2015年05月16日

元気の出る言葉 

 「 世間の評判は気にせず、自分の正しいと思うことを真っすぐにやる。」
 − 吉田松陰

 世間が人を褒めたりけなしたりする見方は、実態と違うことが多い。それなのに、世間の評判を気にして、表面的なことばかりを気にかけているようでは本当に正しいことはできなくなる。

 だから本当に成長する人というのは、自分の正しいと思うことを真っ直ぐにやり、進むのである。

 真っすぐに進む人ほど事をなす。余計なことを考えないから集中でき、やることをやってひたすら実践するから、世間からは 「コイツは気が狂っている。」 と言われる。

 しかし、それだからいいのだ。世間の評価というのはズレていることが多い。大体、時代から遅れている。だから狂っているように見えるのだ。

 吉田松陰は、やるべきと思ったらすぐやる人であった。しかし、世間はそんな松陰を狂っているとしか見なかった。

 藩の軍学教授という地位が保障されていながら、友情のため、また、今見ておくべきのことがあるのだという思いに駆られ脱藩をする。当時の脱藩は重罪であったが、それでも実行に移した。

 ペリーの船で密航しようというのも、当時は国法に反する大罪であった。だが日本のためにこれしかないと思い、実行に移すのだ。

 当時の人にとっては恐れおののくほどの狂人であったかもしれないが、今は多くの日本人が尊敬をしている。本当に正しいことをやり続けるという人は、狂って見える。

(引用 『狂気のススメ』 常識を打ち破る 吉田松陰の教え)

posted by ヒデキ at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 元気の出る言葉  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック