2015年08月27日

横浜、日吉・綱島 ラーメン店格付け (4)

saiwaiya.jpg

 今回は川崎 家系ラーメンの登場です。
 前職の米スタンダード&プアーズは、米国債や日本国債、トヨタなどの財務信用格付けをやっている会社でしたが、退職したのを良いことに、厳格な格付け基準を勝手に応用してラーメン店の味を格付けしています!(笑)

 格付け基準は下記をご覧下さい。  
                   
コッテリ系の味が好きな人は、横浜家系ラーメンの ”らすた” や ”銀家” (日吉)に行きますが、郊外の街道沿い(尻手黒川道路)にたたずむ幸家(サイワイヤ)は、昼からガテン系のいかついお兄ちゃんが集まるラーメン店です。

 都会の緊張感あふれる東急東横線の駅前と比べると、だいぶリラックスした、道の広々とした郊外の街角です。ニューヨークからハドソン川を一本隔てた郊外のニュージャージーみたいな雰囲気といえば分かるでしょうか? そう。川崎は首都圏を代表する工業地帯。ガテン系のお兄さんが主流の街です。

 ロバート・デニーロがシチリア系マフィアを演じた ”Good Fellows” に出て来るような広々とした郊外にこのラーメン店はあります。

 このお店の売りはトンコツの味がくどくなく、醤油系のあっさり味がミックスした食べやすさにあります。年配の人が食べても胃がもたれないだろう爽やかにあります。

 味は醤油の一種類のみで、茎わかめや白髪ネギなどをトッピングでつけられます。麺もほどよい硬さでかみごたえがあります。唐辛子ペーストとニンニクをたっぷり入れて、好みの味を調合する。

 厨房が清潔で、店内が広々としているところも、また来たくなる魅力です。

 ラーメンのトッピングは、海苔10枚、チャーシュー1枚、ほうれん草、スライスネギ少々。あと味玉。
 厨房が清潔で、店内が広々としているところも、また来たくなる魅力です。
 
 格付け (A)

神奈川県川崎市高津区 子母口 311
JR南武線 武蔵中原駅から1,472m
http://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140504/14003505/dtlmap/

 ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ 

 ラーメン店 格付けの基準

AAA (超優良)−チャーシューが美味く、麺に腰があり、スープの味が病み付きになる。
        −ネギやニンニク、生姜等のトッピングが無料で出てくる。
        −替え玉が無料、ご飯が無料
        −お店に着いて7分以内に食べられる。
        −常連さんになってお店に通う。

AA  (優良) −チャーシューが美味く、麺に腰があり、スープの味もまずまず
         −ネギやニンニク、生姜等のトッピングが無料で出てくる。
         −替え玉かご飯のどちらかが無料
         −お店に着いて10分以内に食べられる。
         −絶対にまた来店することウケ合い。

A   (まずまず優良) −チャーシューの味はまずまず、麺に腰があり、スープの味もそこそこ美味しい
         −ネギやニンニク、生姜等のトッピングが無料で出てくる。
         −替え玉やご飯は有料
         −お店に着いて15分は待たされる
         −機会があればまた来店するだろう。

BBB (普通) −チャーシューの味は普通、麺に腰があり、スープの味も期待を裏切らない。味に独特の工夫         や努力の跡が見られない。
         −ネギやニンニク、生姜等のトッピングが無料で出てくる。
         −替え玉やご飯は有料
         −お店に着いて20分は待たされる
         −近くに良い店が無ければまた来店するだろう。

BB (投機的格付け)−チャーシューの味は普通、麺も並みの美味さ、スープの味も普通。
           どこが美味しいのか分からない。
         −ネギやニンニク、生姜等のトッピングがサービスされない。
         −替え玉やご飯は有料
         −お店に着いて30分は待たされる
         −もう絶対に来ない。

B  (信用不安あり)−チャーシューの味は普通以下、麺も普通以下、スープの味も普通以下。ラーメン屋をやる価値が分からない。
         −ネギやニンニク、生姜等のトッピングがサービスされない。
         −替え玉やご飯は有料
         −お店に着いて40分は待たされる
posted by ヒデキ at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 心地よい店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック