2016年09月22日

ポジティブ思考へ! (21) 朝起きた時からワクワクする思考方法

LA 1.jpg

毎日、朝起きたときから心が踊って仕方がない、ストレスの無い思考方法を連載しています。

日曜の夜になると明日から会社に行くのが嫌になるサザエさん症候群のサラリーマンがいるそうです。

人生の1/3を過ごす職場で上司や部下との人間関係、セクハラ、パワハラ、派閥抗争、そして仕事のノルマに心が押し潰されそうなプレッシャーを抱える人が多いのでしょう。

僕も外資系金融マン時代は組織の一員としてのストレスがたくさんあり、当時の写真を見ると今ほど顔に精気がなかったようです(笑)。

48歳でサラリーマンを辞めてからは、自己責任で自分の好きな仕事だけを好きな場所で、好きな相手(お客様)とするようになりましたから、顔の表情も明るくなり、ストレスが無くなりました。第2の人生は明るく楽しく過ごしていきます!

ストレスのない生き方とは、まず出発点として、考え方がとてつもなく広い、ドナルド・トランプさんの座右の銘である 『THINK BIG (でっかく考える!)』 からはじめなくてはいけません。

 彼はアメリカの不動産業界で最も成功し、個人資産が1兆円近くあるわけですから、(暴言癖はさておき) 彼のビジネスの成功哲学がどこにあるか知っておくのも悪くありません。

 彼は 『THINK BIG(でっかく考える!)』 を信条に、他人だったら絶対に考えないようなスケールでビジョンを練り、戦略を考えました。その繰り返しが、アメリカの不動産業界でNo.1にまで登りつめることができました。

 とかく世間体や世間の一般常識、あるいは会社の不文律の中だけで目標やビジョンを考えがちです。保守的なサラリーマンほどそういう傾向にあります。

 でも、彼らはストレスがたくさんあります。ストレスにおしつぶされそうになって自律神経失調症になった人を何人も見ました。

 僕は人から、 「あなたは何のために生きているの?」 と聞かれたら、

 「日本のGDP(Gross Domestic Products; 国内総生産)を拡大して豊かな国にするために生きている。」 と、即座に答えます。

 目標をでっかく考えていると、思考も戦略もでっかくなりますから、日常のできごと、会社のなかの些末なことなど、どうでも良くなってきます。ストレスの無い生活です。

 (ここから先はメルマガ “熱血日記” を購読してお楽しみ下さい!)

 【 ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則 】


posted by ヒデキ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭の回転が速くなる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック