2020年05月27日

元気の出る言葉

木更津4.JPG

「失敗とは多くの場合、忍耐力の欠如である。」 

 ― ジグ・ジクラー、 アメリカのトップ・セールスマン
 (写真: 千葉県木更津市)

 アメリカ、アラバマ州に生まれたジグ・ジグラーは、10歳のころからセールスを始め、以後25年の間、調理器具や保険、教材など、さまざまな商品を販売し、いずれもトップ・セールスパーソンの座を獲得してきた。

 45歳の時には億万長者になっていたが、「どうしたらもっと向上できるのか。と、モチベーションの向上に向けて自己開発プログラムを開発し、多くの人を勇気づけた。

 ビジネスでもプライベートでも、失敗をする時というのは、自分の願望や希望というのがまずあり、それに向けて限界まで努力したに違いない。

 でも、どんな状況が起こるか分からない不可抗力が起こるのが世の常であり、それを克服するには限界を超えた努力や、成果をものにする忍耐力だろう。

 私たちだって忍耐はしているに違いないが、それはひょっとしたら、許容範囲内の、ほどほどの忍耐力なのかもしれない。

英検合格のためのネット教材【旺文社 英検ネットドリル】


 松下幸之助は、なかなか目標を達成しない部下に、 「 商品を抱いて寝たか 」 と、極限まで目標を追求する姿勢を説いているし、京セラをビッグビジネスに成長させた稲盛和夫も、創業当時はセラミック製品の完成度を上げるために、一昼夜にわたり、製品を抱いて体温で暖めたという。

 常軌を逸したと思われるこのような努力や忍耐があってこそ、成功にありつけるに違いない。

【 アメリカ人大富豪 世界一の考え方 】

posted by ヒデキ at 22:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント