2018年07月23日

元気の出る言葉(207)

Kakuei_Tanaka_197207.jpg

「必要なのは学歴ではなく学問だよ。学歴は過去の栄光。学問は現在に生きている。」

 − 田中角栄、小学校卒の学歴から郵政大臣、大蔵大臣(現:財務省)、通産大臣を経て、内閣総理大臣に72年に就任。アメリカの許可をとらずに中国と初の首脳会談を実現させ、世界中を驚かせた剛腕の首相。ニッポンを敗戦国から高度経済成長に導いた庶民派の政治家。「コンピュータ付きブルドーザー」と財務省職員が驚愕したほどの頭脳の持ち主。

 尋常小学校しか出ていない田中角栄には学歴がなかった。角栄はそれに劣等感を感じたとこもあったが、政治家となってからは逆にその「低学歴」を自らの武器に使うようになった。
「学問」とは志を持った人間がいつでも学ぶことのできる生きるための知恵だ。
 
 人間にとって本当に必要なものは必ずしも高学歴とは限らないということを、角栄は戦後はじめて社会に体現した。


 【 田中角栄 100の言葉 】

posted by ヒデキ at 20:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント