2017年07月16日

三井物産が制御システムに出資、農業機械、産業機械に応用

 三井物産は自動車向け制御システム開発のAZAPA(名古屋市)に出資する。AZAPAは高度な技術が必要なエンジン制御ソフトウエアを開発し、トヨタ自動車など大手自動車メーカーに納入している。

三井物産は出資を通じ、システムを産機や農機に応用するほか、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」を活用した新サービスの立ち上げを支援をする。

 AZAPAの第三者割当増資を引き受け約8億円を出資する。エンジンの制御ソフトはエネルギーを無駄なくどう全体に伝えるかを決める。自動車メーカーがグループで担うことが多く独立系は珍しい。

自動車は電動化が進み、1台当たりの電子制御ユニットの搭載数が今後4割増えるとみられる。自動車以外の分野にも提案していき、2020年に30億円の売り上げを目指す。

posted by ヒデキ at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 三井物産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451851139
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック