2019年08月11日

究極のポジティブ思考を身につける(8)

千葉県富津市.jpg

ー 「乱さない」 より、「切り替える」 がカギ
 (写真:千葉県富津岬)
 多くの人が、心の状態はパフォーマンスにはあまり関係ないと思っています。
だから、やることを決めて “たんたんと”やることが最善だと考えています。
しかし、心の状態がよくなければ、やるべきことを “たんたんと”することすらできません。

行動の質には、心が大きく影響するからです。自分の心の状態に気がつけば、心はフロー(ポジティブ、生産的)に傾くのです。

では、心の状態に気づくには、どういうことを日々、心がければ良いのでしょうか?

自分の心の状態に気づくには、外側に向かっている認知機能(脳のなかで記憶、思考、理解、計算、言語を担当しているところ)とは違う、ライフスキルを働かせて、自分の内側に目を向けさせなくてはいけません。

自分の内側を見るためには、「今、ゆらいでいるな」 「今、心はノンフロー(ネガティブ、落ち込んだ状態)になっているな」 という心の状態に気づくことです。

そう考えると、心の乱れから目をそらさないことが大切になります。
ノンフローの状態になっていけないわけではありません。
とらわれてはいけないわけではありません。

心の状態が乱れても修正する。または、整った状態を持続させるためには、感情に気づくことが大切なのです。

「今、自分はとらわれているな。」といった、心の状態にまず気づくということを徹底的に習慣にすれば良いのです。

要するに、自分の心の状態に無関心であることが問題だということです。

「ゆらいでいるな」と気づけば整った状態にも傾けられますが。。。つづきはメルマガ 『熱血日記』から! 
https://www.mag2.com/m/0001646353.html

(引用: 感情に振り回されないコツ)

posted by ヒデキ at 20:06| Comment(0) | 頭の回転が速くなる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

究極のポジティブ思考を身につける(9)

木更津.jpg

− 変えられないこと、不確かなことには付き合わない。 
 (写真: 千葉県木更津市)

 多くの人は、物事の判断を迫られたときに、大きく2つに基づいた選択を行います。
ひとつは、過去の経験から選択を導き出す。もうひとつは、未来に達成したい目標から逆算して、それにつながる選択をする。

 これは、人間として当然の選択法です。しかし、何かの選択をする際にそれらにとらわれていてはなかなか最善の判断はできません。

 大前提として心がフローな状態(ポジティブ)な中で選択をしなければ、自分本来の能力を最大限に発揮することはできません。 

 脳機能自体が落ちてしまい、判断力が下がるので、「今、何をすればいいのか」 という判断のレベルが下がってしまいます。当然、過去の経験を活かしたり、先を読んでの行動もできなくなります。

 過去の悪いことばかりが記憶から引っ張り出され、未来への不安ばかりが大きくなり、結局いい選択ではなく、現状よりは悪くならない程度の決断しかできなくなるのです。

 「これをやったらみんなからどう思われるだろう。」
「あれをやって失敗したしな」
 といったことばかりが気になっていたら、判断のレベルが下がるのは当然です。

 つまり、過去と未来に思考が引っ張られ、「今、何をすればいいのか」 ということをうまく考えられなくなるのです。そうすると、ますます心の状態は乱れてしまいますから、自分本来の力を発揮できなくなるのです。

 では、過去と未来への思考から解放され、物事を選択するにはどうすれば良いのでしょうか。それは、 “一瞬一瞬に生きる” と考え、過去や未来から脱出することです。

「この瞬間を大事にする」 と考えることで、心の状態は整っていきます。過去や未来に引っ張られる思考を今、 “この瞬間” に集中させることができれば、あなたは集中力を発揮します。
こんな単純なことですが。。。

 つづきはメルマガ ”熱血日記” から! https://www.mag2.com/m/0001646353.html

 【 アンソニー・ロビンズ ”人生は一瞬で変えられる 初来日セミナー 】
posted by ヒデキ at 19:54| Comment(0) | 頭の回転が速くなる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月03日

究極のポジティブ思考を身につける(7)

2018房総.JPG

 ― 心の3大法則を知れば、一気に満足感が生まれる!

  東京首都圏の鉄道飛び込み自殺は年間530人を上回っています。この連載シリーズは、鉄道飛び込み自殺者がゼロになるまで、つづけて行きます。

  ほとんどの人は認知機能を優勢に働かせて、心の状態を整えるライフスキルを働かせていません。これが原因で心がぶれてしまい、自分の軸を不安定なものにしています。

認知機能は「なにをするのか?」 という行動の内容を決めることを担当しています。脳のなかで記憶、思考、理解、計算、言語を担当しているところです。自分のやるべきことを明確にしてくれます。

 でも、あなたの行動の質をよくするには、心の状態が大きく関係してくるのです。

たとえば、出勤前にお母さんに叱られて、心が傷ついたり、嫁さんから
「あなたは子育てを私ばっかりに任せきりにして!」なんて背後から叫ばれて玄関を出ようものなら、午前中の生産性はマイナス200%ですよね?

 「オメ! だれがこの家にゼニ稼いでやってると思うとんのや!」 と言い返したところで、マイナスの状態は変わりません。生産的に考えましょう。

だから、心の存在と、心の状態の価値に気が付かなくてはいけません。
アタマのちょっと上空に、もうひとりのあなたがいて、自分の心の状態を客観的に見たら良いです。

 心には3大法則があります。
法則1は、人間にはどんな瞬間でも必ず心の状態があるということ。
法則2は、心の状態には、フロー(ポジティブ、生産的)か、ノンフロー(後ろ向き)の2種類しかないこと。
法則3は、フロー状態なら、行動の内容を明確にし、実行する機能が高まること。

 だから、結果を出していく一流の人たちは、より有効な行動の内容を見つけ、実行する機能が高まるので、心の状態にこだわるのです。

 ネガティブな考え方は頭のなかから排除して、こころを瞬時にポジティブに切り替えていきます。そうしないと、質の高い時間は過ごせませんし、質の高い仕事もできません。

 多くのひとは、行動の内容を明確にすることだけに意識がいきすぎています。心の状態をクリアにする(集中力をとぎすます)ことに神経が行きません。

 これは、アクセルはガンガン吹かすが、エンジンオイルをきれいにすることを忘れて爆走するドライバーみたいなものです。オイルが汚れている状態で、アクセルをふかしても、いい走りは出来ません。

 街中を走るくらいならば、少しくらい汚れていても良いですが、車のレースでは、オイルがきれいになっていることが重要です。

 自分のなりたい姿の実現をめざす人は、そこそこの走りで満足すべきではありません。
自分の心の状態と自分自身の機能(認知機能)の両方に敏感になって、機能をたかめていかないと結果は出ません。

 ネガティブな感情が生まれてきたら、すぐに排除する処方せんを20も30も作っておきましょう。

・ 自分の目標がいかに大きく、社会に役立つか、もう一度思い起こす
・ 好きな友達、仕事のパートナーと、仕事がうまく運んでいる姿を想像する
・ 自分が世界の中でたった一人の価値ある人間である理由を思い出す
・ ネットで石原さとみの写真を見る(嵐の桜井くんでも良いです)笑
・ 携帯音楽プレーヤーでパット・メセニーの音楽を聴く。
・ 財布に入れた子供の写真を見る
・ 自分の達成したい目標を思い出す

 心が整った状態でなければ、あらゆる時間で自分の機能は下がり、ブレない自分をつくることはできません。

 (つづく)

 【 引用:感情にふり回されないコツ − いやな気分をすぐに手放す技術 】

posted by ヒデキ at 22:23| Comment(0) | 頭の回転が速くなる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

ポジティブ思考へ! (24) 一瞬で自分を変える方法

カリフォルニア州Burbank.jpg
 写真: カリフォルニア州Burbank

 − 自分は成功していると心の底から信じる 

 自分は何をするのがいちばん得意で、どの分野で成功してきたかを考えてみましょう。あまりにも多くの人たちが自分の成し遂げた業績よりも、過去にした失敗について考えることに多くの時間を使っています。

 その結果、脳ミソの中にマイナスの感情をそそぎ込み、あなたの貴重な一日の数分や数十分の時間を、熱狂的なヤル気からそいでしまいます。ある意味、しかたがないかもしれません。人間は、疲れてくると、頭の中もだんだんマイナス思考が強くなる性質を持っていますから。。。

 これは実にもったいないことです。この1日、この1か月、この1年に成しとげたことを、
ほんの数分でいいから考えてみましょう。そして次に、未来を展望し、自分が短期的・長期的になしとげたいことを考え、メモ帳に赤のマジックで書き、その目標に向かって進みましょう。

 後ろを振り返ったときに、誇りを。。。
ここから先はメルマガ ”熱血日記” を購読してお楽しみ下さい。
http://www.mag2.com/m/0001646353.html

 (つづく)
 
 【 アンソニー・ロビンズ 初来日セミナー 人生は一瞬で変えられる 】
posted by ヒデキ at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭の回転が速くなる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

ポジティブ思考へ!(23) 一瞬で自分を変える方法

茅ヶ崎海岸.JPG

 − 毎日、目標を白い紙に書きだす

 朝、起きたときから夜、布団に入るまでの17時間をアドレナリンをバンバン噴出しながら熱狂的なヤル気とともに過ごせる楽しい思考方法を連載しています。

 写真は神奈川県茅ヶ崎海岸ですが、ここに行くのを土曜日の夕方の目標として、昨日の目標のひとつとして白紙に書き出していました。

 あなたの思考をポジティブ思考に切り替えるいちばん大切なことは、
“マイナスな思考を脳の中から排除する” ことです。会社や学校の嫌なこと、上司や部下の嫌な人、人間関係で抱えた悩み、そうしたマイナスのことを徹底的に脳みそから排除することで、あなたは貴重な一日を明るく楽しく過ごすことが可能になります。

 ではどうしたら可能になるのでしょうか? ひとつの有効な方法が、“毎日、目標を白い紙に書き出すこと” です。朝から晩までにすることを白い紙に箇条書きにしていきます。

 そして、一日は、余計なことを一切考えずに、1番から10番まで順番に機械的にインプリメンテーション(実践)していき、終わったら鉛筆で順次消し込んでいきます。

 こうすると、あなたの頭の中にはマイナスな思考が浮かぶ暇が無くなります。一日一日を熱狂的に過ごす秘密の方法です。僕はこの習慣を34歳のときから守っています。ゴールドマン・サックス証券の東京オフィスで、中途入社者に会社のカルチャーを教えるセミナーに複数回呼ばれました。

 各部門でマネージング・ディレクター(役員)まで出世した若き成功者が順番に登壇し、なぜ自分は成功したのか、という話を順番にすることで、ゴールドマンのカルチャーを教え、中途入社者に夢と希望とアドレナリンを注入してくれたのです。このセミナーは大好きでした。

 ニューヨーク本社のFICC(債券・為替・商品取引部門) で日本人で唯一のMDとして、商品先物トレーダーとして活躍されていた男性が、この会社の文化や、資産運用の法則を教えてくれました。

 最後に質問の時間となり、100人ほどいたセミナー会場で、僕は手を挙げました。「あなたが成功した理由で一番大きかったものは何ですか?」と聞いたところ、
「君はおもしろい質問をするねえ。」と返し、会場は大爆笑につつまれました。

 ほとんどの若者は、「デリバティブ市場の将来は。。。」とか、「オプションでガンマがベータをヘッジして。。。」とか、金融工学に関する質問ばかりだったからです。

  この先はメルマガ “熱血日記”からご覧下さい。
http://www.mag2.com/m/0001646353.html

 【 ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則 】


 【 速さは全てを解決する ゼロ秒思考の仕事術 】


posted by ヒデキ at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭の回転が速くなる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

創造力の学校 (1) The Creativity

AI、ロボットが次第に発達し、人間の雇用が奪われていくと、どんな人材が生き残れるか。

 宅急便のトラックドライバー、コンビニやスーパーの販売員、介護職の一部、公務員、企業の管理部門と、いろいろなところでAIやロボットに労働が置き換えられていくと良そうされる中、どのような人材はこれからの時代も生き残れるのか。

“10%のクリエイターが生き残り、90%の単純労働者が淘汰されていく”と予測します。

クリエイターとは、新しい仕組みやシステムをつくる人、制度を守る人、商品やサービスを売るマーケター、新規開拓の営業マンを指します。
これらの仕事はたとえAIが発達しても、会社の発展に欠かせない、人間力が求められる職種です。

創造力やヒューマン・スキルを持つ人間は、これからのAI時代にも生き残り、ますます存在価値を発揮すると思いますが、上から命じられた仕事だけを淡々とこなす事務職、単純作業はどんどんロボットに置き換えられて、能力のない人の賃金は下がっていくでしょう。

弁護士、公認会計士、TOEICで高得点を上げた専門職も、資格にあぐらをかいていることはできなくなると思います。
AIの発達で人間の能力はコモディティ化(汎用化)しており、知識産業もAIに置き換えられる傾向が出てきたからです。

日英翻訳、通訳も、グーグルなどが出している自動翻訳機能を使えば、語学のプロは今ほど必要となくなるかもしれません。その代わり、世界の架け橋となるような高度なヒューマン・スキルを持つ人間は、民間でも官庁でも価値を発揮するでしょう。

これからの時代は、
 “他人ができる仕事など自分は絶対にやらない!” といった創造力を持つ人間(ゼロ・イチで新規ビジネスを創ることのできる人間)や、どんな立場や環境の違った人間とでも、人情の機微をすくい取って上手にコミュニケーションするヒューマン・スキルの高い人材(マーケター、営業マン)が生き残ると思います。

 とは言っても、そんなスキルを磨くことは一朝一夕にはできません。
「安定」を求める生き方から、「野心」を燃やして日々をチャレンジしていくような精神がないと、AI時代に安定した収入を得るのは難しいでしょう。

 創造力の磨き方についても、日本にはそれを教えてくれる学校はありません。
皆さんには、今後も記事を通じて創造力の作り方を伝えていきたいと思います。

『0から1の発想術、大前研一』
 

posted by ヒデキ at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭の回転が速くなる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

アメリカの不動産王、Donald Trump (1)

manhattan 5.jpg

日本で不動産王と言えば、三菱地所や、森ビル、森トラスト率いる森兄弟が挙げられるが、アメリカの不動産王といえば、ドナルド・トランプが一代で巨大不動産コングロマリット(財閥)を作った王として有名だ。

 ペンシルバニア大MBA(経営学修士) ウォートン校を出た後、父親の経営するブルックリンの小さな不動産会社で修行をしたのち、だれの助けも借りずに一人でマンハッタンに打って出て、はったり倒しのダブルのスーツやほら話で取引相手を巧みに信用させ、大きなディールを次々とものにして業界の王者に君臨した。

 マンハッタンにはトランプタワーをはじめ、彼の手掛けた高層ビルや商業施設が多くある。
 一度は90年代の米国不動産不況で壊滅的な打撃を受け、700億ドルの借金(約8兆円の借金)を負ったほとんど瀕死の状態であっても、 「 次はもっと大きなディールを決めなきゃいかん。 」 と言ってのけ、ポジティブ・シンキング(積極的思考)を片時も忘れなかった米不動産業界の大物。

 自己顕示欲が強く、テレビ番組 “ジ・アプレンティス(丁稚小僧)” の出演者としても有名で、
「 一文なしになっても億万長者になれますか? 」 と聞かれたところ、
「 もちろん。僕は次はきっとネットワークビジネスでもやるよ。」と、シャーシャーと答えたという。
 文字通り裸一貫からアメリカの不動産王にのし上がった彼の軌跡と成功哲学を追う。

 “ 情熱、情熱、情熱! ”

 自分の仕事を愛していなければ、どんな分野であろうと成功はおぼつかない。自分の仕事を愛していれば、あなたはもっと一生懸命働き、もっとむずかしい問題に挑み、もっと上手に苦境を切り抜け、もっと楽しく人生を過ごせるはずだ。

 大切なのは、自分のビジネスをよく知ることと、自分の仕事を愛すること。このふたつは、多くの問題を解決してくれる。私の処女作 『 トランプ自伝 』 から、最初の一節を引用しよう。

 「 わたしは金のためには行動しない。金なら使いきれないほど持っている。わたしの目的は行動そのものだ。ビジネス取引はわたしの芸術表現であり、ほかの人がカンバスに美しい絵を描いたり、美しい詩を書いたりするのと同じである。

 わたしは取引を成立させることが好きだ。成立した取引がでっかければなお良い。私はこのやり方で快楽を得ている。 」 

 20年後の現在も、わたしはでっかい取引を続けている。そして、今もなお同じやり方で快楽を得ている。
 この手法は効果的だ。じっさい、好きなことに情熱を傾けているうちに、私のもとには大金が転がり込んできたのである。現在のわたしの財産は、処女作を書いた当時よりもふくらんでいる。

 わたしは自分の仕事をこよなく愛しており、この感覚は何物にも代えがたい。ときどき、わたしは夜眠れなくなる。
 “ 早く起きたい、早く仕事に行きたい、と思うと眠気が吹っ飛んでしまうのだ。 ”

 処女作を出版して以来、わたしは何度かつらい時期を経験し、90年代初頭にはほとんどすべての財産を失った。しかし、どうにか難局を切り抜け、生き残りを果たし、再び繁栄を手にした。今日、わたしの不動産ビジネスは空前の活況を呈している。

 運命はわたしを予期せぬ方向へも導いた。わたしはテレビ界で 『 ジ・アプレンティス  (丁稚奉公) 』 というリアリティ番組を大ヒットさせ、NBCで放映される二大美人コンテスト、 “ミス・ユニバース” と “ミス・アメリカ” の開催権を獲得したのだ。

 わたしがこれらのプロジェクトに参加した動機は金ではない。じっさい、どのプロジェクトにも、私から参加を申し出たことはない。

 しかし、仕事に対するわたしの情熱の深さは広く世界に知れ渡っており、毎日情熱を注ぎつづける姿勢は、新しいプロジェクトにふさわしいと判断された。

 だからこそ、みんながわたしに声をかけてくれたわけだ。ただじっと座ったまま、取引や、チャンスや、幸運を待っていても、何も始まらない。

 あなたは好きな仕事に情熱を傾ける必要がある。いったん弾みがついてしまえば、流れはあなたに有利に働き、あなたの進む道には、吉事が次々と訪れるだろう。

 もしも金が唯一の目的なら、わたしは大切な仕事をいくつか逃していたはずだ。たとえば、金銭的利益のみで意思決定を行っていたら、セントラルパークのウォルマン・スケートリンクの改修には手を出さなかった。

 50年ほど前に作られたこのスケートリンクは、1980年、改修のために閉鎖された。市当局は数年の時間と2000万ドルの費用を注ぎ込んだものの、1986年になっても工事終了のめどはまったくついていなかった。

 わたしはニューヨーク市を愛していた。そして、マンハッタンのど真ん中にあるすばらしいレクリエーション施設を、市民のために復活させたいと思った。わたしは大規模なビルを2年以内に完成させてきた。

 スケートリンクの改修なら数か月で仕上げる自信があった。ニューヨーク市の時間と金を節約するため、わたしはこのプロジェクトを請け負った。このときの動機は儲けることではなく、サービスを提供することだったのである。

 “ 情熱をみつける ”

 どうすれば金が稼げるか、などと考えてはいけない。自分には何が創造できるか、自分にはどんなサービスが提供できるか、という点をあなたは考えるべきだ。

 地元のコミュニティや地元の人々のために、どんな有益なサービスが提供できるか? どんなニーズに応えられるか? もっと良いやり方はないか? もっと効率的なやり方はないか? どのような問題を解決できるか?

 “ 中でもいちばん重要なのは、何をすれば自分は楽しめるかという点だ。 ”
 もちろん、ただで仕事をするわけにはいかないし、価値あるものを提供できたなら、堂々と報酬を受け取ればいい。人生という名のゲームでは、金は得点の役割を果たす。しかし、真の楽しみは...

ここから先はメルマガ ”熱血日記” を購読してお楽しみ下さい。
http://www.mag2.com/m/0001646353.html

【 トランプ思考 】

posted by ヒデキ at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭の回転が速くなる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

ハングリー精神とバイタリティ

ー  あなたにはメンタル師匠がいますか?
 

DSC_2128.JPG
  いつも一緒に仕事をしている仲間に、若い頃の自分を見いだすようなハングリーな若者がいます。

  僕は周りから「テフロン加工」(どんな逆境に遭ってもへこたれず、明るい性格を保つ精神力) とよく言われますが、なぜこんな性格が出来上がったかと言うとハングリー精神とバイタリティだと思います。。

  ゛ビジネスで成功したい゛
゛もっと金を稼ぎたい゛
゛上流社会に入りたい゛
 という欲望につき動かされてきました。

  だから、そういうタイプの若者と出会うと、たとえ年は一回りも二回りも違っても、「一緒に働きたい」「友達でいたい」と思います。

   ハングリーな若者には共通点があります。それは、自分の可能性に上限を設けないことと、視野が広くて、自分が憧れる人には勇気を出して会いに行き、教えを請うこと。

  そして、中国福建省や四川省の農村から野心ひとつで上海に出てきた若者のように眼がギラギラしています。

 「自分はXXだから。」とか
「ほどほどの生活で満足だから」とか、自分の境遇をはじめから想定して保守に走っていません。

  三菱商事、三井物産を猛烈に追い上げて、そして遂に商社トップに立ったコテコテの関西系、伊藤忠商事の商社マンのようにギラギラしています。  

  野心的なのです。

  ときどき、若者と話していて物欲や成功欲の薄い草食系の若者に驚くことがあります。

  車も欲しがらない、豪邸に住みたいという欲望もない、彼女とデートするときにはファミレスで済ます。という、ロマンもへったくれもないコスパ重視のこじんまりした30代が増えてきました。

  自分の可能性にフタをしてしまい、最初っから人生に野望を持たない、挑戦をしない人たちです。
   
  給料が安くて車を買えないのなら、会社に隠れて寝る間を惜しんで副業をしたり、証券取引や為替取引で ゛自分のお金に代わりに働いてもらう゛努力をすれば良いではないですか。

   僕は20代のとき、ドイツ系銀行で昼間働き、 「一日も早く年収1千万円を突破したい! 」 という野望に突き動かされて、夜は日本の会社でフルコミッション・セールス(完全歩合給セールスマン)を行い、25歳から年収1千万円台に乗りました。

  24/364 (正月の元旦はお休みを頂いていました。)の生活でしたが、海外旅行にしょっちゅう行き、デートは車で江ノ島や葉山に行って、相模湾に沈む夕陽を見ながら彼女とレストランで食事をする、という生活が出来ましたから、全力で燃え尽きるような20代でした。

  そんなハングリー精神を教えてくれたのが、僕のメンタル師匠、 当時のベストセラー作家の大前研一氏と落合信彦氏の二人でした。

 ゛自分の可能性にフタをしない゛
゛目標は現在の延長線上ではなく、デッカク持つ゛

  ということで、ドナルド・トランプさんもそうですが、壮大なビジョンを描いて野心的な毎日を送る。という人生観を教えてくれました。

  期せずして二人とも米国留学組です。日本の封建的な学歴社会、ムラ社会の論理からは完全に突き抜けた人たちです。

   この人生観が僕の20代をつくってくれました。そして、この人生観で生きていると、少々の挫折や人間関係の悩み、などの些末なことなどどうでも良くなってしまうのです。
 (つづく)
posted by ヒデキ at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭の回転が速くなる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

ポジティブ思考へ! (21) 朝起きた時からワクワクする思考方法

LA 1.jpg

毎日、朝起きたときから心が踊って仕方がない、ストレスの無い思考方法を連載しています。

日曜の夜になると明日から会社に行くのが嫌になるサザエさん症候群のサラリーマンがいるそうです。

人生の1/3を過ごす職場で上司や部下との人間関係、セクハラ、パワハラ、派閥抗争、そして仕事のノルマに心が押し潰されそうなプレッシャーを抱える人が多いのでしょう。

僕も外資系金融マン時代は組織の一員としてのストレスがたくさんあり、当時の写真を見ると今ほど顔に精気がなかったようです(笑)。

48歳でサラリーマンを辞めてからは、自己責任で自分の好きな仕事だけを好きな場所で、好きな相手(お客様)とするようになりましたから、顔の表情も明るくなり、ストレスが無くなりました。第2の人生は明るく楽しく過ごしていきます!

ストレスのない生き方とは、まず出発点として、考え方がとてつもなく広い、ドナルド・トランプさんの座右の銘である 『THINK BIG (でっかく考える!)』 からはじめなくてはいけません。

 彼はアメリカの不動産業界で最も成功し、個人資産が1兆円近くあるわけですから、(暴言癖はさておき) 彼のビジネスの成功哲学がどこにあるか知っておくのも悪くありません。

 彼は 『THINK BIG(でっかく考える!)』 を信条に、他人だったら絶対に考えないようなスケールでビジョンを練り、戦略を考えました。その繰り返しが、アメリカの不動産業界でNo.1にまで登りつめることができました。

 とかく世間体や世間の一般常識、あるいは会社の不文律の中だけで目標やビジョンを考えがちです。保守的なサラリーマンほどそういう傾向にあります。

 でも、彼らはストレスがたくさんあります。ストレスにおしつぶされそうになって自律神経失調症になった人を何人も見ました。

 僕は人から、 「あなたは何のために生きているの?」 と聞かれたら、

 「日本のGDP(Gross Domestic Products; 国内総生産)を拡大して豊かな国にするために生きている。」 と、即座に答えます。

 目標をでっかく考えていると、思考も戦略もでっかくなりますから、日常のできごと、会社のなかの些末なことなど、どうでも良くなってきます。ストレスの無い生活です。

 (ここから先はメルマガ “熱血日記” を購読してお楽しみ下さい!)

 【 ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則 】


posted by ヒデキ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭の回転が速くなる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

ポジティブ思考へ! (20) 一瞬で自分を変える法 

 信念とは何なのか。信念とは、常に同じ内容のメッセージを自分に送り続けるためのフィルターである。そこで、まず信念がどこから生まれるかを明らかにして行こう。

1. 環境 − 「誰の目にも明らかな才能」よりはるかに大切なもの

 最初は環境だ。成功が成功を生み、失敗が失敗を生むサイクルがもっとも過酷な形で現れるのは環境である。ゲットー(ユダヤ人の強制収容所; あなたを束縛する社会)での生活が恐ろしいのは、来る日も来る日も、欲求不満と貧困に苦しめられるからではない。それなら克服できる。

 本当の悪夢は、そうした劣悪な環境があなたの信念と夢に悪影響を及ぼすからだ。

 失敗や絶望ばかり目にしていると、成功を生み出す内面的なイメージをつくれなくなる。富と成功に囲まれて成長した人は、それなりのモデルを見つけることができるだろう。

 アルバート・アインシュタインはこう言っている。
 「 自分を取り巻く社会環境に根ざす価値観・先入観と異なる意見を平然と口にできる人は多くない。たいていの人は、そのような意見を持つことすらできないからだ。 」

 モデリングの上級コースでは、大都会のスラム街で七転八倒した人生を送る人を題材に上げている。適当な人にセッションに参加してもらい、参加者はその人の信念体系と人生戦略を組み立ててみるのだ。おいしい食事と、なごやかな雰囲気の中で、その人に 「 今の自分についてどう思うのか、なぜそうなったのか 」 という質問をぶつける。

 次に、その人と同じような境遇にあったにもかかわらず、人生を大きく転換させた人の場合とを比較する。

 そのセッションでは、28歳の屈強で、見るからに頭もよく、健康で、容姿もいい男性が参加した。彼はなぜ不幸せで、都会でふらふらとした人生を生きているのか?

 母親は娼婦で、父親は殺人罪で投獄されていた。8歳のとき、父親にヘロインを打たれた。そういう環境で育ったため、生き抜くだけでも精一杯だったのだ。

 スラム街で生きていくには、盗みは当たり前であり、痛みやつらさを和らげてくれるものは麻薬しかなかった。人から付け込まれないように常に神経を使い、誰からも愛されることがない。そういった環境で育った彼にもNLPの理論を応用することで、彼の人生を変えることができた。

 NPL理論= 精神言語プログラミング理論、自分自身の思考方法や行動を変えることで成功を導く。

 シカゴ大学のベンジャミン・ブルーム教授は、人並はずれて優秀な若いスポーツマン、音楽家、学生100人を選んで、調査を行った。その結果、天才と呼ばれる人たちは、最初から目立った才能を見せていたわけではないことが分かった。

 「誰の目にも明らかな才能」 よりも、「 自分は人とは違った特別な人間になれる 」 という思い込み (信念) のほうが。。。

 ここから先はメルマガ ”熱血日記” を購読してお楽しみ下さい。
http://www.mag2.com/m/0001646353.html

 (つづく)

 【 一瞬で自分を変える法 − 世界No.1カリスマコーチ、アンソニー・ロビンスが教える 】


posted by ヒデキ at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭の回転が速くなる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする