2011年12月25日

伝説の商社マン (6) 丹羽宇一郎、伊藤忠商事

" 涙が出るほどの感動を味わえ ” 

“ 人は、仕事によって磨かれます。仕事で悩み、苦しむからこそ人間的に立派になるのです。 ” 伊藤忠商事元会長、現: 中国大使の丹羽宇一郎氏は言う。

 仕事をすると、2種類の報酬がもらえます。 「 見える報酬 」 お給料と、 「 見えない報酬 」 自分の経験値と成長です。

 だから、 「 こんなつらい仕事をやらされるなんて 」 とゴチャゴチャ不満を言う前に、それを与えられたことを喜ぶべきなんです。

 もちろん、嫌な仕事を引き受けられたからといって、それと自分の成長はイコールとは限りません。しかし、周りの同僚が誰も引き受けないような仕事を引き受けて、それを前向きにとらえるところにグレードアップの可能性があるのです。

 私が課長だった頃は、部長の権限くらいの仕事をしていました。自分の権限が及ばない案件については、理論と現場経験をもって部長を説得してしまうからです。すると、課長の立場にありながら、実質的には部長レベルの仕事までできるわけです。

 今、伊藤忠は安定した組織となってきました。これは一方ではいいことです。しかし人間、会社が大きくなると官僚的になる。安定した組織を維持するという点では、官僚的というのは大事なことですが、その一方で実に弊害も多い。

 賢い人間が多くなるんです。だからリスクを取らなくなる。新しいビジネスモデルを創っていく気概のある人間が減っているように思います。リスクを取らない人間ばかりが増えたら、商社は一体どこで儲けるというのでしょうか。

 私はよく経営会議で言いました。
 「 君たち! 本当にオシッコ漏らすぐらいの緊張感を感ずる仕事をしろ! 」 と。

 どっちに転んでもたいしたことないような仕事をしたって、感動も感激もありません。想像を膨らませて、大きな仕掛けを考える。このビジネスが成功させるか、契約が成立するか、オシッコ漏らすくらいの緊張を伴う仕事をすれば、そこには涙が出るほどの感動や感激があるはずです。

 今でも覚えているのですが、アメリカに駐在していたとき、ホワイトキャッスルというハンバーガー屋がありました。小さな箱に入っていて、当時は15セントか25セントくらい。

 蒸気を出すしかけでハンバーガーは膨らんで、温かいまま食べれられるアイデア品です。私はいつも5つくらい食べていました。

 この店はボストンやニューヨークなど、ノースイーストで展開していたので、私がオーナーに掛け合って、日本に進出しないかと持ちかけました。

 ところがオーナーは、日本に進出するくらいなら、アメリカの他の地域で展開する。しかも今のところ北東部から出るつもりはないとのこと。

 結局、これは実現しませんでしたが、少なくともこうした行動力がなければ、新しいビジネスを仕掛けることなどできないでしょう。そのぐらいの意欲がほしい。だけど、今の若者たちはそうしたひたむきな努力を冷笑し、冷めた目で見ている人が多い。

 もうそれだけで腹が立ちます。

 会社経営者にしてもそうです。私が最近の経営者を見ていてダメだと思うのは、週刊誌とスポーツ新聞しか読んでいない人が増えていることです。

 難しそうな単行本は読まない。これでは論理的な思考はどんどん衰退していきます。もっと問題なのは、想像力がなくなるということです。

 ビジネスマンにとって読書は大事です。

 私は名古屋市西南部の西端、下之一色町というところの本屋さんに生まれ育ちました。

 いつも模範生であることを期待され、高校時代は生徒会の議長をやっていたから、受験勉強はほとんどしていなかった。名古屋大学を受験して見事落ちました。そして予備校に通い、翌年には無事に名古屋大学法学部に合格しました。

 新聞部に入部したものの、翌年からは学生運動一色。私ものめりこんでいきました。
勉強などほとんどせず、教養課程はほとんど出席日数がぎりぎりというありさま。無鉄砲な学生でしたから、まともに就職できるとは思っていませんでした。

 伊藤忠商事と聞いても、大阪にある繊維の会社ということくらいしか知りませんでした。
面接で聞かれたのは成績のことでした。

 「 全部、優です。 」 と言いましたが、全部といっても専門課程は6つか7つくらいしかありあません。

 なおかつ、高校時代には生徒会の議長をやっていた。何となく優秀そうだ。それで終わりです。

 就職試験に行くと、帰りに交通費を支給してくれるでしょう。私はそのお金で、大阪のミュージックホールへ行って遊んでいました。夜遅く帰宅すると、もう採用通知が届いていたんです。

 「 なんていい会社だ 」 と思って伊藤忠に入社しましたが、入って早々、
 「 このままでは堕落する 」 と思いました。書類の清書とか、コピー取りなど、知的要素の無い仕事ばかりだったからです。

 新入社員のときは誰でもそうかもしれませんが、私も例外ではありませんでした。
 「 いったい私をだれだと思っているんだ 」 と嫌気が差して、入社して2か月あたりでもう辞めようと本気で考えました。

 名古屋大学の先生に 「 会社を辞めて司法試験を受けようと思う。 」 とまで手紙を書いたくらいです。そしてなけなしの金をはたいて六法全書を買いました。

 ところがその決意はたったの一か月でもろくも崩れ去ります。なぜかというと、銀座のバーに負けたんです。先輩が銀座に連れて行ってくれるようになって、そっちのほうが六法全書よりも魅力的だった。

 今となっては笑い話ですが、当時は反省しました。

 私は入社当初から、鼻っ柱の強い社員だったと思います。田舎者で、言葉づかいやマナーも知らなかった。スーツは一着だけ、髪はバサバサ。およそ商社マンとしてあるまじき姿です。

 「 きみ、ポマードくらいつけてこいよ 」 と先輩に言われましたが、かえって 
「 なんでそんなものをつけなきゃいけないの 」 と反発していました。

 加えて、 「 こんな仕事などやっておれん 」 という態度があからさまに出ていたので、反感を買っていたと思います。

 「 一生懸命働いているのに、どうして他部門の同僚より給料が安いのか。もっと評価してくれてもいいんじゃないか。 」 という思いが顔に出ていたのか、あるとき課長さんから言われました。

 「 能力というものは、自分で評価するものではない。他人が評価するものだ。 」 納得いきませんでした。でも、それからです。
 「 今に見ておれ 」 と反骨精神が出てきたのは。

 それからは毎日11時くらいまで仕事をするようになりました。おそらく月間で100時間以上は残業していたんじゃないでしょうか。

 しばらくしてから、上司の言った意味がわかるようになりました。ビジネスの世界では、自分の評価など何の足しにもならないということです。たとえば、自分が100点満点の仕事をした場合でも、他人の評価はせいぜい70点か80点くらいでしょう。

 社会人になったばかりの頃は、たいていの人がここのところに思いが至りません。自分の能力に謙虚になれず、先輩たちが会社に飼いならされているとすら思ってしまう。

 社長の私に若手社員から先輩の悪口を書いたEメールが飛んでくることもあります。でも、先輩や上司の悪口を言う前に、果たして自分の実力はどうか考えてみてはどうでしょうか。他人の批判ばかりで謙虚さがないのはいけません。

 入社6年目に、食料を担当していた私はアメリカに駐在となりました。

 ( つづく ) 


posted by ヒデキ at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝説の商社マン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック