2020年02月24日

欧米人の思考回路 (16)

【欧米人の思考回路(16)】
 マキャベリの次は、ヘーゲルの弁証法から、欧米人の思考回路がどうなっているかをお伝えしていきます。農耕民族の日本人と、欧米人の思考回路は、まるで違います。

  弁証法とは、問題解決の思考的道具 (ロジカル・シンキング) の源にもなります。 

 ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ 
 
 精神こそが根本的な永遠的な存在であって、物質とよばれるものはその産物であるとする世界観を、哲学では “観念論” といいます。観念論と宗教とは、何らかのかたちで世界の創造を主張し、自然の背後に超自然的な自然の創造者を認める点で、本質的に一致しています。

 これに対して、世界は永遠の昔から存在したものであり、人間のいない時代にも世界は存在したのであり、つねに物質的に統一されていたとするならば、物質こそ根本的な永遠的な存在であって、精神とよばれるものは生物の発生以後においてはじめてあらわれた存在であり。。。つづきはメルマガ ”熱血日記” からご覧下さい。
https://www.mag2.com/m/0001646353.html

【100万人に1人の存在になる方法】
不透明な未来を生き延びるための人生戦略



◆藤原和博流、働き方の集大成・究極版! !
◆NewsPicks Studios CEO 佐々木紀彦氏推薦!
「あなたの天職はきっとある。読むと元気がもらえる希望の書。」
◆君は、「コモディティ会社員」になるか、それとも、「レアカード仕事人」になるか
今後の仕事人生に危機感を抱く人へ送る、絶対に食える「キャリアかけ算」実践ガイド

これからは「コモディティ会社員」と「レアカード仕事人」に二極化する。
今まで以上に稼げるようになる人がいる一方で、これまでのように稼げなくなる人も大量に出る。
特に、サラリーマンの仕事がなくなっていく厳しい時代だ。
そんな人生100年時代に生き抜くために知っておきたい藤原和博流・働き方の集大成。
posted by ヒデキ at 09:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする