2018年01月28日

丸紅社長 「懸念の穀物、統合で競争力を強化へ」

丸紅社長「懸案の穀物、統合で競争力」(戦略を聞く)

 資源価格の下落に苦しんだ丸紅の業績が上向いている。2018年3月期はエネルギーや金属事業がけん引し、連結純利益(国際会計基準)は前期比9%増の1700億円を見込む。一方、買収を積極化してきた穀物事業の不振などは懸念材料だ。今後の戦略について国分文也社長に聞いた。

 ――今期は2期連続の増益見通しで、上振れ期待も出ています。

 「資源価格は一本調子で上げている。どこかで調整を迎えるだろうが、底堅く推移しそうだ。電力では従来型の発電事業に加え、軽資産型の事業が今後1〜2年で本格化する。例えば、遊休の電力施設を活用したり、余剰な電力を調達したりして売電する事業だ。英国子会社で手掛けているが、日本や他の地域にも展開したい」

 ―― 一方、穀物が柱の食料部門は7%減益の290億円の見通しです。

 「穀物は一番心配している。(販売などの)競争が激しく、コスト競争力をどう高めるかが重要だ。(2013年に買収した米穀物大手の)ガビロンのリストラは完了し、次は穀物事業全体を統合する段階だ」

 「現在は事業が米国やブラジル、シンガポールなどに分散している。グループ各社が別々に運搬船を手配したり、販路が重複したりと効率が悪い。19年3月期中に、事業を一つの組織の元にまとめて運用を一体化する。少なくとも年間で数十億円単位のコストを削減できるはずだ」

 「(今期は赤字予想である製紙原料の)パルプ事業も改善している。市況の回復や、植林事業が順調だ。かつては100億円近い赤字が出ていたが、黒字化が見えてきた。当面は数十億円規模の利益を見込めそうだ」

 ――人工知能(AI)産業の発展など商社を巡る環境は様変わりです。

 「これまで貿易、資源という分野でニーズに応えてきたが、近年は提供できる解決策がずれてきたのではとの危機感がある。現在のビジネスモデルのままでは、10年後には半分の事業は無くなるだろう。例えば顧客の鉄鋼メーカーに対して原料や製品の取引だけでは、もはや不十分だ。電気自動車(EV)関連など成長分野への対応が必要だ」
 ――具体策は。

 「今期中に、各事業部が持つ顧客基盤やネットワーク、資産などを社内で共有できるようにする。事業部の枠を超えた『掛け合わせ』を通じ、新しいビジネスモデルを作りたい。(先端技術の情報収集などを目的に)4月をメドにイスラエルにも拠点を新設する」

 「20年3月期からの次期中期経営計画では、利益だけでなく時価総額を一つの指標とすることも考えたい。現在の時価総額は約1.5兆円。達成時期は分からないが、規模はこの倍は欲しい」

 〇 〇 〇 〇 〇  AIなど先端分野課題 〇 〇 〇 〇 

 丸紅の今期の連結純利益予想は1700億円。回復基調だが過去最高の14年3月期(2109億円)に届かない。一方、三菱商事は今期5000億円、伊藤忠商事は4000億円といずれも最高益見通し。こうした競合と比べ規模では見劣りする。

 国分社長は「ライバルは商社でなく各分野のトップ企業だ」と語る。電力事業では安定した収益を稼ぐが、穀物事業は買収後のリストラなどにてこずり、今後の統合効果の発揮が急務だ。

 各事業部のネットワークをガラス張りにする試みは商社では珍しい。人工知能や電気自動車などの先端分野で斬新な事業が立ち上がれば、成長力への評価も変わってくる。



老舗の出会い系サイト!ミントC!Jメールで出会い探し!

●初めての方へ
今年で13年目を迎える老舗の出会い系サイトです。
会員数300万人の男女から素敵な出会いを見つけて
下さいネ♪動画や写メにも対応して楽しさ抜群です♪
会員登録は完全無料!
完全前払い制なので、後日、悪質な請求がいったりする
事は一切ありませんのでご安心下さい。
更に初回会員登録得点としてサービスポイントを差し上げます!
女性の方は完全無料です!!
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TTMVJ+6HZF2A+JCY+BYLJN
posted by ヒデキ at 12:47| Comment(0) | 丸紅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

丸紅がイスラエルに新拠点 新興企業を開拓 

丸紅はイスラエルに新興企業との連携を進める拠点を設置する。「中東のシリコンバレー」と呼ばれる同国で設立から間もないスタートアップ企業を中心に情報を集める。人工知能(AI)やあらゆるモノがネットにつながる「IoT」などの新技術で提携先を探す。

 4月にもテルアビブに開設する。イスラエルはベンチャーの育成に国を挙げて取り組み、世界のベンチャーキャピタル(VC)が注目している。サイバーセキュリティーや自動運転など幅広い先端技術の起業が活発だ。
 テクニオン・イスラエル工科大学など、多くの学生が起業を志向し、有望なベンチャーを相次いで誕生させている大学も多い。同国には三井物産が事務所を設けているほか、住友商事も2018年度に開設する計画。





 【 総合商社――その「強さ」と、日本企業の「次」を探る 】

posted by ヒデキ at 08:38| Comment(0) | 丸紅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

丸紅がタイでLNG供給船 

 丸紅はタイ石油公社(PTT)と組み、船舶向けに燃料として液化天然ガス(LNG)を供給する船の運用について検討を始める。二酸化炭素(CO2)など排出ガスへの世界的な規制の高まりで、LNGを燃料とする船舶は増えつつある。LNG供給船は世界でもまだ数隻しか運用しておらず、今後高まる需要にいち早く対応する考えだ。

 タイのマプタプットにあるPTTのLNG基地に貯蔵されているLNGを供給船に積み、タイで最大の商業港に停泊する船舶向けにLNGを供給する事業の調査を始めた。事業化のめどがつけば2019年にもLNG供給船を両社で保有し、運用することを検討する。

 運用するのはレムチャバン港で、年間で8000隻以上の船舶が停泊する。日本の自動車会社の船舶なども寄港しており、環境規制への対応のため燃料をLNGとする船舶は今後さらに増えていくとみられる。丸紅はロシアでも石油・天然ガス開発事業「サハリン1」にも参加している。

  世界的に需要の高まりつつあるLNG事業をさらに拡大させる。

Bookin.comカード-------------------------------------------

年会費無料なのに、これ1枚で世界中のホテルで優待が受けられる!
さらに最大6%のキャッシュバック!


https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TTABU+BT3IPE+3W50+5YZ77
-----------------------------------------------------------

posted by ヒデキ at 07:56| Comment(0) | 丸紅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

丸紅がミャンマーで火力発電所改修を受注 250億円で

 丸紅はミャンマーで天然ガスを使った複合火力発電所の改修工事を受注する。受注金額は約25億円で、国際協力機構(JICA)からの円借款で全額賄う。丸紅はこれまでもミャンマーで火力発電所の建設などに携わってきた。電力需要の成長が期待できるアジアの新興国で電力事業の拡大を目指す。
posted by ヒデキ at 10:59| Comment(0) | 丸紅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

丸紅が穀物取引を1割増へ

 丸紅は世界市場での穀物の取引量を4〜5年後に年間約8千万トンと、現状から1割強増やす方針を固めた。新興国の人口増加で世界の穀物貿易量は今後10年間で約3割伸びる見通し。

 米国や南米に持つ事業会社を連携させ、アジアやアフリカへの輸出を伸ばす。世界最大級の穀物メジャーとなることを目指し、穀物事業の純利益で年300億円規模を計画する。

 丸紅グループの穀物取引量は2016年度が約7千万トンと12年度に比べ約3倍に増えた。年間3千万トン強を取り扱う米穀物大手ガビロンを13年に買収したほか、新興国への輸出が伸びたためだ。

 米国農務省などによると、世界の穀物貿易量は12〜16年の平均と比べて26年に約3割伸びる。「丸紅の取引量も1割強は伸びる」(水本圭昭・穀物本部長)という。

 米国コロンビアグレインやブラジルのテルログ社など傘下の事業会社の間で情報交換など連携を強化する。米国やブラジル、アルゼンチンでトウモロコシや大豆・麦を農家から購入。アジアや中東、アフリカなどへの輸出を増やす。

 穀物部門の業績は開示していないが、年間純利益は百数十億円のもよう。穀物メジャーと呼ばれるADMやカーギルなどは取引量が非開示だが、丸紅は匹敵する規模という。
posted by ヒデキ at 22:37| Comment(0) | 丸紅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

丸紅が中国カフェ大手と協業へ

 丸紅が中国の大手カフェチェーン「パシフィックコーヒー」(PC)と、協業に向けた契約を結んだことがわかった。年内にも完全子会社「アロマコーヒー上海」の株式の40%を、香港に拠点を置く華潤集団傘下のPCに売却して協業態勢をつくる。

  PCで使うコーヒー豆の販売を担うほか、中国で約5千店舗を展開する華潤集団の小売りチェーンでも「アロマ」ブランドのコーヒーを販売する。

 PCは中国で約500店舗を展開しており、中国国内での店舗数はスターバックスコーヒーに次ぐ2位。今後フランチャイズ方式を本格的に導入し、数年で店舗数を倍増させる方針だという。

 丸紅は上海にコーヒー豆の焙煎(ばいせん)工場を持つが、今回の協業を機に、北京、広州にも焙煎工場を増設する。現在、年間700トンの販売量を3年以内に5倍に増やす計画だ。実現すれば、コーヒー豆の販売量で中国最大規模のシェアを占めることになる。





 丸紅によると、中国のコーヒーの消費量は年間10万トンほどで、近年急伸している。丸紅は日本のコーヒー豆の取り扱いでも約30%のシェアがあり、日本式の焙煎技術を中国に持ち込んで、急増を見込むコーヒー需要の取り込みを狙う。

 丸紅幹部は「中国でもコーヒーが味で選ばれる時代。『アロマ』を中国一のコーヒー会社に育てたい」と話す。
posted by ヒデキ at 12:32| Comment(0) | 丸紅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

丸紅がアメリカで高級牛肉を生産

 丸紅は米中間の食肉貿易の拡大を見越し、牛肉加工・生産事業で米国に進出する。高級牛肉大手の米クリークストーンファームズ(カンザス州)を約200億円で買収した。中国は過去15年近く米国産牛肉の輸入を禁止していたが6月に解禁。

 中間層の成長もあり米国産牛肉の消費拡大が見込まれている。米国など主要国の通商政策の変更を商機ととらえる動きが広がりそうだ。

 18日付でクリークストーン社の全株式を取得した。投資額は丸紅が引き継ぐ負債を含め約1億7千万ドル(約200億円)。丸紅は社長ら5人程度を派遣し経営に参画する。

 クリークストーン社の2016年12月期の売上高は5億5千万ドル(約620億円)。畜産農家から肉牛を買い上げて食肉に加工し、外食店や食品スーパーに卸している。牛肉生産量で米国12位、高級牛肉分野では上位数社に入る。16年は25万頭分を処理し、米国向けが約8割、欧州・日本など米国外が2割を占める。

 中国政府が6月に米国産牛肉の輸入を解禁したため、クリークストーン社は中国への輸出ライセンスを同月に取得した。今後は中国を中心に新興国への輸出を増やし、20年12月期に売上高6億2千万ドルを目指す。

 丸紅は40年以上前から米国産の牛肉を日本に輸入してきた。1988年には牛の飼育牧場を持つオーストラリアのレンジャーズバレー社を買収。同社は現在年間4万頭を出荷し、豪州や日本、中韓や欧州、中東で牛肉を販売している。丸紅はこの販路を使ってクリークストーン社の牛肉輸出を増やす。

 経済協力開発機構(OECD)などによると、世界の牛肉消費量は16年が6835万トン。新興国の人口増加などで26年には7604万トンに1割強増えると推計している。

 中国政府は03年に米国でBSE(牛海綿状脳症)が発生して以来、米国産の輸入を禁止してきた。米中両政府が今年5月に貿易不均衡を是正する「100日計画」で合意したことを受けて、今年6月に米国から中国への輸出が始まった。丸紅はこうした主要国の通商政策の変化をとらえ、事業拡大につなげる考えだ。

 伊藤忠商事は13年にカナダの豚肉生産会社ハイライフ社に出資し日本に輸入している。16年には東京都内にカナダ産豚肉を使った料理を提供する直営店を出店した。環太平洋経済連携協定(TPP)の発効で豚肉の輸入関税が下がれば、カナダ産豚肉の販売に追い風となる可能性がある。

 【 商社 2018年度版 産業と会社研究シリーズ 】
 
posted by ヒデキ at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 丸紅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

丸紅がイランで資材360億円で受注

 丸紅はイランの石油化学製品メーカーから石油化学プラントの資材を受注した。納入総額は3億2千万ユーロ(約360億円)に相当する。日本貿易保険(NEXI)が貿易保険を供与し、代金回収ができなくなった場合には補償する。イランでは1月、欧米による核問題の経済制裁が解除された。

 丸紅が現地石油化学製品大手のペルシャン・ガルフ・ペトロケミカルと機材納入で合意した。丸紅は経済制裁前のイランでインフラ関連機材の納入を手掛けてきた。

 日本政府はイラン側と2月、投資協定を締結し計100億ドルの資金支援枠を設けた。ただ米国の制裁は完全に解除されておらず、事業環境には不透明な要素も残る。
posted by ヒデキ at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 丸紅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

丸紅がヨーロッパに向け衣料参入、製造小売りに供給

丸紅は欧州向けの衣料品の企画・生産事業に参入する。トルコのサイデテキスタイル社(イスタンブール)に7月、45%を出資する。投資額は70億〜100億円とみられる。

トレンド衣料を安く消費者に届けるファストファッションを手掛ける欧州の製造小売り(SPA)などに商品を供給する。トルコはテロなど治安上の不安もあるが、事業運営に影響はないと判断した。

丸紅が出資するサイデ社は衣料品のサンプル品も生産している(イスタンブール)

サイデ社への出資は丸紅のファッション事業として、過去最大の投資となる。丸紅は2人を派遣して経営を支援する。

 SPAはファストファッションが人気となり、「ZARA(ザラ)」を主力とするインディテックス(スペイン)、ヘネス・アンド・マウリッツ(H&M、スウェーデン)などの高成長が続く。日本企業ではユニクロを運営するファーストリテイリングが代表格だ。

 サイデ社は欧州大手SPAからシャツやセーターなどの企画・生産を請け負う。年間売上高は約200億円と4年前の2倍に増えた。

 ロンドンの拠点で最新の流行を把握して商品を企画し、トルコの協力工場に生産を委託。企画から納入まで約2カ月の短期で終えるノウハウが強みという。

 丸紅は中国やバングラデシュ、ベトナムなどアジア7カ国に協力工場を持ち、日本の衣料品メーカーに商品を納めている。この事業の年間売上高は約2千億円で、ファストファッションの成長により拡大傾向にある。

 サイデ社がロンドンに持つ企画拠点を活用することで、日本の衣料品メーカーへの商品提案力も強化する。衣料分野で強い伊藤忠商事や三菱商事への対抗軸とする。

 一方で、サイデ社は丸紅の協力工場を活用し、トルコより人件費が安いアジアで衣料品を生産する体制を築く。欧州に大量輸出できる体制を整え、4〜5年後に売上高300億円をめざす。

 世界貿易機関(WTO)によると、トルコからの衣料品の輸出額は2015年で150億ドル(1.6兆円)。国・地域別で中国や欧州連合(EU)に続く世界7位で、地理的に近いEUへの輸出が堅調に推移する。

 丸紅はトルコでコマツの建設機械を販売したり、日清製粉グループとパスタの製造工場を運営したりしている。現時点ではビジネスにテロなどの影響は出ていないという。「サイデ社は欧州で事業を手掛けるため、トルコの政情不安の影響を直接受けにくい」として投資を決めた。
posted by ヒデキ at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 丸紅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

もはや丸紅電力 全社利益の4分の1稼ぐ

 中国電力を上回る発電能力を持つ丸紅。「丸紅電力」の異名を持つ電力部門は、5月9日に発表する2017年3月期決算で連結純利益の約4分の1に相当する370億円を稼ぐ。宮田裕久電力本部長は「500億円を目指す」と意気軒高だ。だが、それは電力に依存した収益構造も表している。

 「やはり撤退したか」。この春、丸紅の幹部はつぶやいた。

 三井物産は16年3月期決算でオーストラリアの火力発電所などを巡り、約300億円の減損損失を出した。アルミニウム精錬所が操業を停止、大口顧客を失った発電所は17年3月に閉鎖した。

 丸紅も13年に行われた出資者を募る入札に参加したが、電力市場の成長に確信が持てず、低めの価格を提示したとみられる。丸紅は入札に敗れたことで損失を回避した。

 丸紅は世界各地で発電所を約70カ所運営している。17年3月末時点で発電能力は1176万キロワット。総合商社では首位だ。三井物産も電力事業を強化、発電能力で丸紅に迫る。だが、丸紅の電力部門に焦燥感は見られない。リスク管理能力に自信を持っているからだ。

"入札6戦全敗"

 丸紅も以前は失敗ばかりだった。00年代初めは中東で発電所運営をもくろんだが、入札で6戦全敗した。関係者のつてをたどり、落札した業者の提案書を読み込んだ。減価償却の期間を長くするなど提案を工夫する方法を学び、中東の入札で連戦連勝を果たした。

 買収で煮え湯を飲まされたこともある。06年、米国でバイオマス発電所や商業施設の発電設備など複数の案件をまとめて取得。だが、ずさんな管理体制に気がつき、撤退に追い込まれた。

 こうした失敗から教訓を学んだ丸紅。「我々はリスクや収益性を見抜くノウハウにおいて他の総合商社をはるかに上回っている」(経営幹部)

 伊藤忠商事は11年にJパワー(電源開発)などと組み、インドネシアで発電所建設を表明した。だが、住民らの反対にあい、運転開始は当初予定の16年から20年にずれこみ、事業費も膨らんだ。

 丸紅はこの入札も狙っていた。「伊藤忠側の候補地は取得が簡単ではない」と予想、別の土地にすることを提案した。入札は取れなかったが「損して得したのは丸紅だ」(電力業界の関係者)。

 「今月のリポートをお送りします」。丸紅の電力アセットマネジメント部には毎月、発電所からメールが届く。財務情報のほか、熱効率や燃料費などのデータが並ぶ。

 09年に台湾の発電所でギア部品が壊れた。メーカーからの納品を待つと約3カ月かかる。多額の損失が避けられそうにない――。誰もがそう思ったとき、ある社員がデータを調べた。すると、同じ部品をトルコの発電所が持っていることが判明、トルコから部品を空輸、約6日で補修した。

 【 丸紅 】


posted by ヒデキ at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 丸紅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする