2019年01月27日

失われたちいさな命 

「嵐」が活動休止するというニュースが流れて妻も娘も大騒ぎ。

でも、僕にとっては千葉県野田市で父親に虐待されて命を落とした小4の栗原心愛(みあ)さん(10歳)の悲劇のほうがはるかにショックだ。

どうしたら幼児・児童虐待問題を根絶できるのだろう?皆が真剣にこの問題と向き合うべきだ。小学校教員の担任はなぜ3週間の欠席を、見てみぬふりしたのか?児童相談所はなぜ、この夫婦に子供を戻したのか?公的機関の過失は大きい。

父親の怒鳴り声や、少女の泣き声を聞いていながら、警察や児相に連絡しなかった、近隣住民の無神経さも、この悲劇を引き起こしたと思います。
posted by ヒデキ at 22:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月24日

ヘッジファンドのレセプションにご招待

  私が出資しているヘッジファンドが、1月25日(金)夜19:00より、六本木の結婚式場でカクテル・レセプションを行います。ショート・ノーティスでごめんなさい!

 ビュッフェ料理とお酒が飲み放題です。自民党のパーティとちがい、誰でも参加可能ではありません。投資資金があり、個人投資を考えているかたに限定させて頂きます。

 私の枠で3名まで無料で呼べますので、参加希望の方は、個別にメッセを下記のEメールアドレス宛に下さい♪
折り返し、詳細をお知らせいたします。
FXトレーディングで運用してくれるファンドですが、私が1年4か月、運用を任せたら、元本が163%になりました。大変感謝しております。


 参加希望者はこちらまで→nekketsu9@gmail.com

 【 一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学 230億円稼いだ勝つ思考、cis 個人投資家】
posted by ヒデキ at 19:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月20日

元気の出る言葉

「伊藤忠商事が僕を雇ってくれないのならば、自分が伊藤忠になれば良い。」
 − メルマガ著者、ヒデキの言葉

 「なんでヒデキさんはそんなにバイタリティがあるのですか?」という質問を今週、3人つづけて聞かれました。今週は3人だったのですが、いままで2000人くらいの人から同じ質問を聞かれました。

 そりゃそうですね。ただでさえ本業の生命保険が忙しいのに、セミナーを開催したり、「大手町ビジネス英語スクール」の講師をしたり、東京婚活取引所を69回も開催したり、土曜日、日曜日には、婚活中の男女をカフェやレストランでお見合いをセッティングしている(無料で)わけですから。ひとり総合商社です(笑)。

 今日いっしょにお食事をした大手電力会社の友人には、
 「御社はxx地方の発電機ですが、わたしはニッポン経済の発電機になりたいというのが生きる目的だからです。」と答えたら、笑われました!

 あと1千回も2千回もおなじ質問にこたえるのは面倒なので、メルマガで告白します。。。
 僕は大学時代に進路を決める際、教員になるか、公務員になるか、ビジネスマンになるか、という3択を悶々としながら深夜まで、天井の木目模様をみながら、歯ぎしりしながら何時間も考えていました。

 「なんのために生きるのか?」と同義ですから、当然、悩みますよね?

 商社マンになって、地球の裏側まで行って、世界の5大商人と、丁々発止のディールをやって、ニッポンの国益をかなえるビジネスマンになろう。と決意しました。
 ビジネスマンの働く目的は、ニッポンのGDP(Gross Domestic Products:国内総生産)を拡大させることだからです。

 大学時代に外国人観光客の通訳ガイドをやって語学力を身につけ、外国人からもらったお金で、東京・自由が丘に借りたアパート代を払っていました。

 しかし、総合商社の就職は超難関。社員の平均年収1500万円の総合商社は、日本経済のトップエリートです。国立の旧帝大と、私立のMARCH、関関同立までしか採用してくれません。偏差値50の日東駒専は対象外。書類選考の時点で7大商社におとされました。

 そこで仕方なく、学歴が関係ない、実力主義の外資系銀行・証券に就職しました。
人生の大きな挫折でした。学歴の関係ない外資系企業で働けたことは今から思えば幸せでした。

 しかし! 「転んでもタダでは起きない。」、というのが僕の最大の長所です(笑)。
25歳までには、伊藤忠の社員並みに、年収1千万円を超える!という中期計画をつくりました。ドイツ系銀行の給料は年500万円でしたが、副業でも500万円をかせぎ、25歳の時点で年収1千万円を超えました。もちろん会社には内緒です。クビにされますから(笑)。

 「伊藤忠商事が僕を雇ってくれないのならば、自分が伊藤忠になれば良い。」という発想のコペルニクス的転換です(笑)。自由な発想、創造力があれば、たいていの挫折は克服できると思います。

 人生には挫折がつきものです。いちど挫折すると、そこから立ち直るのに数か月はかかりますし、人によってはうつ病にかかる人もいます。

 そんなとき、自分の視野を大きく個人から→ 社会へ → 国家へ と、発展させて思考すると、おもわぬSolution(解決策)がでてきますし、燃えるようなヤル気が心の底からふつふつと湧いてきて、毎日がエキサイティングになります。

 「社会の固定観念などクソくらえ!」 というのも僕の(学歴のハンディキャップをひっくり返して生きてきた)もう一つの信条です。

 ミリ秒単位ではたらく毎日を縫って、婚活のお見合いをセッティングしているのも、少子化問題を民間事業者のちからで解決するという、国のためです。

 安倍総理大臣から昨年、「桜を観る会」への招待状を頂いたときには、胸が熱くなりました。カネのために生きるのではなく、国の繁栄のために生きる、というのは、伊藤忠の商社マンと僕との共通点だと思います。

 続きは、メルマガ 「熱血日記」から
 https://www.mag2.com/m/0001646353.html


35歳以上男女専門の結婚相談所・お見合い・婚活応援サービス【R婚】


 【 何のために働くのか 北尾吉考 SBIグループCEO 】

posted by ヒデキ at 00:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

究極のポジティブ思考を身につける

2018房総2.JPG

「ヒデキさんはなんでいつもそんなにヤル気にあふれてるんですか?」

と良く言われます。昔からそうだったわけではなく、生き残りの厳しい米系金融機関で20年も苦しんできたから、心をポジティブにする技術、アドレナリン吹きまくりの状態で毎日を過ごすための心の技術(ポジティブ思考)を学んだのです。

心の状態をつねにポジティブに保つ技術があります。
そうすると、一日の生産性が上がりますし、行動力も上がります。
ちっとやそっとのことで、あなたの心がへこむことはありません。
たくましいメンタル・タフネス(精神的な打たれ強さ)も身に付きます。

ビジネスマンや受験生、アスリートにも共通することですが、自分の思い通りに描いたレベルの結果をつかむ人とつかめない人には共通点があります。
それは“適応力がある”ということ。

そして、自分本来のパフォーマンスを発揮するには、“心の状態を整える”ことが必須の条件なんだ。心の状態が良いから何事にも適応し、質の高い集中力をたもてる。

どんなことでも、いい結果を出すためには、“状況に柔軟に対応していく”ことが必要なんだ。だから、うまく自分を変化させていく必要がある。

心の状態がいいから、何事にも適応し、質の高い集中力、行動力が発揮されるんだ。
感情が乱れることはあって当然、ではどうすればよいか?

“嫌な感情はすぐに手放すクセをつける”
そして、一時的に気分がへこんでも、すぐに機嫌のよい状態である時間を長くすれば良いのです!

 “嫌な感情を手放す”

自分が不機嫌なときに良いパフォーマンスを出すことはできません。集中して勉強したり、良いコミュニケーションをすることはできません。

どんなことでも、心の状態が整っていなければ、パフォーマンスは下がったはずです。心の状態が乱れたままで、状況や環境に柔軟に対応していくことはなかなかできません。

強く集中しているとき、自分の能力を発揮できたときや、良い人間関係ができたときのことを思い出すと、心が整っていることがわかるはずです。

つまり、心ほどパフォーマンスに影響を与えるものはないのですが、ほとんどの人は、心の大切さに気付くことはありません。
心は目にみえないからです。

年会費無料【YJカード】
お買い物100円毎に1ポイントたまるYahoo!ショッピングでのお買い物なら、なんと通常の3倍
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZAKWI+3AHA5U+38JK+HVNAR

でも、安心して下さい。心を複雑ではなくシンプルに考える方法があります。
心には “フローの状態かノン・フローの状態”この2つしかありません。

フローの状態というのは、アドレナリンがばんばん噴き出している、あるいは、ポジティブに仕事や勉強をしている状態。集中力が抜群で、活動に完璧に没頭している最高の状態です。

心がフローの状態にあれば、心が揺れたり悩んだりしてないのです。心が整った状態であれば、フローの状態といえるでしょう。
逆に、心がノン・フローの状態にあるときは、心がゆらぎ、とらわれて感情が乱れている状態です。

だから、心の状態はフロー(ポジティブ)かノン・フロー(ネガティブ)しかないということで、ノン・フローをフローの状態に切り替えれば良いのです!

 【感情にふり回されないコツ − いやな気分をすぐに手放す技術】

posted by ヒデキ at 12:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7大商社は資源で稼ぎ続けられるのか?

― 商社の資源投資は相場の変動をさけ、依然として慎重姿勢がつづく

 商社が世界各地で獲得してきたエネルギーや金属などの権益(けんえき)は、天然資源にとぼしいニッポンの生活と産業を支える供給力を担ってきた。

 たとえば、ニッポンの電力供給の4割をしめるLNG(液化天然ガス)。LNGの権益をはじめて獲得したのが三菱商事だ。

1969年、英蘭石油メジャー、ロイヤル・ダッチ・シェルと組み、ブルネイのLNG開発にのぞんだ。「失敗したら三菱商事がつぶれる!」と、迫真きわまるプロジェクトだった。
 
 72年の末に、大阪港に初のタンカーが入港して以来、三菱商事にばく大な利益をもたらした。現在、マレーシアやカタール、サハリンなどで商社各社がLNG権益を持つ。シェールガスでも、三菱商事、三井物産などが権益を持つ。

銅は三菱商事、三井物産、丸紅がチリの世界最大級の銅事業に進出。製鉄用石炭は三菱が、鉄鉱石は三井物産が強い。

 電気自動車の基幹部品、リチウムイオン電池の原料は、豊田通商がアルゼンチンの採掘事業に出資している。伊藤忠商事もアゼルバイジャンの石油などの大規模プロジェクトに出資している。

 資源ビジネスは相場に左右されるため、時におおきな損失をもたらす。原油価格急落で住友商事が3100億円の減損を2014年に計上。2015年には資源価格の下落で三菱商事と三井物産が会社設立以来、初の赤字を経験した。そして、非資源ナンバーワンの伊藤忠がトップに立った。

 その後の資源価格は上向いているものの、7大商社の姿勢は非常に慎重だ。
 

 35歳以上男女専門の結婚相談所・お見合い・婚活応援サービス【R婚】



 【 商社マンのお仕事と正体がよ〜く分かる本 第2版 】




posted by ヒデキ at 11:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月05日

箱根駅伝 

「なんでわざわざ正月から2日間もかけてこんなハードなスポーツやんのやろ?」
「正月にやらんでも、暖かいシーズンにやれば楽なのに。。。」

お雑煮をたべながら、いつも思うのですが、体力、精神力の限界ギリギリまで挑むストイックな選手、そして関係者の方々の努力には頭が下がります。

でも皆が休んでいる正月に、1年もかけて限界ギリギリまでのぞむからこそ、多くの人を惹きつけてやまないのでしょう。
加えて、湘南海岸から箱根の山をのぼり、芦ノ湖にたどり着く東海道の風光明媚なバックシーンも、この大イベントの隠れたスパイスになっているのに違いありません。

そして、いつもドラマがあります。
往路の6区で区間新記録を10秒上回り、3人ごぼう抜きした國學院大學の浦野選手、ゴール達成後は、ひょうひょうとした顔で「どんなもんや」と語っていました。凄すぎます(笑)。




よくこんな山を1時間も走りつづけられると、その超人的な体力と精神力には敬服します。

スタート直後に接触して足首をねんざし、ふらふらになりながらも走りぬいた大東文化大学の選手には、応援せずにいられませんでした。

選手をはじめ関係者は、正月返上でこの日のために準備を重ねてくるのですから、一瞬一瞬の緊迫感はハンパありません。テレビで見ていられるだけでもありがたいと思わないといけません。

選手の気迫と同じ勢いで、自分もこの一年間を乗り切ろうと思いました。
”箱根駅伝の選手とおなじ気迫で、1年間を働きぬく”

それが出来たら、どんな凄いパフォーマンスになるのでしょうか? そう思っただけで、いまからもうワクワクしています(笑)。
posted by ヒデキ at 21:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月02日

商社株はなぜ安いのか?

伊藤忠商事.jpg

PBR(株式の安全度。たとえ倒産しても投資家に元本が戻ってくる水準が1倍)は株式の割安感を判断するのに使われる指数だ。PBRが1倍を割るということは、市場から「会社を解散して資産を分け合った方が、株を買うより利益を得られる」 とみなさされたことを意味する。

三菱商事は0.84倍
三井物産は0.69倍
伊藤忠商事は1倍
丸紅は0.75倍
住友商事は0.7倍です。

ちなみに、みずほ銀行は0.47倍
トヨタ自動車は0.94倍
ソフトバンクは5.49倍です。

一方で、商社の配当利回りは高く、4%前後である。






商社は資源ビジネスが活況だった00年代にはPBRが2倍から3倍と買われていました。しかし2010年代に入り資源ビジネスが苦戦すると1倍以下に陥りました。ただし業績面を見れば絶好調。2018年決算でも、三井物産をのぞく4社が過去最高益でした。

それでも5社のうち4社のPBRは1倍以下のまま。
商社は配当性向を引き上げることで価値を高めようとしている。各社とも、2019年度は20%〜30%を公約している。

これは、業績向上だけが原因ではなく、各社とも投資規律を強化したこと、世界中で投資資産価格が上昇しており、買いづらい状況であること、財務基盤の強化という3つの要素が余剰資金を生み出し、株主還元にまわっているようだ。

商社にとっては配当性向30%は大盤振る舞いかもしれないが、他業種をみれば予想配当性向40%超に達する企業もある。

株の買い手からは、「配当性向20%では物足りなさを感じる。今後、世界景気が後退したら、より配当によって銘柄が選ばれる」と言われる。

配当金とならぶ“自社株買い”については、各社でばらつきがある。
三井物産や伊藤忠は2017年に実施、伊藤忠は2018年にも実施したが、三菱商事は否定的ニュアンスがつよい。自社株買いに否定的な広報担当者の中には、「自社株買い期間の値上がり益は、利ザヤをかせぐ短期投資家だけを利することになる。長期投資家の株主還元をしたい」 との思いがある。

また、自社株買いをするくらいだったら、借入金の返済にまわして財務基盤を強化し、株価を上げたいとの思いもある。

商社の株価が低い理由として、配当への不満に加えて、投資家のあいだに 「商社には飛躍的な業績向上はのぞめない」 との定評もある。2019年度は4社が史上最高益を更新するが、伸び率は前年比6%だ。

株式市場で好まれるのは、最終利益が前年比6倍増に達した黒鉛電極メーカー(昭和電工、東海カーボン)や、2.5倍の化粧品メーカーなどだ。

成長期待をはばむのは、さまざまな事業を兼業する総合商社ならではの事業構造だ。
多くの事業を持っているあまり、A事業が伸びてもB事業が足を引っ張る。悪い意味でもポートフォリオ効果が出る。そのため、会社全体の業績が飛躍的に改善しにくい。

海外の機関投資家は、投資効率の悪さに苦言を呈する。なぜこんなにROE(株主資本利益率)が低いのか? なぜこんなに巨大な有利子負債を持っているのに、利益をあれしか上げられないのか? といぶかる。

こんな株価が低い商社だからこそ、安定性もあり、長期投資家には良いのかもしれない。

 【商社 産業と会社研究 2019年度版】

posted by ヒデキ at 21:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浜松の実家へ

 皆さま、新年あけましておめでとうございます。新しい一年が、皆さまにとって健康で、楽しく、豊かで、愛情にあふれた一年でありますことをお祈りしています。

DSC00072.JPG

 ミリ秒単位で働く冬のイケメンも(だれや?笑)、正月は浜松で母の手料理を食べてのんびりしています。スティービー・ワンダーとディオンヌ・ワーウィックのデュエット曲 ”It's You"、だいぶ古い曲ですが、美しいメロディに体と心を癒されています。聞いてみて下さい!

https://www.youtube.com/watch?v=TGdAyiUupfQ

DSC00069.JPG

 【ベスト・オブ・ディオンヌ・ワーウィック】



 【厳冬にはグンゼの腹巻き】



DSC00062.JPG
posted by ヒデキ at 11:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

人生のマエストロ(指揮者)

 人生にはマエストロ(指揮者)を持っておくと、いろんな局面で助けられます。
 僕のマエストロは3人いますが、そのうちの一人をFacebook友だちの大学生もマエストロにしているということを知り、驚きました。30年たっても第一線で活躍しつづけている大前研一氏は、元マッキンゼー日本支社の会長まで勤め、その後起業されてビジネス・ブレイクスルー大学院大学を東証に上場されました。

 外資系コンサルとか、外資系金融の世界は、日本企業と比べたら超絶、生き残りの厳しい世界で、暗黙の定年が45歳というところからも、いかに “太く短い”人生かが分かると思います。

 新卒から外資系銀行、証券に飛び込んだ僕は、マエストロには松下幸之助とか本田宗一郎氏は選びませんでした。ゆったり動いて(稟議(りんぎ)システムVs トップ・ダウン式)、まわりの空気を読む日本企業の風土が合いませんから。

 代わりに、グローバルな考え方、合理性や論理的思考、即断即決や、勇猛果敢な決断力、行動力、というところを3人のマエストロからまなび、マネしていきました。
年会費無料【Yahoo! JAPANカード】



 大前研一氏はMIT(マサチューセッツ工科大)から日立製作所を経てマッキンゼーに入った変わり種ですが、80年代のロナルド・レーガン時代の日米貿易戦争の頃から、現地生産が進み、グローバル化が進んだ国際経済において、いかに貿易収支論争がバカげているかを論破していました。

 30年たってドナルド・トランプ大統領が、あいかわらずケインズ経済学にもとづく貿易戦争を各国とはじめ、いかにこの政策が不毛なものであるかは、大前氏の著書 「世界の見方、考え方」 を読めばいちもくりょうぜんです。

 なぜ貿易戦争が無意味かは、世界の基軸通貨、米ドルを理解すればわかるのですが、細かい話は、1月のマネーセミナーのときにお伝えします。

 経済理論だけでなく、外資系ビジネスマンに必須な論理的思考や、不安定な雇用のもとでの人生のかんがえかた、挑戦心をもって仕事にのぞむポジティブ思考を、大前氏から学びました。

 大学をでていきなり外国企業ではたらくという、乱暴なキャリアを歩んだ僕にとっては、挫折の連続で、凹むことばかりでしたが、週末に大前研一氏の著書を読むことで、天才肌の氏であってもマッキンゼー入社時は挫折の連続だったことを知り、おおいに勇気を頂きました。また、「たった一人の天才が一国の命運を変える」ということを知り、ニッポン経済を変えられる一個人になろうと志を立てました。

月曜日の朝に勇気をもって出社できたのは、大前氏と出会ったからです。
“平成維新の会” という生活者主権を取り戻す政治運動で、彼のもとで目黒支部長もやっていました(笑)。
(つづく)

 【 世界の見かた、考え方− 大前研一 】


posted by ヒデキ at 13:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

仕事納め

DSC00020.JPG

 (写真: 大手町の金融街)

昨日は大手町で仕事納めをしてきました。
ほぼ休みなく働いた一年が長く感じられます。

色々な方と会い、悩み事を聞いて、役に立てるように相談に乗ります。
白い紙に、現状の問題点、そして解決策をみちびく論理をわかりやすく絵に描きます。

最後には、解決策を箇条書きにしていく。ここまでくると、相手も表情があかるくなり、目が輝いてきます。
転職であったり、婚活であったり、キャリア形成であったり、新規顧客の拡大であったり、海外ビジネスへの進出であったり、資産運用、年金づくりであったり、人それぞれです。

そうしたさまざまな相談に乗って解決策に導き出すことができるようになったのは、自分がいろいろなことに好奇心を持って実践してきたからでもあります。だいたい、一個人で婚活取引所を経営する人なんて他にいません(笑)。
年会費無料【Yahoo! JAPANカード】



また、48歳にして初めて営業職に就き、試行錯誤を繰り返して未知の世界を知ってきたというのも大きいです。20代からずっと営業をやっていたら、当たり前の話をするだけで世間並みのアドバイスしか与えられないでしょう。新鮮味を感じられませんから。

今年でマネーセミナーも15回に達し、ファイナンシャルプランナーとしての財務アドバイスも板についてきました。来年からは、「大手町ビジネス英語スクール」も定着させて、ひろく多くのひとたちにビジネス英語をしゃべる面白さを伝えていきたいと思います。

皆さん、良いお年をお迎えください。
来年も明るく、充実した、そして豊かな年にしていきましょう。

【 日本の論点 2019-2020、大前研一著 】

posted by ヒデキ at 09:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする