2018年01月06日

 祝! 日経平均株価が26年ぶりに23000円台を回復

 今の日本株は、株のプロが空売りした銘柄を、必死で買い戻すショート・スクイーズ(空売りの買い戻し相場)の面もあると思います。

 日経平均が1日で700円も上がった日には、空売り派は半狂乱になって、おちおち夜も眠れなくなるからです。

 ここで、空売りがたくさん入って、買い戻し需要の多い銘柄を紹介します。
(大型株)
伊藤忠商事
ー JPモルガン証券とバークレイズ銀行があわせて5460万株を純粋に空売り
(逝ってるで。。アホかこいつら。総合商社のトップやで。)
丸紅
ー バークレイズ銀行と、野村証券があわせて2000万株を純粋に空売り

(小型株)
ドン・キホーテ
ー メリルリンチ証券が134万株を空売り 
ー 個人投資家が信用取引で差引き3万株の買い越し
ネットで131万株の潜在買い需要

鳥貴族
ー 個人の信用取引が空売り29万株、買い方が16万株
差引き13万株の買い戻し

 さて、ここで 『世界の株式市場の胴元』 、ゴールドマン・サックス証券が、空売りから手を引いた事実が見てとれます。
なぜでしょうか?

 ゴールドマンは、ドナルド・トランプ政権に3人の経済閣僚、金融閣僚を送り込んでいます。
また、自民党政権にも、深く食い込んでいます。

 つまり、日本政府とアメリカ政府の両方の政策を知っているので、買い方に回っているのです。
2017年の年初も同じ動きでした。

 ゴールドマンは、1年前、日経平均先物に、2週間で3万枚の買い注文を出したのです❗
ちょうどドナルド・トランプ政権が走り出した頃でした。

 エクイティ・ドリームス (株夢)

 【 米国株は3倍になる! 日本株も上昇に転じた。2018年の投資戦略 江守哲著 】


2020年までに第1弾米国株価バブル到来!
ゴールドは2000ドル!原油は100ドルをめざす!

株で攻めて、米国債・ゴールドで守る!
2018年のバブル崩壊も前提にした知的投資の方法を大公開!

【米国株は17年間上がり続ける!?】
第1章○米国株は3倍になる
第2章○上昇基調に転じた日本株
第3章○為替相場は金利を見よ
第4章〇コモディティは上昇する
第5章〇投資判断の心得
第6章〇究極の投資戦略
posted by ヒデキ at 21:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント