2019年08月11日

就活で知っておくべき需要と供給

 内定の取れない大学生に向けて先月から支援をはじめましたが、内定がとれない原因が分かってきました。

 一言でいえば準備不足、業界を広く知るというところですね。
就活をするうえで大事なのが一番最初にくる職種選び、そして業界えらびです。

 ここのところで就職市場における需要と供給を知っておくのは超大事なことです。
経済はすべて需要と供給のバランスで価格が動きます。

 需要はたくさんあるけど、供給(成り手、商品)が少なければ価格は上がる、希少価値です。
 逆に、需要はそんなにないのに供給(志願者)がたくさんいれば、価格は下がるし、就職は超大変ですね。

 内定の取れない大学生というのは、このケースの後者にあたるということが分かってきました。需要はそんなにないのに志願者数が多くて入れない。

 そもそも、需要がそんなにないということは、そこは成長産業か? という疑問もわいてきます。例えて言うなら金融業界。

 自分とて金融業界ですから、悪く言うつもりはないのですが、マイナス金利がながく続き、全国どこの銀行も証券会社も、生命保険会社も大変です。

 給料が良いとか、世間体が良いとか、バブル期の頃から金融にあこがれる学生はたくさんいました。もちろん、日本の人口が増えている間は、経済も拡大していきますから、金利も高くて金融業は食っていけます。

 でも、人口が減って、経済成長が止まり、低迷、衰退していく期においては、金利が安くなって金融業界はたいへんですね。

 業界の選び方でまず知っておいた方が良いのは、“需要が多いけど、供給(志願者)が少ない業界” を選ぶと、働き手は希少価値がありますから、一生安定で、つぶしが効きます。

 なり手が少ないわけですから、リストラの心配もなく、一生食べて行けるわけですね。
例えて言うと、運輸業界、介護業界、コンピュータ・プログラミング、SEなどは圧倒的に数が少ない。

 アメリカでは学卒者でコンピュータ・サイエンス専攻が年間30万人輩出され、中国では100万人もいます。日本は、1万3千人と言われています。理工学部で電子工学とか、情報処理学科を出た人たちですね。

 これではデジタル世紀にGAFAに負けてしまうわけです。勝てるわけがありません!
でも、プログラミングって、別に理工系でなくても、学歴に関係なく、6カ月くらいの集中講義を受ければ、だれでもなれる職業なんですね。

 しかも給料も高く、月に40万から60万円はだれでも稼げるわけです。
こうした業界研究を、就活の第一段階でみっちりやっておけば、世間の評判(会社のブランド)だけにとらわれずに、堅実な就職ができるわけです。

 ネットの情報、同級生の口コミばかりを情報源にしていると、せっかく入社したとしても、
「こんなはずじゃなかった」 と、数年後には転職するはめになります。

 就活は第一段階が大事。職種選びと業界研究は、時間をかけてみっちりやることをお勧めします!
posted by ヒデキ at 21:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

究極のポジティブ思考を身につける(8)

千葉県富津市.jpg

ー 「乱さない」 より、「切り替える」 がカギ
 (写真:千葉県富津岬)
 多くの人が、心の状態はパフォーマンスにはあまり関係ないと思っています。
だから、やることを決めて “たんたんと”やることが最善だと考えています。
しかし、心の状態がよくなければ、やるべきことを “たんたんと”することすらできません。

行動の質には、心が大きく影響するからです。自分の心の状態に気がつけば、心はフロー(ポジティブ、生産的)に傾くのです。

では、心の状態に気づくには、どういうことを日々、心がければ良いのでしょうか?

自分の心の状態に気づくには、外側に向かっている認知機能(脳のなかで記憶、思考、理解、計算、言語を担当しているところ)とは違う、ライフスキルを働かせて、自分の内側に目を向けさせなくてはいけません。

自分の内側を見るためには、「今、ゆらいでいるな」 「今、心はノンフロー(ネガティブ、落ち込んだ状態)になっているな」 という心の状態に気づくことです。

そう考えると、心の乱れから目をそらさないことが大切になります。
ノンフローの状態になっていけないわけではありません。
とらわれてはいけないわけではありません。

心の状態が乱れても修正する。または、整った状態を持続させるためには、感情に気づくことが大切なのです。

「今、自分はとらわれているな。」といった、心の状態にまず気づくということを徹底的に習慣にすれば良いのです。

要するに、自分の心の状態に無関心であることが問題だということです。

「ゆらいでいるな」と気づけば整った状態にも傾けられますが。。。つづきはメルマガ 『熱血日記』から! 
https://www.mag2.com/m/0001646353.html

(引用: 感情に振り回されないコツ)

posted by ヒデキ at 20:06| Comment(0) | 頭の回転が速くなる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

究極のポジティブ思考を身につける(9)

木更津.jpg

− 変えられないこと、不確かなことには付き合わない。 
 (写真: 千葉県木更津市)

 多くの人は、物事の判断を迫られたときに、大きく2つに基づいた選択を行います。
ひとつは、過去の経験から選択を導き出す。もうひとつは、未来に達成したい目標から逆算して、それにつながる選択をする。

 これは、人間として当然の選択法です。しかし、何かの選択をする際にそれらにとらわれていてはなかなか最善の判断はできません。

 大前提として心がフローな状態(ポジティブ)な中で選択をしなければ、自分本来の能力を最大限に発揮することはできません。 

 脳機能自体が落ちてしまい、判断力が下がるので、「今、何をすればいいのか」 という判断のレベルが下がってしまいます。当然、過去の経験を活かしたり、先を読んでの行動もできなくなります。

 過去の悪いことばかりが記憶から引っ張り出され、未来への不安ばかりが大きくなり、結局いい選択ではなく、現状よりは悪くならない程度の決断しかできなくなるのです。

 「これをやったらみんなからどう思われるだろう。」
「あれをやって失敗したしな」
 といったことばかりが気になっていたら、判断のレベルが下がるのは当然です。

 つまり、過去と未来に思考が引っ張られ、「今、何をすればいいのか」 ということをうまく考えられなくなるのです。そうすると、ますます心の状態は乱れてしまいますから、自分本来の力を発揮できなくなるのです。

 では、過去と未来への思考から解放され、物事を選択するにはどうすれば良いのでしょうか。それは、 “一瞬一瞬に生きる” と考え、過去や未来から脱出することです。

「この瞬間を大事にする」 と考えることで、心の状態は整っていきます。過去や未来に引っ張られる思考を今、 “この瞬間” に集中させることができれば、あなたは集中力を発揮します。
こんな単純なことですが。。。

 つづきはメルマガ ”熱血日記” から! https://www.mag2.com/m/0001646353.html

 【 アンソニー・ロビンズ ”人生は一瞬で変えられる 初来日セミナー 】
posted by ヒデキ at 19:54| Comment(0) | 頭の回転が速くなる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする