2015年12月27日

マッキンゼーの知恵 (89)

DSC_0315.JPG

「知的にタフな人にとっては夢のような時代が始まった。」 大前研一

“人の2倍考える人間は10倍の年収を稼ぐことができる。3倍考えれば100倍の年収を稼ぐことができる。もし10倍考えることができれば、その人は時価総額1兆円企業の創業者になれる”
 
 自分の思考ノウハウをまとめた『考える技術』がベストセラーとして売れた大前研一氏。30年間で行った数千件のコンサルティング経験をもとに生み出されたその思考ノウハウは、どんな仕事にも有益だという。

 ここでは、「考える力を持った人材」が求められるようになった時代背景を伺うとともに、思考ノウハウを伝授して頂く。海外における大前氏の講演料は1回5万ドルである。そのノウハウはどこにあるのか?

◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ 

 新世界では、いったい何を頼りに生きていけば良いのだろうか? 何もない。
私たちが上陸してしまった “新大陸” は、こうすればうまくいくという正しい答えをだれも知らない。

  「インビジブル・コンチネント=見えない大陸 (『新・資本論』大前研一著) の英文タイトルなのだ。

 わかっているのは、これまで私たちが経験したことがないくらいに猛スピードで変化が進む世界だということと、その変化のスピードについていかなければ、あっという間に振り落とされるということくらい。

 かつて興隆を誇った大企業でさえ、ひとたび乗り遅れれば、坂道を転げ落ちるように市場から消えていく。あなただってそういう例を、ここ数年でいくつもみてきているはずだ。

 ハーバード・ビジネススクールが、ケース・スタディで使っている企業ですら、わずかこの数年で半分が潰れたり、吸収されているという事実を、あなたは知っているだろうか。

 ということは、エコノミストや経済学者が言っていることをうのみにして、「〇〇のフレームで考えると」 などと言っている輩が、じつはいちばん危険だということだ。

 頼れるものがなければ、自分の頭を頼るしかない。教室でだれかに答えを教えてもらおうとする “アカデミック・スマート (学校秀才タイプ)” を止め、現場で試行錯誤を繰り返しながら自分で答えを見つける “ストリート・スマート (前例が無いところでチャレンジする実学重視のタイプ)”をめざそう。

 それには、古い知識をいくら暗記しても仕方がない。それよりものをいうのは、人よりどれくらい現状に即して考えたかのほうだ。

 「思考力格差」 の時代はすでに始まっている。今後は、人の二倍考える人間は十倍の年収を得ることができる。もし十倍考えることができれば、その人は時価総額一兆円の創業者になれる。

 マイクロソフトの時価総額は41兆円、グーグルの時価総額も36兆円を超えている。それが “新・経済大陸の法則” だ。知的にタフな人にとっては夢のような新大地だが、一方で知的に怠惰な人にとっては、息をすることすらツラい世界かもしれない。

 とはいえ、「考えろ」 といわれても何をどうしたらいいかわからない、というビジネスマンも少なくないだろう。そこで、私の「考える技術」を紹介しよう。大前流論理的思考法。これを実践すれば ...

 ここから先はメルマガ ”熱血日記” を購読してお楽しみ下さい。
http://www.mag2.com/m/0001646353.html

 (つづく)

【 新・資本論 − 大前研一 】



 【 考える技術 − 大前研一 】



posted by ヒデキ at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | マッキンゼーの知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック