2019年11月04日

さようなら金融業界

ootemati.JPG

 − 新天地へ<strong>

 皆さまにご報告です。これまで30年間勤めてきた金融業界を去り、新天地に移ります。
新卒で入ったドイツ系銀行から、ゴールドマン・サックスへ、そして米系銀行、米系格付会社と渡り歩き、この4年半は米系生命保険会社でフルコミッション営業をして来ました。

 それまで事務管理部門にいた私が初めて経験した営業の仕事は、最初はとても大変でしたが、素晴らしいユニットメンバーと、素晴らしいお客様に恵まれて、ファイナンシャルプランナーとして、4年半を送ることが出来ました。
保険のお客様になって頂いた方々には、心の底から感謝しています。

 これからは、日本に進出してきたインバウンド企業(訪日外国人観光客)に入社し、執行役員として、営業を統括します。
フルコミッション営業でつちかった爆発的な体力(笑)と、創造力を使って、日本にやってくる外国人観光客を増やすことで、国の経済に貢献したいと思います。

 大学時代にやっていた外国人観光客のツアーガイドのおかげで、外資系金融に就職することができました。日本企業(総合商社)は、偏差値50台の日東駒専の学生を雇ってはくれませんでした。学歴フィルタリングで全部落とされたのです。
外資系は実力主義ですから、学歴や家柄の良さ(縁故採用)など、カンケーありません。人間性や語学力などを見て採用しますから、救われました。商社マンにはなれませんでしたが、金融業界で働けたことは幸せでした。

 あれから30年が経って、また外国人観光客に関係した仕事に就けることに、運命はつながっているのだと思いました。
とはいえ、日本に上陸してきたばかりのベンチャーですから、これから人を採用し、
育てて、強いチームを作っていかなくてはいけません。ゼロからイチを、仲間といっしょに創っていくのは、とてつもなく楽しみです。

 外資系 x ベンチャー、という2つの楽しみが同時に味わえるこのポジションを、とても気に入っています。これからは仕事漬けの毎日になりますが、祖国・ニッポン経済の拡大に貢献できるよう、頑張ります。
 
 今まで支援して頂いた皆さま、これからもどうぞ宜しくお願い致します!

 【外資系! 転職】


【外資系コンサルが実践する 図解作成の基本】
posted by ヒデキ at 10:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント