2010年01月12日

総合商社の機能と組織 (7) 

 タテとヨコとは? − タテの三菱商事、ヨコの三井物産

 商社では、かつて 「タテの三菱商事、ヨコの三井物産」 とよく言われた。タテとヨコとは、営業の組織体制の特徴を示したもので、 「タテ型組織」 とは、営業部門またはグループ→ 営業本部→ 営業部と、営業部門ごとにタテの指揮命令系統が明確なトップダウン型組織である。

 一方、 「ヨコ型組織」 とは、社長に直結する営業部に大きな裁量権を与え、現場が自由奔放に展開できるフラット型組織である。

 三菱商事は営業のタテの権限が強いのが特徴で、海外店の駐在員も背番号のある出身グループの指揮命令系統化にあり、東京本社の意向に沿って動いている。また、海外の事業会社は、多くがその会社の所在地域にある現地法人の主管ではなく、東京本社の営業グループの主管である。

 一方、三井物産は、戦前から伝統を受け継いだ 「部店独算制」 と呼ばれる体制を敷き、規模の大きな営業部の部長が現場で予算・決算責任から投融資、人事までの一切の責任を負っていた。

 この制度では、国内店、海外店は場所長が利益責任を負い、派遣員や駐在員は所属する場所長の指揮命令権の傘下に入り、一時的に背番号が変わることになる。また、海外の有力事業会社の多くは、所在する地域の現地法人が主管している。

 この伝統ある部店採算制も、本部制の導入により本部店独算制に改められ、2004年、国内店については独算制にを廃止して、営業部門がタテでみるようになり、100年の歴史を有した制度もついに幕を下ろした。

 − 組織の三菱、人の三井 −

 タテで組織の指揮命令系統がしっかり三菱商事は 「組織の三菱」 と呼ばれたのに対し、部店独算制で現場の裁量権を大きくしていた三井物産は若手社員までが、考えながら動く企業文化を醸成し、 「人の三井」 と言われるようになった。

 サッカーにたとえると、商事が組織プレーを重んじる欧州タイプで、物産はスーパープレーヤーが個人技で他を圧倒する南米タイプといえるだろう。

 他の大手商社は、伊藤忠商事がカンパニー制、住友商事と丸紅が部門制を敷くため、ほとんどタテ型の組織体制を敷く。

 ただし、海外店の経営は、東京からコントロールするよりも、現地駐在員に権限を与え、迅速な判断をした方がグローバルな競争時代に合っている。このため、営業主管の事業会社に現地法人が指導を行うなど、タテとヨコが融和した経営が多い。

           (引用: 日本実業出版社、よくわかる商社)

 
posted by ヒデキ at 00:23| Comment(0) | 総合商社の機能と組織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]