2011年03月22日

大阪シティ (1)

CIMG2024.JPG

 外資系企業の意思決定は日本企業と比べると信じられないくらいに速く、3連休のあいだも、つぎはぎ状態でカンファレンスコール ( 国際電話会議 ) が入り、

 ” ジャパンのクライシスをどう回避するか!? ” ということで、連休気分など、どこにもなかった。

 そんなわけで、連休最終日に急きょ、大阪出張が決まり、今日は朝早い東海道新幹線のぞみに乗って、大阪に向かう。

 ” たとえどんな災難に見舞われようと、ジャパン・オペレーションはオマエが守れ !! ”
というわけだ。

 今朝の首都圏は雨だったが、新幹線が西に向かい、浜松を通過して浜名湖の弁天島に乱立するパームツリー (椰子の木) のトロピカルムードが視界全体をおおう頃から、天気も、街の雰囲気も、明るくなり、三河湾の蒲郡市沖合いにのどかに浮かぶ竹島と蒼い海が見えてくるころには、

 ” ホントに同じ国かよ !? ”

 と思えるくらいになり、その10分後に、2年前の世界金融恐慌の痛手からたくましく脱出して、名古屋シティの中心部に突貫工事的にすすむ高層ビルの建築クレーンが見えてくる頃には、

 ” なんで東日本だけが損するだでー? ここ名古屋は全然大丈夫じゃん。 ” ( 三河弁 ) 

 という気分にすらなってきた。。。

 そんな訳で午前中に新大阪駅に降り立つと、今日一日、というより、今週まるまるが突貫工事的に大阪で働く、猛烈ハードワーカー、超ハッスル型ジャパニーズビジネスマン、になった訳である。

 昼飯を食う時間すらないので、立ち食いうどん屋で、薄味の関西うどんと、大阪名物ばってら寿司を食べて、仕事に向かう。

                  ( つづく )
 

 
posted by ヒデキ at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック