2019年03月30日

究極のポジティブ思考を身につける(6)

茨城.JPG

 ー 運命の偶然性(シンクロニシティ)
写真:茨城県日立市

進路や仕事の相談、就職や結婚から人生相談まで、よく受けます。
生命保険の仕事をしていますから、ライフ全体に話がおよぶのが僕の特徴です。
そんなとき、目の前の相手がかならず、明るい顔をして帰っていくように、さまざまな考え方をおつたえします。

会社のなかで突然、居場所がなくなったとか、
これからの進路をどうすべきか悩んでいるとか、
子どもが学校に行かなくなったとか。さまざまです。

「僕みたいな凡人でも上手くやって来たのに、はるかに頭の良い君がなんでそんなに悩んでいるの!?!?」
と問うと、それがメンタル的な思考から来ていることに気づくことが多々あります。
本人の悩みはいたって深いですから、真剣に向き合わないわけにはいきません。

自分もこれまで、身の丈にあわない目標に向かって、さまざまな挑戦をして、失敗をくりかえし、挫折を多数、経験してきましたから、とても他人事とは思えません。

気持ちが楽になる考え方、ポジティブになれる思考方法として、ユング心理学の「必然性の感覚」、「シンクロニシティ」を知ると良いです。
つらく苦しかった悩みを改めてふりかえってみると、一つ一つの出来事にはやはり意味があり、自分の人生で 「必要だから起きたこと」であったと分かるときがあります。

悩みと直面している当時はつらくても、そのつらい苦しい時期をしのぐように生きてきて、「人生の暗い闇(やみ)」のような長いトンネルを抜け出したその後で、その出来事を改めてふりかえってみると、
 
 「すべての出来事には意味があり、必要だから起きた出来事だったのだ」と、運命がつながっているのが分かることがあります。
 「私は、この人生を生きることになっていたのだ。」

「すべては、こうなるべくして、こうなったのだ。人生のすべての出来事には意味があって、私はある種の必然性によってここへ導かれてきた。」という“人生の必然性の感覚” です。
 人生にはmeans (意味)があるのだと。

 「人生のすべての出来事には、意味があり、目的があって起きている。しかもそれらはすべて、一つにつながっている。」
 「人生で起きるすべての出来事には、その人の人生でその時起こらなくてはならなかった
“必然的な意味”がある。そして、それらの出来事はつながっていて、私たちの人生を暗黙のうちに「ある方向へ」、「ある人生の道へ」と誘い、導いている。

 こうしたものの見方をユング心理学で「目的論的な見方」と言います。
人生を自分の思い通りに計画的に進めた人間なんて、ニッポンに1万人もいないと思います。ほとんどの私達は、「偶発性」にあやつられて人生を必死に生きて、もがいているのではないでしょうか?

 今、人生で起きていることが、一見、「単なる偶然の、意味のない出来事」のように思えても、よく見てみれば、人生で起きているさまざまな出来事には、“意味”があり“目的”があって起きているのだと。

 しかもそれらのすべてはつながっていて、「ひとつのつらなり」をなし、私達の人生をある方向へ、暗黙のうちに誘っている。
 そしてそのようにして、人は知らず知らずのうちに、偶然としか思えないできごとを通して “運命の人”と出会ったり、自分の「天職」と出会う。

 そうしたことがいく重にもつながると、人はいずれ、「まさにこのことが、私がこの人生で果たすべき使命だったのだ。」 と気づくときがきます。
 「運命の偶発性」に気づくことが大切だと思います。そうすれば長い台風をのりきったあとに、
「あれは必然の出来事だったんだ。その後の人生へとつながったのだ。」

と、目の前に広がる青空に胸を打たれることになるのです。
 気持ちを楽にしましょう。

 決してあきらめないで、大きな人生観をもって、目の前の課題と奮闘していきましょう!

 お知らせ: 4月6日(土)の午後13:00−15:00に、お茶会を東京・代官山で行います。コーヒーを飲みながら、「究極のポジティブ思考」を身につける方法をお伝えします! 講師は僕です! 会費はお茶代の500円です。参加希望者はメッセージを下さい。
E-mail: nekketsu9@gmail.com


 参考図書「悩みぬく意味 幻冬舎新書」

posted by ヒデキ at 10:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント