2020年02月24日

欧米人の思考回路 (16)

【欧米人の思考回路(16)】
 マキャベリの次は、ヘーゲルの弁証法から、欧米人の思考回路がどうなっているかをお伝えしていきます。農耕民族の日本人と、欧米人の思考回路は、まるで違います。

  弁証法とは、問題解決の思考的道具 (ロジカル・シンキング) の源にもなります。 

 ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ 
 
 精神こそが根本的な永遠的な存在であって、物質とよばれるものはその産物であるとする世界観を、哲学では “観念論” といいます。観念論と宗教とは、何らかのかたちで世界の創造を主張し、自然の背後に超自然的な自然の創造者を認める点で、本質的に一致しています。

 これに対して、世界は永遠の昔から存在したものであり、人間のいない時代にも世界は存在したのであり、つねに物質的に統一されていたとするならば、物質こそ根本的な永遠的な存在であって、精神とよばれるものは生物の発生以後においてはじめてあらわれた存在であり。。。つづきはメルマガ ”熱血日記” からご覧下さい。
https://www.mag2.com/m/0001646353.html

【100万人に1人の存在になる方法】
不透明な未来を生き延びるための人生戦略



◆藤原和博流、働き方の集大成・究極版! !
◆NewsPicks Studios CEO 佐々木紀彦氏推薦!
「あなたの天職はきっとある。読むと元気がもらえる希望の書。」
◆君は、「コモディティ会社員」になるか、それとも、「レアカード仕事人」になるか
今後の仕事人生に危機感を抱く人へ送る、絶対に食える「キャリアかけ算」実践ガイド

これからは「コモディティ会社員」と「レアカード仕事人」に二極化する。
今まで以上に稼げるようになる人がいる一方で、これまでのように稼げなくなる人も大量に出る。
特に、サラリーマンの仕事がなくなっていく厳しい時代だ。
そんな人生100年時代に生き抜くために知っておきたい藤原和博流・働き方の集大成。
posted by ヒデキ at 09:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月23日

ゴールドマン・サックス証券(7)

アーク森ビル .jpg

 ― 内定

 そんな恐怖の4時間の面接試験が終わってやっと解放され、
 「お疲れ様でした。長かったから大変だったでしょう。今日はこれで終わりです。」とねぎらう秘書のIさんの言葉を振り切るように、トイレに駆け込んだ。

 こうしてやっと最後の面接を終了した。
 ヘッドハンターからスカウトの話が来た4月から3か月も掛かってやっと入社試験を終了した。
 
 やがて季節は夏となり、半袖のワイシャツで勤務先だったドイツ系銀行に通っていたが、ゴールドマン・サックスは着ている物が違うので、その時だけは、絹が艶々と輝く100%の長袖ボタンダウンシャツで内定式に出かけて行った。

 ミックの秘書Iさんから、「入社の条件についてお話があるので」という電話を受けたので、ヘッドハンターに電話で相談すると、
 「オファーレター(内定通知書)をもらうまでは勤務先に辞表を出すな。年収に合意すれば、オファーレターにサインして、勤務先に辞表を出せば良い。多分、桁違いだと思うよ。」というので、本当かどうか知らないが、期待を持って出かけた。

 何回か来た赤坂アークヒルズの、重厚なマホガニー色で象られたゴールドマン・サックスのオフィスは、それまでの自分の人生には無い別世界だと感じていたが、改めてこれから自分もその一員になるのかと思うと、全身が興奮した。

 甘いバニラの香りをしたフレグランスをふりまき、上品な金のネックレスをまとった日本人の幹部が会議室に入ってきて、オファーレター(内定通知書)を手渡した。

「ヒデキさんには年収何千何百万円で弊社に入って頂きます。」と切り出され、リポーティング・ライン(直属の上司)はミック(日本人です。念のため)であることを伝えられた。

 勤務先で使っているレターヘッドとはだいぶ違う、厚くて上品なアイボリー色の紙にオファーが書かれ、品格が漂っていた。
 よく日系の大手証券会社やメガバンクからゴールドマン・サックスに転職すると、年収が2倍、3倍になると聞いていた。確かに、当時の英文年次報告書には、社員の平均年収が3,300万円と記されていた。
 
 社長と新入社員の収入格差が約20倍と小さい日本企業からすれば信じられないかもしれないが、アメリカの大企業はそれが大きいと400倍も差があり、現に投資銀行のマネージング・ディレクターと呼ばれる経営陣や、稼ぎ頭のトレーダーは、年収10億円も珍しくなかった。
 
 ドイツ系銀行から米国投資銀行に転職するのは、広島カープからニューヨーク・ヤンキースに引き抜かれるくらいの違いがある。
世界のメジャーリーグで、欧米の選りすぐりの頭脳に交じって金融の世界でプレーをするという現実に、全身からアドレナリンがバンバン噴き出してきた。

 年収など2の次、3の次で、「世界の檜舞台に立てた!!」
という現実の方が、余程嬉しかった。

 ゴールドマンのオフィスを後にし、地下鉄千代田線の赤坂駅に向かう道すがら、カフェに立ち寄り、アイスコーヒーを片手に、もらったばかりのオファーレターをまじまじと眺め、この手紙で自分の人生がガラリと変わるのだと、心に織り込んだ。

 浜松の片田舎から貧相なジーンズをはき、野心だけを手に、偏差値50代の “日東駒専”に入った僕が、外資系金融にはいり、やっとメジャーリーグでプレーする日が来たのだ。浜松の両親に電話をすると、まるで自分のことのように喜んでくれた。
    (つづく)


【外資系天職を勝ち取る】


慶應義塾大学理工学部応用化学科卒業、一貫して外資系化学・製薬受託企業日本法人でセールスエンジニアのキャリアを積む。
大学新卒で勤務した1社目、勤続18年余りで退職勧奨を受け、不本意ながら44歳で辞職。
失業わずか9日のブランクを経て2社目に就職すると同時に「自身を磨き上げる」目的を行動に移す。
ヘッドハントされて50歳から3社目に転職。販売困難な特殊技術を売る「最後の砦」のセールスエンジニアとして悪戦苦闘するも、2年後にポジションクローズを言い渡され、52歳の高齢で余儀なくされた転職活動を経て現在4社目に勤務。
明確な目標を達成するため意欲的・刺激的な毎日を過ごす。
深く考える・読書・さまざまな自己啓発・趣味を通じて自身で構築したノウハウを礎に、3度の転職ですべて満足度と収入両方のアップを勝ち取る。
1社目入社直後に受けたTOEICは430点。以後アウトプットを中心とした方法で「伝える英語」を習得し、現在は業務英語を自在に操る。
宇都宮市の自宅から東京までの新幹線通勤歴22年、乗車総距離は地球30周に相当する。
趣味は献血(258回)とランニング、フルマラソン完走21回(ベストタイム3時間00分17秒)
国家資格キャリアコンサルタント
posted by ヒデキ at 22:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時間管理術は磨けば磨くほど奥が深い

 ひとり何役も仕事をかかえていると、時間の使い方を工夫することで成果に大きなちがいが出てきます。
働きすぎて自分がすり減ってしまわないためにも、自分に休養をあたえるためにも、時間管理術を磨き上げていくことは大切だと思います。

 一日はだれにでも24時間しかありません。当然ですね。でも、時間管理術を磨けば磨くほど、24時間を27時間分に変えられるし、生産性もあがります。その上、やりたかったけど時間がないから出来なかったことも、いくつも出来るようになります。時間管理術の産む、奇跡です!

 私も自分流の時間管理術で、限られた時間の密度を濃くしてきました。

 ― 複数のことを同時にする。通勤電車はあえて各駅停車で座って移動。電車内で読書、仕事をする。
移動時間は極力、仕事、勉強、メッセのやり取りに転用。

 ― エスカレーターは右側の追い越し車線をトントン駆けあがって、移動時間を短縮(関西地方は左側です)

 ― 湯船につかっている15分は読書にあてる。もちろん、本は水分を吸ってふにゃふにゃになってしまうから、捨ててしまい、また同じ本が読みたくなったらBOOK OFFで買う。

 ― すきま時間を使って、クロスバイクを駆って郊外の里山をかけめぐる。樹木に癒され、マイナスイオンをたっぷり吸って、感性を豊かにする。

 ― 夜は手帳に今日一日の反省を書き込み、同じ間違いをしない、明日は今日より成長するようにする(株式投資をする人など、一日のトレード・メモを書くことで、驚くほど腕前があがります。失敗パターンをすべて記憶できるからです。)

 ほかにも私の時間管理術はいくつもありますが、他の人が実践して仕事の成果を上げた!という本も積極的に読んで活用します。外資系コンサルティングファームのマッキンゼーとか、ボストンコンサルティングの出身者の書かれた時間管理術など、超おもしろいです。1日に14時間から16時間と、超人的な激務をこなしている人たちです。

 ボストンコンサルティングで活躍された女性は、「朝4時おきですべてがうまく回りだす!」(PHP研究所)との本を執筆されていますが、「そこまでするか!」 と驚きました。

“人には追い込み力というとてつもないパワーが存在します” という話には感銘を受けました。
もともと、ワタミフードサービスで働いていた氏は、渡邉美樹社長から、

「一日24時間、365日戦え!」と、とてつもないプレッシャーを受け、お客様からの注文をたてつづけに受けながらキッチンで仕事をされていたそうですが、1分1秒を争うような経営コンサルティング会社に入ってからは、
毎朝4時起きの生活に変えることで、自身の生産性を上げて行ったのだそうです。

お客様の企業の生産性、利益を上げるためにいくつもプレゼンを抱えているのですが、多忙なときは出発の10分前にプレゼンのスライドを作ったこともあるそうです。つまり、火事場のバカ力ですね!

ふつうだったら、そんな危ない橋は渡れませんし、ハラハラしますし、能力的にも不可能なレベルですね。
なぜそんなことをするのか不思議なのですが、「制約条件がクリエイティビティを育てる」
のだそうです。

  期限まであと1週間あるから、ゆっくり資料を作ろうね!などと、のんきなことを言っていると、なかなか仕事が進まない。ダラダラと仕事をするよりも、極限まで追い込んだときのほうがクリエイティビティが発揮される。

普通の精神状態から生まれた考えはたいてい、普通になりがちだが、追い込まれたときの精神状態からは、卓越したクリエイティビティが出てくるのだそうです。脳内ドーパミンがバンバン出るのでしょうか。
さすがは外資系コンサルティングファームです!

また、それだけ超多忙な仕事をしながらも、ボストンコンサルティングには、ワインやバンド活動、中国語といった卓抜した趣味を楽しむ幹部もたくさんいたそうです。「何かひとつのことに秀でた人は、仕事も趣味も手を抜かない」 という共通点を見つけたそうです。

なぜそんな不可能が可能になるかというと、「集中力が他人とくらべて並外れて高い」からだそうです。
仕事が多忙で趣味ができない、となげく前に、“やりたい” という情熱を、並外れた集中力に変えて早く仕事を終わらせるから出来るのだそうです。

 世の中の卓抜した実績をもつ人たちから、時間管理術をまねして、自分の生活に取り入れれば、成長のスピードは、ものすごく速くなると思います。

そんな中でも、自分の体力が消耗しないよう、疲れたら休む。オフィスで机につっぷして昼寝する。
睡眠時間を7時間は取る。といった健康を保つ、病気から自分の身を守ることだけは忘れません。

 【朝4時起きですべてがうまく回りだす! 池田千恵】


posted by ヒデキ at 11:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月08日

元気の出る言葉

「一つの目的を考え、時に挫折してもへこたれないこと。プラス思考で頑張る。」

 ー 根岸英一、ノーベル化学賞受賞、米パデュー大学特別教授

 根岸教授の考え方が好きです。目的意識を持ったら、少々の挫折にも耐えられるし、どうしたら目的を達成できるかを考えることで、経験も増えますし、創造力もつきます。

 自分の人生を豊かに生きようと思ったら、まわりの世間体とか、条件や給料が良いかどうか、ということよりも、何のために働くのか、この仕事をすることで、どれだけ社会を豊かにできるか、といったことを考えて仕事をはじめれば、それは取りも直さず自分の信念に従って生きる、ということですから強いはずです。

 挫折しても、起き上がってこれるでしょう。信念にもとづいて、自分のやるべき仕事をしたら、そこから創造力や行動力が発揮されますから、だれでも成功できると思います。

 だから、真っ先にすべきことは、何のために自分の才能を使って社会を豊かにするかという、目的(means) を考えることだと思います。それさえできれば、もう80点とったのも同じことだと思います。

 【何のために働くのか − 北尾吉考、SBIグループCEO】
 

人間は得てして楽なほうへと進みたがるが、 著者は逆の道を選んできました。
仕事上で何か目標を立てるときは、普通の人よりも圧倒的に高い目標数値を設定。
「あえて艱難辛苦の道を行く」
それが著者の考え方です。
この強い精神力の源は何なのでしょうか。
それは、幼少より親しんできた中国古典だといいます。


 ー 根岸英一、ノーベル化学賞受賞、米パデュー大学特別教授

 根岸教授の考え方が好きです。目的意識を持ったら、少々の挫折にも耐えられるし、どうしたら目的を達成できるかを考えることで、経験も増えますし、創造力もつきます。

 自分の人生を豊かに生きようと思ったら、まわりの世間体とか、条件や給料が良いかどうか、ということよりも、何のために働くのか、この仕事をすることで、どれだけ社会を豊かにできるか、といったことを考えて仕事をはじめれば、それは取りも直さず自分の信念に従って生きる、ということですから強いはずです。

 挫折しても、起き上がってこれるでしょう。信念にもとづいて、自分のやるべき仕事をしたら、そこから創造力や行動力が発揮されますから、だれでも成功できると思います。

 だから、真っ先にすべきことは、何のために自分の才能を使って社会を豊かにするかという、目的(means) を考えることだと思います。それさえできれば、もう80点とったのも同じことだと思います。

 【何のために働くのか − 北尾吉考、SBIグループCEO】
 

人間は得てして楽なほうへと進みたがるが、 著者は逆の道を選んできました。
仕事上で何か目標を立てるときは、普通の人よりも圧倒的に高い目標数値を設定。
「あえて艱難辛苦の道を行く」
それが著者の考え方です。
この強い精神力の源は何なのでしょうか。
それは、幼少より親しんできた中国古典だといいます。
posted by ヒデキ at 21:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月04日

ユダヤ人の秘密(2) ユダヤ人はなぜビジネスの世界で大成功するのか?

クラウゼヴィッツ.jpg

商売における“一番大切なもの”をユダヤ人はまず最初に考えます。
 「買う人、つまり、お客さんがいるかどうか」ということ。ただそれだけです。

「マーケティングの目的とは、
顧客を理解し、製品とサービスを顧客に合わせ、おのずから売れるようにすることである。」 ピーター・ドラッカー(ユダヤ系米国人、経営学者)

「マーケティング」という言葉から何を連想しますか?
難しい理論だったり、頭の良い人が使っている用語に思われるかもしれません。
でも、せんじつめて言うと、マーケティングとは

「買いたい人をみつけて、モノを売ることです」
その秘密をユダヤ人は。。。続きはメルマガ ”熱血日記” からお楽しみ下さい! https://www.mag2.com/m/0001646353.html


【 引用:ユダヤから学んだモノの売り方 】
高校中退、所持金たった1,500円だったこともある、著者。
彼は、以下のような変遷をたどり、とあることをきっかけに「億単位」で稼げるようになっていきます。


●20歳で、たまたま拾ったバイクが8,000円で売れたのをきっかけにバイクのリサイクルショップを始める。
●リサイクルショップが11店舗になった21歳のとき、外資系商社にそのショップを買い取ってもらい、同時にご自身もスカウトされる。
●その商社でビジネスの真髄を叩きこまれる。
●20代前半で、再びバイクビジネスで独立。5億円を売上げるまでになる。
●30代、破産寸前を体験するも、未経験で飛び込んだ広告代理業で復活。2年目で20億円の売上げを計上し、会社を上場化させる。
●40代、2016年の電力自由化にともない、「レジェンド電力」を立ち上げる。1年目を待たずに50億円の売上げを計上する。


では、どうして、ここまで氏はうまくいったのでしょうか?
その秘密は、彼が21歳でスカウトされた外資系商社が、「ユダヤ系商社」だったからです。

posted by ヒデキ at 22:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月02日

STAY HUNGRY! ハングリー精神でのし上がる (2)

サンディエゴ2.jpg

 ベンチャースピリッツのすすめ
【 STAY HUNGRY! ハングリー精神でのし上がる (2)】
 (写真:カリフォルニア州サンディエゴ)

ベンチャースピリットとハングリー精神は非常に共通点が多いと思います。
既存のサービス、既存の会社にはない新しいものを創り出そうとするベンチャースピリットは、なにかワクワクすることを具現化しようとか、独自のアイデアにもとづくビジネスモデルを実現してみようとか、他人とちがう路線を徹底的に極めようとするわけですから、勢い、すさまじい熱量のヤル気や根性が要ります。

ハングリーさがなければ、とうてい実現不可能ですね。

一方で、人間には持って生まれた環境というものがありますから、親から与えられた教育や家庭環境も大きく影響すると思います。まちがっても両親ともに公務員という家庭から、ベンチャー起業家は育ってこないと思いますし、
親が有力政治家だったりしたら、まず社会のエリート街道にすすむことを求められると思います。

本人に体力とハングリー精神が備わっていれば、厳しい受験戦争を勝ち抜いて、名門企業や、一流の官庁に就職し、そこでキャリア形成をがんがん進めてもらえば良いと思います。

でも、そこで問題なのは、自分が社会に貢献したい! とか、ニッポンの経済を拡大したい!とか、自分のする仕事の意味づけ(means) をよく考えているかどうかです。

いくらハングリー精神が旺盛だったとしても、それが社内政治を勝ち抜き、社内のライバルを蹴落とすことに使われたら、あるいは同業他社のシェアを蹴落とすためだけに使われたら、本人の満足はあったとしても、社会のUtility(効用、貢献度)からすればゼロに近いと思います。

つまり、その人が居ても居なかったとしても、社会の進歩に影響しないわけです。僕はビジネスマンとしての成功は、お金以外にも、 “社会の進歩にどれだけ貢献したか?” というのがあると思います。

僕はよく、大企業に勤める友人と酒を飲みにいくと、出てくる話題といったら、会社の不満とか上司の悪口とか、おそろしく生きる世界が狭いのに驚かされることがあります。広い世界をみていない。自分の立ち位置を、means (意義付け) に従ってとことん考えていない。社内政治が彼の人生の80%を仕切っているか? と思います。

これでは、いくら頭脳明晰で、ハングリー精神が旺盛でも、友人としてみると「何なんだろ?」
と思うわけです。いっしょに酒を飲みに行くのなら、外資系の友人やベンチャー立ち上げた友人の方がはるかに楽しいです。

僕の父親は、浜松にあるベンチャー企業から、7人の仲間とともに会社を大きく拡大し、84年には東京証券取引所に上場するまでに至りました。浜松市は、トヨタの創業者、本田技研、ヤマハ、スズキ自動車、河合楽器、ローランドと、自動車、オートバイ、楽器を産み出す国際企業家の街です。

浜松まつりがメチャクチャ熱狂的なところから、情熱家も多いです。元は浜松テレビという社名でしたが、光電子工学を社業のコアとしてPRするために、浜松ホトニクスという社名に変更されました。

7人の町工場を、上場企業に育てあげるだけあって、父親の人生はベンチャー魂そのものでした。
朝起きると、シェーバーでひげをそりながら、「福音書」を読み解き、イエスキリストの教えをたんねんになぞっていました。父は仏教徒ですが、ドイツやイギリス、アメリカへ海外営業に行くために、欧米人の思考回路を朝から勉強していたいのです。

光電子倍増管や、光電子工学を駆使したセンサー技術が、どれだけ日本の社会を進歩させるか、という話を夕方の晩御飯のときに聞かされました。

そこで学んだのは、 “会社の出世街道で成功したひとが、社会の進歩に貢献したひととは限らない。”
ということです。つまり、本当の意味での成功者は、会社で出世するエリートサラリーマン、エリート官僚ではなく、
ベンチャー精神を持った人、というのが僕の学生時代に父から学んだ教訓です。
(つづく)

 本当に出会える、出会い系 Jメール




 【100万人に1人の存在になる方法 − 藤原和博】


「あなたの天職はきっとある。読むと元気がもらえる希望の書。」
◆君は、「コモディティ会社員」になるか、それとも、「レアカード仕事人」になるか
今後の仕事人生に危機感を抱く人へ送る、絶対に食える「キャリアかけ算」実践ガイド

これからは「コモディティ会社員」と「レアカード仕事人」に二極化する。
今まで以上に稼げるようになる人がいる一方で、これまでのように稼げなくなる人も大量に出る。
特に、サラリーマンの仕事がなくなっていく厳しい時代だ。
そんな人生100年時代に生き抜くために知っておきたい藤原和博流・働き方の集大成。
posted by ヒデキ at 12:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月01日

成り上がり精神の強い人は、負のエネルギーの強い人

原宿.jpg
 (写真: 東京、原宿)

 強烈な向上心を持って、学校でも会社でも自分の体力の限界、知力の限界、精神力の限界にのぞむ人は数多くいます。
外資系のトップ級の会社で働く人たちなど、プライベートも家族と過ごす時間も、下手すれば睡眠時間も犠牲にして、戒律の厳しいカトリック教イエズス会の修道僧みたいな、ストイックな生活を送っています。

 幼少期のトラウマとか、劣等心がバネになって、飛躍するきっかけになったという人がけっこう多いです。
学業成績不振とか、イジメの対象にされたとか、家庭環境に恵まれなかったとか、きっかけはさまざまですが、それがコンチクショー!! となると、もの凄いエネルギーを発揮するのです。

 根っから優秀な人が、持ち前の豊かな人間力や、頭脳明晰さを持って社会で成功すると、バランスの取れたポジティブ思考の人が生まれます。
"正” のエネルギーですね。

 でも、負のエネルギーをバネにしてのし上がった人たちは、バイタリティーも凄いし、成果も凄いし、人間のドラマとしての面白さも突出しています。

 たとえて言うならアップルコンピュータのスティーブジョブズもそうだし、CoCo壱カレーの宗次氏もそうですね。
そうした人間の精神を分析してみると、面白いですね。
そんな人間には、魅力があります。

1万円から始めるプロレベルのおまかせ資産運用【THEO+[テオプラス] docomo】



【見えない時間で稼ぎなさい − 仕事とプライベートを10倍楽しくするテクニック満載】
 一人7役! 銀座で働く超多忙社長が教える 「潜在時間」の使い方

posted by ヒデキ at 08:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする