2013年12月10日

英語のシャワー ≪ピーター・ドラッカー 革新と企業家精神 (16)≫

 ピーター・ドラッカーの ”イノベーションと企業家精神 (16)” をお届けします。下記のカテゴリー欄より連載記事を通してご覧になれます。

 経営学とビジネス英語の両方を学べるでしょう。英語の後に日本語訳が続きます。

 Which of the two is more applicable depends, I would argue, on the specific case rather than on the theoretical model.

The shift from the integrated steel mill to the “mini-mill”, which starts with steel scrap rather than iron ore and ends with one final product (e.g., beams and rods, rather than raw steel that then has to be fabricated), is best described and analyzed in supply terms.

 2つのどちらがよりふさわしいかには議論の余地があるが、理論的なモデルよりも特定のケースによる。

鉄鉱石から鉄をつくる総合製鉄所から、鉄スクラップを原料にして電炉で鉄をつくる “ミニミル” への転換は、まさにサプライサイド(供給側)により描かれ、分析される。
 
The end product, the end uses, and the customers are the same, though the costs are substantially lower. And the same supply definition probably fits the container.

 コストが破格に安かろうが、最終製品、エンドユーザー、そして顧客は同じである。そして、サプライ(供給)の定義は多分コンテナの登場にも当てはまるだろう。

But the audiocassette or the videocassette, though equally “technical”, if not more so, are better described or analyzed in terms of consumer values and consumer satisfactions, as are such social innovations as the news magazines developed by Henry Luce of Time-Life-Fortune in the 1920s, or the money-market fund of the late 1970s and early 1980s.

 だがカセットテープとビデオテープの登場は、どちらも“技術的”ではあれ、それ以上ではないにせよ、ヘンリー・ルースが1920年代に世に出したニュース雑誌 “タイム” “ライフ” “フォーチュン誌” や1970年代後半から80年代に世に出たMMF (マネー・マーケット・ファンド)のようなめざましい社会的イノベーションのように、顧客バリューと顧客満足という尺度から説明、分析した方がよいだろう。 

  We cannot yet develop a theory of innovation. But we already know enough to say when, where, and how one looks systematically for innovative opportunities, and how one judges the chances for their success or the risks of their failure.

 わたしたちにはまだイノベーションの正確な原理など分からないのである。だが私たちはいつ、どこで、どのように イノベーションの機会や、人が成功または失敗のリスクをどう判断するかを系統だて見るすべを十分知っている。

  We know enough to develop, though still only in outline form, the practice of innovation.

 わたしたちはイノベーションの実践を (まだ輪郭にしか過ぎないが) どう開発するかを十分に知っている。

  It has become almost a cliché for historians of technology that one of the great achievements of the nineteenth century was the “invention of invention”.

  Before 1880 or so, invention was mysterious; early nineteenth-century books talk incessantly of the “flash of genius”. The inventor himself was a half-romantic, half-ridiculous figure, tinkering away in a lonely garret.

  技術史家には陳腐な言い回しかもしれないが、19世紀最大の偉業は “発明を発明すること” だった。1880年代かそこらまでは、発明は神秘だった。19世紀初頭の本には“天才のひらめき” とひっきりなしに出てくる。発明家自身は半分ロマンチックで、半分無精者で、孤独な屋根裏部屋を引っかきまわしていたのである。

  By 1914, the time World War 1 broke out, “invention” had become “research”, a systematic, purposeful activity, which is planned and organized with high predictability both of the results aimed at and likely to be achieved.

 やがて1914年に第1次世界大戦が勃発すると、“発明”は、結果志向と実現可能性の双方に高い予測を伴ったうえで計画・組織する、系統だて目的をもった“研究” へと変っていった。

  Something similar now has to be done with respect to innovation.
Entrepreneurs will have to learn to practice systematic innovation.

 それと似たようなことがイノベーションについても行われなくてはならない。企業家は系統だったイノベーションの実践について学ばなくてはならないだろう。

  Successful entrepreneurs do now wait until “the Muse kisses them” and gives them a “bright idea”; they go to work. Altogether, they do not look for the “biggie,” the innovation that will “revolutionize the industry”, create a “billion-dollar business”, or “make one rich over-night”.

 成功している企業家はいまや、知の女神がキスをして “聡明なるアイデア”を授けてくれるのを待ってから仕事に出かける。彼らは“業界に革命を起し”たり、“1千億円級”を創ったり、“一夜にして大金持ちになる”ような“大物級”イノベーションを全く期待していない。

Those entrepreneurs who start out with the idea that they will make it big – and in a hurry – can be guaranteed failure.

 大物級のアイデアを持ち、急いて行動をはじめる者には、失敗が保証されているのだ。

  They are almost bound to do the wrong things. An innovation that looks very big may turn out to be nothing but technical virtuosity; and innovations with modest intellectual pretentions, a McDonald’s, for instance, may turn into gigantic, highly profitable businesses.

 彼らは間違った行いをしようとしているのも同然である。 大物級にみえるイノベーションは、結局なにも産み出さず、技術的な骨董品で終わってしまうかもしれない。そしてマクドナルドの例に見られるように、ほどほどに知的なイノベーションのほうが、かえって巨大で利益率の高いビジネスに転じる可能性がある。

 The same applies to nonbusiness, public-service innovation.

 同じ話が非営利分野である公共サービスのイノベーションにも通ずる。

 Successful entrepreneurs, whatever their individual motivation – be it money, power, curiosity, or the desire for fame and recognition – try to create value and to make a contribution. Still, successful entrepreneurs aim high. They are not content simply to improve on what already exists, or to modify it.

 カネであれ権力であれ、好奇心であれ、あるいは名声や認知への渇望であれ、個人の動機から生まれた成功する企業家は、価値をつくり、貢献しようとする。

 さらに、成功する企業家は高い志をもつ。彼らはすでにある物を単に改善したり修正したりすることで満足するわけではない。

 They try to create new and different values and new and different satisfactions, to convert a “material” into a “resource”, or to combine existing resources in a new and more productive configuration.
 
 彼らは斬新で違う価値、そして斬新で違う次元の満足を“ある物”を“資源”に転換したり、すでにある資源を新しくより生産的な仕様に組み合わせて作ろうとする。

And it is change that always provides the opportunity for the new and different. Systematic innovation therefore consists in the purposeful and organized search for changes, and in the systematic analysis of the opportunities such changes might offer for economic or social innovation.

 斬新で違うモノへのきっかけをいつも提供してくれるのは変化である。系統だったイノベーションは従って、変化への目的のある組織だった探究と、そのような変化が経済や社会的イノベーションに提供するであろうきっかけの系統だった分析から成り立つ。

婚活バスならハピネスツアー

( つづく )
訳: ヒデキ

 outline form 輪郭
  Cliché     陳腐な決まり文句、使い古された言葉
  incessantly  ひっきりなしに
  tinker    いじくり回す
  garret 屋根裏部屋
  predictability 予言できること
  with respect to に関して
  altogether   全く、完全に、合計して
  biggie Big shot, 重要なもの、成功したもの
  virtuosity   技巧、妙技、名人芸
  modest    控えめな、けんそんした、まあまあの
  intellectual   知力の、すぐれた知性を持った
  gigantic    巨大な
  presentation 提示、表現、発表、披露
 content 満足している、〜に甘んじている

 ( 引用: Innovation and Entrepreneurship )



posted by ヒデキ at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語のシャワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック