2013年11月09日

商社マンの仕事 − 世界級ランカーのくず鉄トレーダー (2) 

 【 連載記事は下記のカテゴリー欄より通してご覧になれます 】

 この興国金属との取引では思い出がある。
売上高を大幅に増やしたのはよかったが、当然売上金を回収しなければならない。しかし製鉄会社は、納入した鉄屑代金を現金では払ってくれない。

 通常は納入後90日払いとか、ひどい時には180日払い、さらには 「 台風手形 」 などといって210日払いになる。いわゆる信用取引だが、相手が倒産でもしたら債権の回収はできない。

 商社には取引相手ごとに信用供与の枠が定められている。相手の営業状態や財務内容に基づいて売掛残高の最高額を設定するが、その際担保も要求することになる。そして、しっかりした担保があれば、その担保額までは安心して売上を伸ばすことができる。

 興国産業の売上を伸ばしたのはいいが、社の審査部が設定する信用供与枠を超える事態になった。

「 ナンさん、興国の担保要りまっせ。与信限度超えてまっせ。 」 

「 心配すな、ワテに任しとけ、なんぼ要るんや、3億もあれば十分やろが、君は心配せんと、どんどん売上伸ばせ 」 

 「 ナンさん、担保なしではこれ以上売れまへんで、審査部から文句来てまっせ。もう2か月も経ってますわ。オレに任せとけって、偉そうにいうてからに。 」 

「 ヨッシャ、ついてこい、こんな話はな、スパッと出すんや、分かったか、よう見とけ 」 

 「 ナンさん、今日は担保の話やなかったんですか。ご機嫌さん、はいさよならでっか。担保のタの字も出さんとからに、ついて来い、よう見とけて偉そうなこと言うてからに・・・相手の顔みたら一言もよう言わんと帰ってきてからに。 」 

「 ばか、こんな話は、一度でできるか、興国の担保はな、みんな丸紅に入っているんだ。それを引き抜いて、住商に切り替えさせるんや。簡単にいくかい、アホ 」 

 クリスマスも終わり、年の瀬も押し詰まった寒い日だった。年末のあいさつも兼ねて、ナンさんと興国に出向いた。相手は専務の角野さん。そのやり取りは鮮明に覚えている。

 「 ナンさん、なんでんねん、ここんとこよう訪ねて来てくれはりまんな、こないだから、3度も来てくれて、ナンさんも帰りはるけど、なんぞ大事なことでもあるノンとちゃいまっか。 」 

 「 年の瀬も押し迫って何とかお取り込みとは存じますが、お察しのとおり、この南庄次、たってのお願いがござんす。 」 

「 ナンさん、担保の話でっしゃろ。 」 

「 よろしゅうおまっか、南がおたのみ致しますからには、少々、大きゅうおまっせ、3つでござんす 」 

「 3つ、でっか、1つなんぼの話やろか 」 
「 南庄次でござんす、ようごわすか、南がひとつと申しますれば、億でござんす 」 
「 3つで3億でんな 」 

 こんな具合で、冷や汗たらたら、何となく、波風たてずに担保の交渉は成功したが、実はその後、興国金属は倒産する。1975年のことである。この興国向け取引でしのぎを削りあった丸紅の永谷さんがニューヨークからメキシコに電話してきた。

「 おいギャング、興国がつぶれたぞ 」 

 永谷さんは興国の一件以来、私を 「 ギャング 」 と呼ぶのだが、彼とは取った取られたの仲。競争相手ではあったが、何か通じるところがあったのか、彼が丸紅のニューヨーク、私が住商のメキシコに駐在していても時たま連絡があった。

 この興国倒産のニュースにはこみあげてくるものがあった。命がけで取り組んだお客だった。経営者である角野一族にも随分と可愛がって頂いた。吉野の材木商から鉄鋼業に進出されたと聞いていたが、腰も低く、鉄屋独特の匂いがない。

 いかにも堺か吉野の商人のイメージで、どこか温かく人情味のある素晴らしい人たちだった。それが倒産するとは、経営は人柄だけではないのだと、いまだに感慨深い事件であった。

 住商には幸い、この担保のおかげで被害はなかったと聞いている。
 
 ( つづく ) 

 ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ 
増井重紀氏 − 住友商事を出発点に、世界最大の鉄くず産出国アメリカで企業経営を17年。動きの激しい鉄くず相場、その針のムシロに悶えながら凄まじい現代鉄クズ戦争を勝ち抜き、ヒューゴ・ニュー・コーポレーションをアメリカ最大の鉄クズ輸出業者に育てた後、現在は新会社を設立。『鉄屑ロマン』 の著者。

( 引用: 鉄屑ロマン) 
posted by ヒデキ at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 商社マンの仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック