2019年02月25日

究極のポジティブ思考を身につける (3)

 − means (意味付け)

前回お伝えしたとおり、心の状態にはフローの状態とノンフローの状態があります。

仕事やスポーツに熱中している状態がフローの時で、心は前向き、生産性は高い。
心が整った状態です。

気分が後ろ向きの時にはノンフローの状態で、心がゆらぎ、マイナスな原因にとらわれて感情が乱れています。

心をノンフローの状態からフローの状態に切り替えれば、おのずと毎日は楽しくなりますし、生産性は上がります。

心を整える方法を知っておけば良いのです。

そのために必要なのが means(意味付け)。

あなたは雨が降ったらどんな気持ちになりますか? 雨が降ったことで
「嫌だな。今日はユウウツな一日だな。」と思う人が多いと思います。

僕は雨が降れば「良かった。木々がうるおう。庭に咲く水仙の花も、キンモクセイの樹も、喜ぶだろう。」と考えます。

雨とは、空から水が降っている現象でしかありません。雨が降ったからゆううつだと言うのは、人間が勝手に意味づけしたのにすぎません。

 もし朝起きた時に雨だったら、ゆううつになる(一時的にでも)としたら、それは認知機能を暴走させて、心の状態を乱している証拠です。

 意味付けによって人の心がゆらぎ、とらわれている仕組みが分かったのではないでしょうか。

 「嫌な仕事を引き受けることになったな」とか、
「今回は、あの苦手な人と交渉しなくてはいけないのか。」
 このようなことは誰でも思います。

 でも、自分を客観的に観察してみましょう。嫌な仕事は。。。
つづきはメルマガ ”熱血日記” からお楽しみ下さい。

https://www.mag2.com/m/0001646353.html

 (つづく)
【参考文献】 感情にふりまわされないコツ − 嫌な気分をすぐに手放す技術

<< 2019年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
メルマガ 熱血日記 
メルマガ登録・解除
 
最近のコメント
最近の記事
タグクラウド
カテゴリ
過去ログ
商品紹介