーが、港区で一番のハードワーカーになろうとして、ここに来ている訳ですから、僕にこのポジションを任して下さい。」

アドレナリンが吹き出すと、トークが止まらなくなるのは、いつものことである。
 しかし緊張の糸がピーンと張り詰めた会議室には、打ち解けた雰囲気が訪れることは無く、僕の専門性やら知識レベルを試す質問が矢継ぎ早に。

 そしてしまいには、英文履歴書を穴の開くほど眺められ、 「私の長所」の欄に彼の眼が留まった。 
 「ヒデキ、君が誇るのは爆発的なバイタリティと、創造力らしいね。バイタリティにあふれているのは分かったけど、創造力はどの程度あるんだい?

 君の創造力を立証する例を挙げてくれないか?」 と、尋ねられ、冷や汗が落ちてきた。
 ”英文履歴書を読むのはアメリカ人だから、アメリカ人の好きそうな言葉を書いておけ” と、テキトーに書いたものだから、質問されても困ってしまう。

 実例など、無いのだ。“もう面接もここで終わりか?”と、あきらめの境地に入る。
 「・・・あのう、仕事では例が無いのですが、プライベートならあります。
幼い男の子二人がいるのですが、トミカの高価なジオラマセットをいくつも欲しがるので、カーフェリーのおもちゃと、東京湾アクアラインの海ほたるのジオラマ模型を手作りで作ってあげました。

 息子たちと鉛筆で設計図を書き、段ボールを使ってカーフェリーや、畳一畳分もある海ほたるの模型を作り、最後に絵の具で色づけしました。

 息子たちは大喜び。いつもリビングのど真ん中にセットを広げてはミニカーで遊んでいます。
 もっとも、”部屋を狭くされた!”と、マイ・ボス(=妻) は至って不機嫌ですが。。。」  
 と、ありのままを説明した。どこが創造力なのかよく分からないが、質問にポンポンポンポン答えなければ、面接試験はおしまい。クオリティーなど、2の次である。
 
 アメリカ人は笑い出し、「子供のおもちゃを自作するなんて、まるでコンピューター・オタクみたいだな。シリコンバレーなんて行ったら自宅のガレージを改造してがちゃがちゃ作っているオタクがたくさんいるよ。

 でも心配しなくていいぞ。ゴールドマンに入社すれば、子供のおもちゃなどいくらでも買えるから。」
と言って立ち上がると、僕の手を握り、ガッチリ握手を求めて部屋を出て行った。

 代わりにミックさんの秘書のIさんがにこやかな笑顔で部屋に入って来て、
「お疲れ様でした。英語の面接だったから疲れたでしょ。」と、ねぎらってくれた。
 「いやあもう、万事休すのところまで行きましたが、かつかつ生き延びたって感じですね。」
 しかし面接はそれだけでは済まず、4次面接に呼び出されることになった。
                                        (つづく)

 【 億をかせぐ勉強法 】

posted by ヒデキ at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

究極のポジティブ思考を身につける(10)

三河ベイ3.JPG

 −たえず自分に問う。生命力は今、強いか? 感性は今、豊かか?
(写真: 三河ベイ、愛知県西尾市)

自分がいつも活力に満ちていて、楽しく、周囲のひとたちも明るい雰囲気に巻き込むためには、体調と、心の状態がよくなければいけません。

ポジティブ思考でいると、心がワクワク、積極的な気持ちでいられますから、仕事や学業の成果が上がりますし、ふつうの人がやる仕事の1.5倍から2倍くらいの仕事量がこなせます。

僕が本業のかたわら、スキマ時間をつかってTME東京婚活取引所を主催したり、大学生や若手の就職支援、キャリア形成のアドバイザーとしてボランティアができるのも、たえず自分の心や身体の状態を最高に保っているためです。

毎日、かならずする動作を取り入れると、あなたも活力にみちた、最高の精神状態が保てます。
それは、 「自分の生命力は今、強いのか? 感性は豊かか?」 と数時間ごとに自問することです。

バイタリティ(生命力)が強くなければ、仕事もはかどりませんし、仕事量もこなせません。
ふつうの人の1.5倍から2倍くらいの仕事量をこなそうと思ったら、バイタリティがその根源にあります。

もし今日の生命力が強くないと脳が直感したら、すぐさま、対策を打ちます。
打たなければいけません!!

また、感性は豊かか? という自問自答もします。
感性は大切です。通勤途中の道端に咲くツユクサ、カタバミ、仏の座などの花が目に入ったら綺麗だなと思えるか。公園や里山の金木犀の木が、バニラのような甘いにおいを周囲に発散しているのに気づくか。

多忙な毎日でも、そうした四季のうつろいや、自然のつくりだす造形に気づかなかったら、他人への優しさや思いやり、また創造力の発揮にも支障をきたすでしょう。

豊かな感性を持つことは、人生を豊かにしますし、話題の引き出しもたくさん出来ますから人脈も増えます。創造力もつきます。もちろん、ビジネスにプラスです。

もし今日の自分が感性の豊かな状態でなかったら、すぐに対策を打ちます!!

生命力や感性が豊かでない状態にあったら、それは自分の体が疲れているか、睡眠不足か、なにかメンタルなプレッシャーをかかえていて余裕がないか、という外的要因、内的要因から来ています。

僕は身近にいるトップセールスマンから、
「メンタルが不調だったら、嫌なことを10個、紙に書き出してみる。
自分がしなくちゃいけない嫌なことが10個あったら、文字に起こして順番に片づけて行く。
そうすると心は軽くなり、精神は上向きになる。」

と教わり、即座に実行しました。

「ストレスをかかえたら、原因は何なのかということを紙に書き出してみる。
おもいきって全部、書き出してみると、あんがい大したことではないと気づく。
ノートの左半分に原因を書き出したら、右半分に対応策を順番に書いていく。これでストレスは
解消する。」

と教わりました。
これを実施するだけで、メンタルは改善しますし、同じスピードで感性も潤ってきます。

また、生命力が減退している日には。。。つづきはメルマガ ”熱血日記” から!

https://www.mag2.com/m/0001646353.html


【 ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則 】
posted by ヒデキ at 23:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月27日

丸紅、柿木社長のビジョン

丸紅、柿木社長が新しい商社の構築に挑む。既存の事業の枠にとらわれない新市場の開拓へ2000億円の投資資金を用意。

スタートアップ流の経営手法も持ち込む。プラットフォーマーの台頭など経営環境が激変するなか、どんなビジネスモデルに作り替えようしているのか。4月に社長に就いた柿木真澄氏(62)に聞いた。

 かきのき・ますみ 1980年東大法卒、丸紅入社。2013年に常務執行役員。丸紅米国会社社長などを経て、19年4月から現職。長く電力部門を歩み、同部門を商社業界トップに押し上げた。「失敗した経験のある人じゃないと信用できない」が持論。週末の楽しみは録画したテレビドラマの観賞。好きな言葉は高杉晋作の「おもしろきこともなき世を面白く」。面白いと思えない世の中でも面白く思えるかは本人の心構え次第と説く。62歳。

■新分野へ2千億円枠、リスクとり挑戦

――商社はかつて「冬の時代」や不要論を指摘されながらも壁を乗り越えてきました。今の経営環境をどうみますか。

「技術革新でBtoCのサービスでもB(企業)とC(消費者)の距離がすごく近くなった。商社だけでなく、いわゆる中抜きですよね。間に入るビジネスモデルを軽く飛び越えちゃう。対応策は簡単です。

供給側に回るか、需要に回るか、立ち位置を変えればいいんですが、実現は容易じゃない。資産や人を抱えていて、図体が大きいほど変身するのは難しい。技術革新のスピードについていけるかが問題です」

――危機感が強いと。

「はい。今言っているのはチャレンジとスピード感と現場です。チャレンジは変化そのものですが、ゆっくりやってはダメ。世の中の変化に遅れてしまう。

現場は商品とかお客さんの近いところ。そこにこそ需要がある。机に座るのではなく現場に行って、先のニーズを知るのが重要です」

――「敗者復活」や「朝令暮改」という言葉も使っていますね。

「チャレンジするときは思い切ってやるべきですが、大概うまくいかない。大事なのは失敗しても扉をしめずに『よく挑戦した、もう一度トライしてくれ』という土壌を作ること。そうしないと誰も挑戦しなくなる」

「いざ何か始めるとき全員で決めても違和感があるときがある。世の中はすごいスピードで動きますから、違和感があるときはすぐ方向転換しないといけない。恐れず、おかしいと思ったらどんどん変えてくださいというのが朝令暮改です」

――聞いていますと大企業というよりスタートアップ流の経営ですね。

「ええ。スタートアップがリスクを取って挑戦するのを大企業でもやらないと。そのための仕掛けも必要です。大会社の商社が毎期の予算、決算にとらわれすぎていたら、新しいことに挑戦などできない。新分野へ2000億円の投資枠を設定したのはそのためです。そこでは時間軸も変えますし、担当も専任にする。そうしないとどうせこれまでと同じでしょと思われちゃう。これまで各商社ともうまくいかなかったのは本気度が足りなかったんじゃないかなと」

――ある意味、退路を断って変革に挑むと。

「次世代事業開発本部も作りました。本部長、副本部長とも一度丸紅をやめて外部に出た『出戻り組』ですよ。ここで新しいことにトライして社内にみせていく。中長期で収益を上げていくので、社員の評価の仕方もふくめて人事制度全般を大きく変えようと思っています。失敗は失敗としてバツはつきますが、何度でもチャンスを与え、リカバリーできるとか」

――新しい事業とはどういうイメージですか。

「僕が言うと忖度(そんたく)が入るからあまり言わないが(笑)、今後はC(消費者)に近づかないと成功モデルにならない可能性がある。我々は中間層が爆発するアジアの中心にいる。中国や東南アジアで中間層のコンシューマーを狙った新しいビジネスはいろいろありますよね。娯楽や教育、医療関係もある」

「もう一つはスマートシティーなど社会基盤の整備です。従来は交通、不動産など商品軸に縛られてバラバラにやっていた。でも日本では鉄道会社が不動産開発と街づくりを一体でやっているわけですよね。そこまで商社で考えていけないか。複合的なビジネスモデルにしていく必要がある」

「もっと身近な商機もありますよ。例えば、米国で言えば牛の解体作業の自動化とか、空港の荷物搬送でアシストスーツを使うとか。人手不足や重労働の軽減に役立つ」

■課題のささやき聞き取る

――社会課題の解決につながる事業ですね。

「社会課題解決型のビジネスはいっぱいある。そんな課題のささやきを聞き取れるかどうか。人がこうあったらいいなという夢を一緒にかなえる。需要を探す『ディマンドプル』から『ドリームプル』にならないと。商社は社会の変化、お客さんの声に一番敏感なはずだったのに、そうなっていないんじゃないかっていう危機感がある」

――従来の事業モデルはどう見直しますか。

「自分たちで主体的にやる形に変えていきます。商社って中間にはいったり、マイナー出資で案件に参画したりするケースが多いですが、よくも悪くも自分でコントロールできない。リスクは減るかもしれないけど、やってる社員も面白くない。こういうのは減らそうよと。それより自分たちで運営できるプロジェクトを増やしていく。その方がはるかにワクワク感があるでしょ」

――商社では万年5位。丸紅の強みを生かしてどう上位を狙いますか。

「上位下位の違いは究極的には個人の気の持ちようだと思っています。その点、うちが劣っているのは間違いない」

「ただ個人的には順位はあまり意識しません。振り返ると、私は他の商社と自分のビジネスを比べたことは一度もない。目の前のお客さんに集中するだけです。お客さんの満足を追求した結果、優劣が出てくる。他社を意識して足の引っ張り合いをするより、お客さんが何を言い、どう応えたか。その結果がおのずと順位に表れるはずです」

――米中の貿易戦争が過熱するなど、保護主義の流れが顕著です。

「環境変化は絶好のチャンスです。貿易管理が煩雑になれば商社の出番も増える。ただ一番困るのは(保護主義で)物が全く動かなくなること。とはいえ、消費者に近いビジネスモデルは米中、日韓など外交に関係なく技術革新が起きてしまっている。それをベースにビジネスモデルを変えないとリスクを背負いこむ。10年先を考えて今から動かないと。軽やかにスピード感をもって変身できるか。この勝負です」

■取材を終えて)存在意義に強い危機感

顧客と直接つながり、膨大なデータを基に自ら新たなサービスや商品を生み出していく。そんなデジタル革命の動きが世界中の企業で広がっているからだろう。柿木氏の発言には商社の存在意義に対する強い危機感がにじむ。

もともと商社は情報をいち早くつかみ、顧客企業とともに物流や投資などで先手を打つのが真骨頂だ。それが揺らいでいるとすれば、最近までのビジネスモデルと無縁ではないだろう。市況次第で莫大な収益が上がる資源投資に依存し、リスク回避のためマイナー出資に甘んじる。ある程度安定はしても、現場での情報収集に必死に汗をかく姿から遠ざかりかねない。今回、自ら主体的に動き、挑戦する風土への回帰を掲げたのはそのために違いない。

だが、それは新たなリスクを抱えるもろ刃の剣でもある。ゆがみを生じかねない「商社○位」という目標は避けたが、社員は何を目指すのか。挑戦に失敗した際の評価やリカバーはどうするのか。社員のベクトルを合わせるきめ細かな対話が欠かせない。

 (引用: 日経産業新聞)
posted by ヒデキ at 11:33| Comment(0) | 丸紅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月23日

マッキンゼーの知恵 

 − 机の上の書類は手に触れた順で片付けろ!

 マッキンゼーのニューヨーク支社の人が書いた本だが、ここに書かれているビジネスの基本思考は、結構ビックリするほどモノの本質を突いている。

 工場の生産現場の無駄を削る努力は”カンバン方式”をはじめ、昔から盛んに行われてきたが、事務職の生産性、無駄の排除については、なおざりにされている会社が多い。
 ここに手をつけることで会社全体の生産性も上がる。

 結論から言うと、事務職は、目先の小さな仕事から片付けて、プレッシャーだけは減ったような気がしながら、大きなプロジェクトなどは結局、夕方まで手つかずで翌日も、その翌日も残ってしまう。

 手を付けずに成行きに任せて後回しにして放っておくと、腐臭がして、結局大慌てで片付ける役に回るのは自分なのだ。

 簡単な例を言うと、朝会社に来てEメールを開き、ひととおり全部開いて読んでから仕事に取り掛かる人は、毎朝どの仕事から順番に取り掛かるか、プライオリティを考える人なのだが、それだと結局同じEメールを2度読むことになる。

 一番合理的な仕事は、開いたEメールからとっとと処理していく方式にすれば、同じEメールを朝と、処理する時と2度読む必要が無くなり、夕方に処理量の帳尻を合わせてみれば、開いた順に処理する人の方が、朝プライオリティを考えてから仕事に取り掛かる人よりも多くの仕事がこなせる。

 今、そのEメールに返信するつもりが無いのなら、開くな!後になってもう一度そのEメールに帰ってくるのなら、2度手間だ、ということだ。

 それと同じで、デスクワークを超合理的にやろうと思ったら、
”机の上の書類は手に触れた順で片付けろ”ということだ。
 と、一例を上げたが、その百倍くらいのノウハウを、僕はこの本から学ばせて頂いた。
 

 「マッキンゼー式 世界最強の仕事術」
https://www.amazon.co.jp/マッキンゼー式-世界最強の仕事術-イーサン・M-ラジエル/dp/4901234110/ref=as_sl_pc_tf_til?tag=adccnkx-22&linkCode=w00&linkId=&creativeASIN=4901234110
posted by ヒデキ at 17:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月15日

ゴールドマン・サックス証券(5) 

アーク森ビル .jpg

 しばらくすると、またミック(日本人です)の秘書のIさんから電話が掛かってきた。
もう何回面接試験に呼び出されたか分からないくらいだったが、

 「お待たせしましたね。恐らくたぶんこれが最後の面接だと思いますけど、ヒデキさんが入社されたら、一緒に同僚として働いてもらう人達と、4人立て続けに会って頂きます。
 申し訳ないのですが、朝9時から正午12時半まで、会社を抜けて来て頂けますでしょうか。」 と伝えられた。

 ここまで面接試験の回数が多いのは、世界の金融業では有名な話で、アメリカ本国で新卒を雇うときなど、学卒者でなく、MBA(経営学修士)や法学修士といった修士卒、博士号卒を中心に、一人あたり50人の社員から面接を受けて厳しくふるいにかけられるのだそうだ。

 それだけゴールドマンが金融業のトップ級の人材集めに熱心で、
長い面接プロセスのために、何人もの人が途中で音を上げて同業他社のモルガンやメリルリンチに就職するという話も聞いた。

 しかし会社にしてみれば、

 「ゴールドマン・サックスに入社すれば、早朝から深夜まで、1日14時間から16時間も月曜日から金曜日まで、仕事漬けの日々をおくるのだから、数か月におよぶ面接試験に耐えられないような根性の持ち主は、その時点で適性が無い。

この採用方法は、会社の適性と忠誠心をテストするのにふさわしいやり方である」、との深慮遠謀が有るのだそうだ。

 そんな訳で3時間半ぶっ続けのトライアスロン面接に行ったのだが、困ったのはトイレ。

 一人の面接官が終わると、入れ替わりで次の人が部屋に入ってくるものだから、
 「あのう、トイレに行かせてもらえないでしょうか?」 と、切りだす余裕もなく、膀胱は破裂しそう。。

 ようやく最後の面接官が入ってきた12時近くには、もう
 「早く終わってくれよ。。」とばかり考えるものだから、テーブルの下でちらちらと腕時計を見やる自分に、後に同僚となる男は、

 「僕と話をするのが嫌そうだな。落としてやろうかな。」 と考えたと、後になって告白された。
「まだ面接試験はつづくのですか !?」 と、聞いたところ、

「ここはユダヤだ。 
アメリカの財閥系銀行、モルガンやロックフェラー(シティバンク)、メロン(バンク・オブ・ニューヨーク・メロン)のような、おっとりした財閥系とちがい、ユダヤ系(リーマン・ブラザーズ証券、ソロモン・ブラザーズ証券、ゴールドマン・サックス証券、ベア・スターンズ証券)は、 アメリカ国内では2級市民の扱いだ。

 ドイツ系移民、アイルランド系移民、日系移民といっしょで、ユダヤ系は、WASP(ホワイト・アングロサクソン(英米系)、プロテスタント(キリスト教プロテスタント宗派)のようなアメリカの上流階級とちがうから、ニッチな商売やトレーディング手法を展開しなければ生きていけない。

 どこまでもハングリーで、どこまでもアグレッシブ(Aggressive =戦闘的な勤労姿勢)な人間でないと,,,

( つづきはメルマガ ”熱血日記” から購読して下さい! 
https://www.mag2.com/m/0001646353.html

【ラグビー元日本代表ヘッドコーチとゴールドマン・サックス社長が教える 勝つための準備 】



【ゴールドマン・サックス − 世界最強の投資銀行 】

posted by ヒデキ at 22:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする