2015年04月12日

ポジティブ思考へ! 一瞬で自分を変える方法 (10)


 - 挫折に打ち勝つメンタル・タフネスを身につける 

 【 この連載はカテゴリー欄 ”頭の回転が速くなる方法” より通してご覧になれます 】

 前回は自分の経験から学んだ3つの原則をご紹介しましたが、今日はその思考の土台となるメンタル・タフネス(精神的な打たれ強さ)の話をします。

 ポジティブ思考へ発想を根本的に切り替えるには、ただ単にその状況から得られるメリットだけを考えて、自分を無理やり納得させるだけでは無理だと思います。なぜなら、人間は感情の動物だからです。

 あなたが仕事や生活で思い通りにいかなかったり、軽い失敗や挫折を味わったとき、あるいは人から嫌われたりした場合、いくら 「ポジティブに考えよう。」 と発想の切り替えを図ろうとしても、気持ちの9割方は暗くて分厚い雲におおわれて、思考だけで元気になれるはずはありません。

そんなとき、9割のネガティブな気分を吹き飛ばすことのできる要素は “メンタル・タフネス”(精神的な打たれ強さ) だと思います。打たれ強い心、そして人生のさまざまな経験を乗り越えてきた挫折経験から成るものです。
 
あなたが 『超ポジティブ思考』 の仲間入りをして、これまでの平凡な日常から脱却し、毎日を希望に満ちた明るい顔で、野心的な目標にひた走っていく強い心を得るには、メンタル・タフネスが必須条件です。

では、メンタル・タフネスを得るにはどうすれば良いのでしょうか?私は次の3つだと考えています。

@  今、自分が持っているものを数え上げて、相対的に見れば自分は幸せなのだと納得する。

A  高い目標を掲げてまい進した挙句に挫折し、失敗体験から教訓を学ぶ。失敗体験を多く経験することで、そんじょそこらの挫折には屈しなくなる。

B  社会問題に広く目を向け、若くして亡くなった人の境遇、身体に障がいを負い、健常者よりも不便だけどひたむきに生きている人たちの境遇に思いをはせる。そして自分が社会に何をGiveできるか考える。それを実行に移したとき、あなたは内面から幸せ感に包まれる。
 
 この3つがあれば、まずあなたは常人の3倍くらいのメンタル・タフネスを備えられるはずです。

私が壁にぶち当たったとき、会社をクビにされたとき(外資系金融機関の正社員の平均勤続年数はわずか2年から3年です。)に、必ずすることは 1番です。

 自分が今、持っているものを数え上げて、周囲と比べれば。。。 ここから先はメルマガ ”熱血日記” 4月12日号で配信しています。右側のタブからメルマガを購読してお楽しみ下さい。 (月324円。)

 (つづく)

 メルマガ ”熱血日記” 
http://www.mag2.com/m/0001646353.html

posted by ヒデキ at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭の回転が速くなる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック