2019年06月29日

就活に失敗した大学生の方、連絡を下さい


内定をひとつも取れなかった大学生の方がおりましたら、僕にメールを下さい。

内定を取るために必要な、採用担当者から見た基準、業界研究、必ず内定を取る戦略のたて方、面接技術まで、無償でお伝えします。
就活に失敗して鉄道飛び込み自殺をする女子学生が毎年いるというニュースを聞いて、胸が張り裂けそうになりました。

21歳まで生きて、高校受験、大学受験とくぐり抜けて、これからやっと社会に出るという直前に、命を絶たなければならなかった女子学生の心の中を推察したら、涙が出ます。

彼女たちの親御さんの気持ちを考えたら、どれだけ可哀相でしょうか。いたたまれません。

しかし、就活の技術には、一定の法則があるのです。それを知っているか、知らないかで、人生は暗転も好転もします。

僕は偏差値50台の “日東駒専 “ から米ゴールドマン・サックス証券に就職しました。

高尾山に登る軽装で、チョモランマ登頂を果たした、みたいなレベル感です。
やり遂げました。。。

履歴書や職務経歴書をドレッシングする技術(装飾技術)や、実力が40点しかないのに、面接官の前では、あたかも実力が120点くらいあるように見せかけるトーク技術(話術)が、メチャ凄いのです。

要は、 「内定さえ取れれば勝ち!」
なのです。

あなたの居場所は、必ずあります。
実業界は、学歴だけではありません。

決して自殺などしないで下さい。
僕のEメールアドレスは
nekketsu9@gmail.com
です。


【 就職活動が面白いほどうまくいく 確実内定 】


 【 面接官の心を操れ! 無敵の就職心理戦略 】

posted by ヒデキ at 17:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

ホルムズ海峡はどうなるか

タンカー.jpg

 ホルムズ海峡を運行中のタンカー2隻が攻撃されました。
もう30年も前から、イスラム原理主義国のイランが国際社会から孤立すると、
ホルムズ海峡を軍事封鎖されて、世界経済は原油不足でパニックに陥るという危機説がうたわれてきました。

 それが現実問題として迫ってきたのが昨日の事件です。

 僕は大学の卒業旅行で、当時イラン・イラク戦争をやっていたイランに3週間の旅行をしました。
イスラム革命を起こした当時のホメイニ最高責任者の反米路線は強烈で、市内の大きな建物には「Down with USA!」(米国よ、地獄に落ちろ!)というスローガンが真っ赤な字で書かれていました。

 イランの首都、テヘランと、イラクの首都、バグダッドのあいだで、地対地ミサイル攻撃がはじまり、ロシア製のスカッドミサイルが夜中にテヘラン市内に着弾する重い音が鳴り響き、「うお〜!これが世界や!」と、広い世界を体感した興奮を、今でも覚えています。

 浜松の実家にいたお母さんが、東京・外務省に電話をかけて、「うちのヒデキちゃんは生きているんですかっ!?」 と、実家が大騒ぎになっていたのを知ったのは、卒業旅行から帰ったあとでした。外務省に電話をかけるとは! 親の愛は、海より深いのだと実感しました。。。

 昔は親米路線のパーレビ・シャー大統領がいたのですが、イスラム革命でイランの政体は逆転しました。
 さて、このあとホルムズ海峡危機がどうなるかを考えると、読み解くカギはドナルド・トランプ世界皇帝にあります。

 ドナルド・トランプ世界皇帝が、ホネメイ最高責任者の挑発に厳しく対処するか、あるいは大目にみて、好きなように泳がせておくかで、世界経済は安定か、石油危機に陥るかに分かれます。

 彼の思考回路は、「アメリカ経済第一主義」 と、2020年の大統領選で勝つことにあります。
 たとえ他国が経済的に苦しくなっても、アメリカ経済がひとり勝ちできれば、他国のことなど 「オラ、そんなのカンケーね〜!」 とやるわけです。45代大統領のなかで初めての実業界出身者ですから。

 また、来年に迫った大統領選挙で、2期8年つとめることが彼の最大の目標です。
そのためには、ニューヨーク・ダウ平均株価を高く維持する必要があります。

 昨日、原油先物市場が高騰しました。当然です。石油の供給がひっぱくする危機にあるのですから。

 すると、アメリカの株式市場で大きな時価総額を持っているエクソン・モービルやテキサコ、シェブロンといった大手石油会社の株価は上がります。

 こうした会社の株価が値上がりすると、ニューヨーク・ダウ平均株価を押し上げるわけですから、株価が高いあいだは、彼は2期連続して8年間、米国大統領の座をたもつ可能性が増えるわけです。

 となると、ドナルド・トランプ世界皇帝にとっては、ホルムズ海峡危機は、プラスなわけで、ハネメイ最高責任者に厳しく対処するよりは、好きなように泳がせておく可能性の方が高いと思います。この場合、ガソリン価格も当分のあいだは高いでしょう。

 一方で、今回の事件は、ハネメイ最高責任者がトランプさんとの首脳会談を演出するために仕掛けたスパイスだと考えることもできます。タンカー2隻が沈没しなかったところから、この可能性も強いと思います。

 本当に中東危機をあおることが目的だったら、沈没させるのが筋だからです。
あるいはホルムズ海峡危機は一過性のテレビドラマだったという可能性もまだ、捨てきれません。

 イランのハネメイ政権の目的がどこにあるかは、数日のあいだに明らかになると思います。
posted by ヒデキ at 11:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴールドマン・サックス証券(3) 

アーク森ビル .jpg

  −終わりの無い面接試験

  1次面接が終わってしばらくして、結果が気になったのでヘッドハンターに電話したが、
「上司になる予定のミックさんがロンドンに出張中なので、しばらくお待ち下さい。」とのこと。

 上手くいけば僕が仕えることになるであろうこの方は、月に何度も海外出張をしていらっしゃる。今後を考えて不安が襲ってきた。
「大丈夫かな。僕が家を空けてばかりいたら家族とも疎遠になるだろうし、アメリカやイギリスは時差が大きいから、体がぼろぼろになるんじゃないかなあ。ただでさえゴールドマンは ”ウォール街の不夜城” と揶揄(やゆ)されるくらいにハードな会社だから。」 

 その一方で、「でも海外出張が頻繁にあれば、まさかエコノミークラスということも無いだろうから、シャンパンを飲み、カナッペなんかを頬張りながら映画を見たり、Timeやニューズ・ウィーク誌を読みふけって、もう正真正銘の国際ビジネスマンだな。エルメスやディオールのネクタイを免税店で買って、ファッションでも友達にも差をつけられそうだな。

 NYやロンドンに行けば、ちょっとした空き時間にイエローキャブに乗ってあちこち観光も出来るかもしれないし。」 と、都合の良い妄想をした。
 やっと2回目の面接をセットアップしてもらうと、またいそいそと赤坂アークヒルズへと出向き、今度は更に上のクラスの日本人男性が出てきた。甘い香りのするオーデコロンをして、品の良いカジュアルジャケットと茶色の革靴を身にまとい、

 「最近までカジュアルフライデーだったのが、毎日カジュアルデーになりました。余程のことが無ければネクタイを着用する必要はありません。」と、説明してくれた。

 働くスタイルから話が始まり、アメリカの会社だから実績が大事で、労働時間の長さや働くスタイルは各人に任され、別に会議中に飲み物を飲んでも構わないし、席で物を食べながら働いても構わない、会社は個々の働き方にまであまり干渉はしません、といった話をされた。

 そしてつい最近、社員サービスのために、社内に業者さんを入れて朝9時と午後3時に山盛りのフルーツをバスケットに入れて各セクションごとに配るサービスが始まったと教えてくれた。

 朝早くから働いている社員や、夜遅くまで働く社員がお腹の減り具合を気にすることなく仕事に集中できるだろう、という説明だったが、まさに高級ホテル並みの待遇で、まるで別世界でも覗いているようだった。

 ここまで至れりつくせりのサービスを提供すれば、きっとゴールドマンが東京市場で人を採用するのに強烈な武器になるに違いないと思った。 しかしその時点では。。。つづきはメルマガ ”熱血日記” をお読みください。

https://www.mag2.com/m/0001646353.html

 【 ユダヤの商法、藤田田−元日本マクドナルド社長 】



多くの経営者に影響を与えた大ベストセラー
幻の名著復活
私はあなたに巨億の富を保証する
ユダヤ商法の「定石」こそ金儲けのノウハウ
総計240刷、82万7000部。あの伝説のベストセラーが今ここによみがえる。
どうすれば金持ちになれるのか。その答えは世界の巨富を一手に集めるユダヤ商法の「定石」にあった。「定石」とは何か。それは、「銀座のユダヤ人」と呼ばれた著者が勝ち得た金持ちになるための原理原則。全世界でいまだに通用する唯一の「商法」である。
「定石」さえ守れば、金儲けなんか誰でもできる−−本書は、夢を抱き、巨万の富を築き、新しい未来を自らつくりたいと望む若者やビジネスマンには必読のノウハウだ。
1972年5月刊行初版本を底本に、新装版としてここに読者待望の復刊!
posted by ヒデキ at 11:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月06日

すべての首都圏の若者に結婚の機会を! 

長崎 平戸 夕陽.jpg

 − TME東京婚活取引所、個別マッチング部門からのお知らせ

 3250万人が住む東京首都圏の、すべての若者に大量に結婚の機会を提供しているのが東京婚活取引所です。

 婚活パーティ部門、個別マッチング部門、バツ1バツ2部門と、多くのマーケットをカバレッジする部門の活動が、支えています。40代、50代のシニアの皆さまにも、セカンドライフのパートナーを、個別にご紹介しております(無料)。

 日曜日の朝、ゆっくり起きてくると、妻の淹れてくれたドリップコーヒーをリビングで飲みながら、トミカのミニカーやプラレールで無邪気にあそぶ乳幼児を見ながら微笑む。

 人間として当たり前の幸せを、すべての首都圏の若者に提供しております。
個別マッチング部門は、無料で(飲食代のみ)提供しております。

 パートナーと知り合いたい方は、個別にメッセを下さい。
Eメール: nekketsu9@gmail.com

TME 東京婚活取引所 Tokyo Matching Exchange
個別マッチング部門

 【必ず結婚できる45のルール】
posted by ヒデキ at 21:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月25日

恵比寿・代官山ホームパーティのお知らせ! 

【恵比寿・代官山ホームパーティのお知らせ! 6月1日(土)19:00】

恵比寿お茶会.JPG

恵比寿代官山2.JPG

恵比寿駅、代官山駅の中間、丘の上にある瀟洒なマンションで、ワインとビールを片手にジャズを聴きながらホームパーティをします!

2000円で、軽食も付きます。
幹事はヒデキですから、楽しく面白い話をたくさん聞けます。
最大10名で締め切ります。

男女比半々くらいで集めますので、先着順ではございません。
土曜日の夜を、まったり、落ち着いて楽しい時間を過ごしませんか?

希望者の方は、DM下さい!nekketsu9@gmail.com
お待ちしております!
posted by ヒデキ at 22:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

ゴールドマン・サックス証券(2) 終わりのない面接試験 

アーク森ビル .jpg

 1位 銀行、2位 証券会社、3位 資産運用会社と序列がならんでいた日本と違い、欧米では1位 投資銀行(証券会社)、2位 資産運用会社、3位 商業銀行と序列が出来上がっていた。中でもメリルリンチ、モルガン・スタンレー、ゴールドマン・サックスの3社がウォール街の頂点を成していた。

 証券会社と銀行とでは収入も格段と違い、90年にサンディ・ワイル会長率いるトラベラーズグループがシティバンクと合併した時には、証券会社出身のサンディ・ワイル会長の年収が100億円を超えていたのに対し、商業銀行だったシティバンクのジョン・リード会長のそれは20億円超と、露骨に差が出ていた。

 アメリカでは80年代までソロモン・ブラザーズという債券トレーディングで名を馳せた証券会社がウォール街の頂点に君臨していたのが、2000年になる頃には急拡大を遂げていたゴールドマン・サックス、モルガンスタンレーが頂点を占めるようになっていた。

 日本では、外資系銀行や証券が87年から数10人単位で新卒採用を始め、マネックス証券を立ち上げた松本大(おおき)氏もその中の一人だった。

 なぜゴールドマンに憧れたかと言うと、その実力振りと高名なところも去ることながら、当時松本大氏がゴールドマンを辞して一からマネックス証券を立ち上げたニュースが盛んに報道されていたことが大きい。

 東大法学部から新卒でソロモン・ブラザーズ・アジア証券に入社した松本大氏がその後、ゴールドマン・サックス証券に転じ、わずか30歳にしてシニアパートナーに昇格し、ゴールドマンの創業者と同じ年齢で、しかも非英語圏から共同経営者に昇格した。

 その後、99年にゴールドマンが株式を公開した時まで勤めていれば数十億円の創業者利得が得られたのにも拘らず、直前に会社を辞め、その後の金融取引の主軸となるネット証券を立ち上げたのだから周りを唖然とさせた。

 "年にしたら自分とわずか2歳違いにも拘らず金融界の若き天才がいる!
 若いうちから自分の才能に枠をはめてどうする! "

 ”すべからく夢は追うべし!” と、情熱をもっていそいそとゴールドマンの面接試験に出かけて行った。
 今は六本木ヒルズの最上階にオフィスを構えているが、当時は赤坂アークヒルズに10フロアを借りていた。

 高収入に、マホガニー色でかたどられた優雅なオフィス、一人一人のデスクがキュービクル形式で作られ、英語が飛び交い、扱う金額は桁違い。

 金髪の外国人があちこちにいて、内外の大学院でMBA(経営学修士)や弁護士、CPA(公認会計士)を取ったプロフェッショナルがそこら中にたむろするインテリの会社、そして高価な綿100%のワイシャツを身にまとった社員の背中からは、焼け付くような緊張感が滲み出していた。。

 「田舎者で、頭も学歴もまったく冴えない自分が、ここにいる金融マンの中でやっていけるのだろうか!?」
 「日東駒専の出身者なんて、200%いそうもないな。。
大丈夫かな?」

 あたかもタイの山奥、チェンマイからデイパックを背中にしょって、生まれて初めてニューヨークのブロードウェイにやってきたおのぼりさんのような僕は、周りを見渡して、不安な気持ちに駆られた。
。。。つづきはメルマガ ”熱血日記” をご覧ください。https://www.mag2.com/m/0001646353.html

 【 ユダヤの商法 藤田田、日本マクドナルドの生みの親 】

posted by ヒデキ at 23:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

新産業創造委員会の発足 

 「ミリ秒単位で仕事しろ!」

 がモットーの私ですが、今日も悩める首都圏の婚活女子、男子を救うために、土曜日というのに婚活の個別マッチング・ランチを含め(保険の提案も!) 4面談を終わりました。

 日曜日も4面談あります。

 今週は、水曜日に代官山(渋谷区)で、“新産業創造委員会“ というチームを発足しました。
クリエイティブなひとたちを集めて、新規事業を創出し、ニッポンの社会問題を改善していく民間組織です。

社会にガツンと衝撃を与えるような経済拡大が出来ればと思います。

“日本の弱いところを強化する“ をビジネスにすれば、需要はありますから、
メンバーでガンガン、ブレストして、実際に立ち上げるところまでやりたいと思います。

じゃあ何が弱いところかと言うと、

1 少子化問題
2 コンピュータ・サイエンス技術者の少なさ
3 輸出比率の低さ

ここにフォーカスすると、新たなビジネスの種がいくつも出てくる訳ですね!
周りにいる才能を集めて、社会にガツンと衝撃を与えるくらいの新しいビジネスを創りたいと思います。
posted by ヒデキ at 21:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月03日

平成バブル景気はこんなに凄かった!(1)

バブル .jpg

Facebook友達の笹子さんが、平成バブル期の景気がいかに凄かったかという話をブログで書かれているので共有します!懐かしいです!(1988〜1994年)

平成が終わって令和になり、今の若い人達は平成バブルがどれだけ羽振りが良かったかを知らないと思います。法人接待費は青天井で使いたい放題。文字通り、ナンでもアリ!の世界でした。日経平均株価は38,915円を付け、株式時価総額も世界第1位。

「大日本帝国」が、→ 「大日本経済帝国」に、名前でも変えたのか!?
みたいに世界は驚いていました。。。

ちなみに、笹子さんは埼玉銀行から為替ブローカーのメイタン・トラディションでディーラーを。僕は新卒のピチピチ・ボーイでドイツ系銀行の資金決済部で、為替や日本国債の決済を、ミリ秒単位でまわしていました。 

「あ〜らカワイイ新卒の男の子が入ってきたわね!」と、40代オバヤン女子社員から、まるでペットのように扱われていたのが、今から30年前のバブル期の話です(笑)。

 (引用)
”平成バブル接待事情も暴露しちゃおう!時効だ〜〜”

昨日、、
平成バブルに踊らされた私たち!!明日から令和だ〜
を書いたら反響がすごかったので、

平成バブル時代色々とあったことも墓場まで持って行こうと思ったが
今は、銀行関連話の暴露ドラマもあるし、ならばということで
ブログで公開してしまいまっせ!!!!

平成バブル時代は仕事は接待で決まったと言っても過言でなかった。

毎晩飲みに言っては、翌日プライス(仕事)をもらうのが常だった

でも、公私混同してしまって、

接待と言ってディラーの名前を利用して個人的に

飲み食いするやつもたくさんいた。同期の坂上くん元気かい?

領収書を偽造したり、14500円の領収書に1を書き加えて

114500円にするとか、

1を4にしたり、1を7にするなどなんでもありだった。。

接待費プラスアルファーでちょろまかしていたわけだ〜〜
高級なお酒を贈答品として購入して自分でがめる奴までいた。。。

お中元やお歳暮も、伊勢海老を2匹も送るブローカーもあった。。
それを自分の親戚や友人に送ってしまう奴らまでいた。。

マドンナが日本初!ヘアヌード写真集を出した時は、
ディーラーに頼まれて1冊1万円の本をたくさん買い占めて
配布したりもした。テレビで放映されて全国放送で顔が出て

しばらくどこに行っても有名人になってしまった
私は、どんどん大手銀行の担当を任されてしまい、

月〜金の5日間では接待しきれない事態に、、
某埼玉銀行などは支店時代の同期がディラーだったので
請求書を送ってくれと、勝手に飲み食いしてもらった。。

総務のおばちゃんに
「 同じ日になんで違う銀行を接待しているの? 」、と
問い詰められたが、、なんとか乗り切った。。

某太陽神戸三井銀行、某住友銀行、某第一勧業銀行、
皆さんありがとうございました〜〜

銀座の高級クラブも20代にして入り浸り、、
若かったのでホステスにはモテた、同伴もよくやった

毎晩数十万落とすわけだからモテないはずがない、
でもずっぽしはしていない〜〜〜しておけばよかった

バレンタインデーやクリスマスに
会社まで着物で差し入れを持って来られたのには参った、

総務から受付に綺麗な女性が来てますよと、
嫌味ったらしく内線電話が鳴った、、、

同期のブローカーは飲みすぎで病気になる奴、
銀行に怒鳴りつけられすぎて気が狂って退職する奴、
接待費と自分のお金の区別がつかなくなり借金を抱えて
自己破産する奴などが続出、、今では連絡がつかない奴ばかりだ

あとは、なぜかガンで死ぬ奴も多かった。。
私の場合は、接待してプライス(仕事)をもらうだけでなく、
のちにマネージメントになった時に役立ったことがあった
部下たちがチョンボをしたことがあった、、
取引後、相手先の銀行の口座番号を間違えて伝えて
10億円以上誤送金してしまうという大問題を起こした時に、

某都市銀行の資金為替部長から外線電話がかかってきて、
『10年前に接待でお世話になったのでなかったことにしよう。。
昔の接待の御礼がこれでやっとできたよ』と言われたことや、

これまた間違えて取引してしまいこののままだと数億円の
大きな損害が出てしまうというときも、某為替専門銀行の部長から
外線電話がかかってきて、ナッシングダン(約定なし)

その代わり、またノーパンしゃぶしゃぶにまた連れて行ってくれとか
言われたりと、、(お安い御用だ〜〜〜〜)→パンシャブ詳細

などなどトラブル回避につながったことが多かった。。
平成バブル時代はなんでもありの世の中だった、、、

でも私は厳格な親父の教育の影響か、新卒の時に、一応まともな
埼玉銀行時代を数年経験したからなのか、なんとか
こんなめちゃくちゃな業界でも人の道を外さずに
生き残ってこれたのだろうと思っている。。

続く?????何が〜〜〜〜

【 ザバス プロ ホエイプロテイン バニラ味 40回分 】


posted by ヒデキ at 21:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月11日

安倍総理大臣から手紙を頂きました

安倍総理大臣1.jpg


 2年つづけて、国の首相から、「桜を観る会」へ呼ばれました。
皇族、スポーツ選手、芸能人、経済界の代表が呼ばれて新宿御苑で花見をする年に一回の式典に呼ばれました。

 思わず胸が熱くなりました。ビジネスマン冥利に尽きます。
国の経済をささえる一員として、頑張って行こう!と思いました。
 僕は大学卒業後、第1の人生を、外資系金融で働いてきました。

 ドイツ系銀行や米系証券会社、米系銀行などで第1の人生の30年間を働いてきました。
第2の人生(50代から70代までの30年間)は、ニッポンのGDP(Gross Domestic Products:国内総生産) を拡大させるために、ガムシャラに働こうと思います。

 外資系生保の外交員として、1年360日、土日も祝日も、パソコンの入った重いバッグを背負って、営業しています。

 また、非効率なニッポン経済をすこしでも効率化することで、国のGDPを拡大しようと、TME 東京婚活取引所を主催したり、海外と取引できる英語力を鍛えるためにビジネス英語の講師をしたり、大学生や20代のビジネスマンに、ポジティブ思考を教える講師をしています。

 非効率な婚活市場も(成婚率が低すぎる)、ニッポン人の語学力の低さも、「上司が残業している間は、部下もいっしょになって夜遅くまで残業をする」 といった非効率な働き方も、枚挙にいとまがありません。

 ニッポンより人口の少ないオランダ、ドイツ、台湾は、輸出比率が45%〜66%(GDPに占める割合)と、一人当たり生産性がメチャクチャ高い理由は、語学力が高いから、海外営業ができるというところにあります。

 それに比べて、中学から大学まで10年間も英語を学んだのに、海外でビジネスができる人が少数しかいない現状は、どれだけ知的に怠惰かと思います。

 保守的な徳川時代が400年間もつづいたおかげで、すっかり私たちのDNAは、アタマを使わない怠惰な思考回路に漬かってしまったと思います。くだらない芸能人や、お笑い芸人が、テレビを朝から深夜まで垂れ流しにしている現状が、ニッポンの衰退の根源だと思います。

「周りの空気を読んで行動する」 とか、テレビから流れてくる情報だけを信じるとか、自分の頭で死ぬほど考えない人間が多すぎると思います。周りの情緒にながされるだけで、論理的にかんがえることをサボる国になってしまいました。
 
 僕は、こんな非効率なニッポン経済に、刺激をあたえることで、子供達の世代や、孫たちの世代、そして、まだ顔もみたことのない、未来のニッポンのこどもたちに、豊かな経済を残すことができるよう、精一杯、頑張って行きたいと思います。

 明後日は、桜を観ながら、未来のニッポンに想いをはせたいと思います。
posted by ヒデキ at 23:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月31日

代官山お茶会のお知らせ

恵比寿お茶会.JPG

代官山お茶会2.JPG

 4月6日(土)の午後13:00−15:00に、お茶会を東京・代官山で行います。
サロンでコーヒーを飲みながら、「究極のポジティブ思考」を身につける方法をお伝えします! 会費はお茶代の500円です。

 @ 熱狂的なヤル気が出てくる。
 A メンタル・タフネス(精神的な打たれ強さ)が付く。
 B 時間の使い方が上手くなる。  
 C 絶えず明るくなる。人から好かれるようになる。
 D 挑戦を恐れなくなる。大きな目標に向かっていく。

参加希望者はメッセージを下さい。追って詳細をお知らせします。
E-mail: nekketsu9@gmail.com
posted by ヒデキ at 22:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする