2015年12月20日

マッキンゼーの知恵 (88)

CIMG3114.JPG

 “人の2倍考える人間は10倍の年収を稼ぐことができる。3倍考えれば100倍の年収を稼ぐことができる。もし10倍考えることができれば、その人は時価総額1兆円企業の創業者になれる”

 「頭脳という武器を磨き “新大陸の覇者”となれ。」 大前研一


 自分の思考ノウハウをまとめた『考える技術』がベストセラーとして売れた大前研一氏。30年間で行った数千件のコンサルティング経験をもとに生み出されたその思考ノウハウは、どんな仕事にも有益だという。

 ここでは、「考える力を持った人材」が求められるようになった時代背景を伺うとともに、思考ノウハウを伝授して頂く。海外における大前氏の講演料は1回5万ドルである。そのノウハウはどこにあるのか?

 ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎

 “知識や過去の経験則では解決できない問題が急増”

 問題: 世界で唯一、貿易と縁のない国はどこでしょうか?
上記の問いに 「アメリカ」 と答えたら、「冗談もいい加減にしろ」と、たいていの人は怒り出すのではないだろうか。

 「アメリカが巨額の貿易赤字を抱えているのは世界の常識だし、日本だって、自動車や家電をたくさん輸出している。それなのにアメリカが貿易をしていないなんて、バカげている。」と。

 なるほど。では、もう一つ質問しよう。日本の自動車や家電を買うとき、アメリカはどの通貨で支払うか。

 答えはドルだ。アメリカは相手が世界中のどの国でも、輸入品の支払いはドルで行うし、輸出の際もドル建ての決済が普通だ。だからアメリカと取引をする国は、日ごろからドルをせっせとため込んでおかねばならない。

 ところが、アメリカだけはその必要がない。当たり前だ。ドルはアメリカの自国通貨なのだから。

 アメリカという国は、いつだってなんの苦労もなしに、自国通貨で世界中とモノやサービスの取引ができる。つまり、ドルが基軸通貨であるかぎり、相手が日本だろうが中国だろうが、アメリカにとっては国内取引と変わりないのである。

 事実、アメリカは輪転機を回すだけで世界中の財貨を買うことができる。海外から買うのも、ほかの州から買うのも同じ。すなわち、アメリカがドルを世界の決済通貨として維持できるかぎりは、すべての交易国を「内国化」できるわけだ。

 逆の言い方をすれば、アメリカは世界を自国通貨圏に取り込んでいると言ってもいい。
私が、アメリカが世界で唯一、貿易(輸出入)と縁がない国だという根拠はここにある。

 この問題に対し、もし自給自足の国はどこだろう、鎖国をしている国はどこだろうと、世界地図をにらんでいるようなら、アメリカという答えは絶対に出てこない。そもそも、これだけグローバル化が進んだ時代に、他国と財貨やサービスのやりとりをしないで成り立つ国なんてあるわけがない。

 そう、この質問の意図は、「どこを調べても答えが載っていないような問題」 に対して、あなたがどれだけ柔軟かつ論理的に対応できるかを試すことにあったのだ。

 教科書を読んで答えを暗記する訓練ばかりしてきた人は、面接でこの手の質問をされるとお手上げだろう。そしてそういう人は、これからどんどん淘汰されていくと思った方がいい。

 今、企業が求めているのは、答えを暗記するのがうまい人ではなく、知識や過去の経験といったものが通用しない問題に直面しても動じず、きちんと正しい答えを導き出せる人だからだ。

 そして、そうした人材になれるかどうかは、「論理的思考」が出来るかどうかにかかっている。言い換えれば、21世紀というのは、未知の問いに論理的思考で答えていけるビジネスマンだけが勝ち残れる時代だということだ。

 ではなぜ答えを暗記しているだけではダメなのか。理由は簡単。暗記できる程度の知識なら、廉価なメモリーチップか、無料のグーグルで間に合うからだ。

 また、経済学やビジネス理論にしても、暗記しようにも、世界経済が1980年代にガラリと変わったことで、その知識や常識がまったく通じなくなってしまった。

 それまでは、経済といえば 「実体経済」しかなかったところに、「ボーダーレス経済」 「サイバー経済」 「マルチプル経済」 という3つが加わって、これら4つの経済空間が複雑に絡み合うようになったのだ。

 「ボーダーレス経済」 空間では、お金や情報が国境を越えて自由に流通する。政府の景気刺激策で国内企業の供給が増えても... ここから先はメルマガ ”熱血日記” を購読してお楽しみ下さい。
http://www.mag2.com/m/0001646353.html

 (つづく)

 【 マンガで分かるマッキンゼー式ロジカル・シンキング 】



 【 マッキンゼー 経営の本質 意志と仕組み 】


posted by ヒデキ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | マッキンゼーの知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック