2017年07月09日

伊藤忠が口座持たぬ個人間の融資を仲介 インドネシアで参入

 伊藤忠商事はインドネシアでIT(情報技術)と金融を融合したフィンテック事業に参入する。スマートフォン(スマホ)を使う個人間の融資仲介事業で、現地の関連企業に約5千万ドル(55億円)を投じる。アジアは未発達な金融インフラを逆手にフィンテックへの関心が高まりつつあり、外資企業の参入が本格普及を後押ししそうだ。

 伊藤忠は今夏をめどに、現地大手財閥シナルマス・グループのフィンテック子会社、PDP社(ジャカルタ)の株式を取得する。出資比率は3割以上となる見通し。

 PDP社は融資したい個人と借りたい個人をつなぐソーシャルレンディングを提供する。「ピア・ツー・ピア(P2P)」融資とも呼ばれる。現地では免許制度に移行し、同社は今年4月に第1号で取得した。2018年に本格サービスを始める。

 借り手、貸し手双方がスマホを使いネット経由で手続きできる。借りる人は融資額や調達期間を提示して貸し手を募る。貸す人は自分のリスクで借りたい人を選ぶ。銀行融資に伴う煩雑な手続きを省いて費用を抑えており、貸し手は銀行預金より高い金利を得やすい。

 インドネシアは銀行口座を持たない個人が多い。スマホの普及で、口座を持たなくても電子マネーで融資が受けられるサービスが始まっている。現地の国営銀行も参画した。同国のP2Pの総貸出残高は現在20億〜30億円のもようだが、伊藤忠は「数年後に1兆円規模に拡大する可能性がある」とみる。

 PDP社はこの2年間、携帯電話関連の電子マネーを手掛ける小規模事業者向けに融資する実験を行い、約8億円の残高がある。サービスの本格化にあわせ今後、日用品や雑貨を販売する小規模事業者など借り手を順次増やす。仲介手数料で収益を上げる計画で、数年後に貸出残高で4千億円を目指す。

 伊藤忠はノウハウを提供して、管理システムやコールセンターの整備を支援する。人材も派遣する方針だ。

 アジアでは中国でフィンテック活用が進んでいる。現地ポータル(玄関)サイトの網貸之家によるとP2Pの貸出残高は16年が約8千億元(13兆円)と、14年の8倍に増加。運用手段が限られる個人の貸し手を引き付ける。

 ただフィンテックは新分野なだけに金融当局の規制が万全ではない。中国のP2Pでは有利な運用をかたり資金を集める詐欺事件が発生するなど不祥事も相次ぐ。市場拡大には当局の規制強化が課題だ。

 伊藤忠は海外で消費者金融のアコムなどと共同でタイや香港で個人向け融資を展開。海外金融事業の純利益は数十億円に上り、新興国で事業を広げる方針だ。

 【 伊藤忠躍進の秘密 】

posted by ヒデキ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊藤忠商事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三井物産が米で看護師派遣会社買収

 三井物産は米国で看護師などの人材派遣を手がけるアカウンタブルヘルスケアホールディング(フロリダ州)を買収すると発表した。買収額は100億円超。成長分野に位置づけるヘルスケア領域での事業を拡大する。

 アカウンタブル社は米国28カ所に拠点を持ち、医療施設に約1500人の看護師を派遣している。2016年の売上高は1億4300万ドル(約160億円)。

 三井物産は14年に医師や理学療法士の派遣を手がけるデルタ・カンパニーズ(テキサス州)を買収した。アカウンタブルの買収で、医師から看護師まで幅広い医療関係者の派遣ができるようになる。両社合計で全米上位10位内の規模になり、医療関係者派遣事業で20年をメドに4億ドル(約440億円)の売上高をめざす。

 4月からの中期経営計画ではヘルスケアを4つの成長分野のひとつにしている。東南アジアで富裕層向け病院を運営するIHHヘルスケアに出資しているほか、16年にはパナソニックヘルスケアにも出資した。医療施設から人材、サービスまでのネットワーク作りを進める。

 【三菱、三井、住友財閥が分かる本】

posted by ヒデキ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 三井物産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

双日が車の品質検査で北米進出

 双日は自動車の品質検査サービスで北米市場に進出する。米国最大手のストラトスフィア・クオリティ(インディアナ州)を買収した。欠陥のあるエアバッグをつくったタカタが経営破綻し、自動車の品質に対する消費者の目が厳しくなっている。メーカーが品質検査を徹底するため、外注する需要が伸びるとみる。

 日本の上場企業が自動車の品質検査を専門に手がけるのは初めて。双日がストラト社の株式65%、双日が提携する自動車品質検査の日本最大手、グリーンテック(名古屋市)が35%を3日に取得した。買収額は開示していない。

 ストラト社は米国やメキシコで完成車や部品メーカー約3千社を顧客に持ち、2016年の売上高は1億2200万ドル(約130億円)。日本で約2千社の顧客を持つ同業のグリーンテックと組み、日本企業の北米拠点などから受注をめざす。

 双日は米国やアジアで自動車の販売仲介を手掛けており、品質検査への参入で収益源を広げる。

 【 商社マンの「お仕事」と「正体」がよ〜くわかる本 】
posted by ヒデキ at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 双日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GEが三菱商事などから秋田の風力発電機を大型受注

 米ゼネラル・エレクトリック(GE)は日本で風力発電機を大型受注した。受注額は100億円規模とみられる。三菱商事などが秋田県で計画する出力6万6千キロワットの大規模風力発電所に発電機を納入する。

 日本国内の大型風力発電所向けの発電機は日立製作所と独シーメンスが市場を二分していた。大型受注の実績を増やすGEを加えた3社による競合が激しくなりそうだ。

 秋田市・潟上市で建設される、6万6千キロワットの風力発電所で22基の風力発電機を受注した。2020年5月に稼働する予定で、発電所を運営する三菱商事子会社などから15年間の保守契約も請け負う。

 東北地方の北部では大規模発電所が相次ぎ建設されており、今後も受注増が見込めるとして、秋田県内に初のサービス拠点を開設する。

 GEの風力部門は14年に日本市場に再参入した。国内でGE製の風力発電機が350基以上稼働しているが、大半が07年の撤退前に設置されたもの。GEは再参入後、宮崎県で稼働予定の6万4800キロワットの風力発電所の発電機を受注している。

 富士経済の調べによると30年の国内風力発電機の市場規模(新設)は2160億円と、16年見込み比で7倍近くまで増える見通し。最近は5万キロワット以上の大型案件が相次ぎ建設されている。

 【 新・現代総合商社論: 三菱商事・ビジネスの創造と革新[2] 】
posted by ヒデキ at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 三菱商事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポジティブ思考へ!(23) 一瞬で自分を変える方法

茅ヶ崎海岸.JPG

 − 毎日、目標を白い紙に書きだす

 朝、起きたときから夜、布団に入るまでの17時間をアドレナリンをバンバン噴出しながら熱狂的なヤル気とともに過ごせる楽しい思考方法を連載しています。

 写真は神奈川県茅ヶ崎海岸ですが、ここに行くのを土曜日の夕方の目標として、昨日の目標のひとつとして白紙に書き出していました。

 あなたの思考をポジティブ思考に切り替えるいちばん大切なことは、
“マイナスな思考を脳の中から排除する” ことです。会社や学校の嫌なこと、上司や部下の嫌な人、人間関係で抱えた悩み、そうしたマイナスのことを徹底的に脳みそから排除することで、あなたは貴重な一日を明るく楽しく過ごすことが可能になります。

 ではどうしたら可能になるのでしょうか? ひとつの有効な方法が、“毎日、目標を白い紙に書き出すこと” です。朝から晩までにすることを白い紙に箇条書きにしていきます。

 そして、一日は、余計なことを一切考えずに、1番から10番まで順番に機械的にインプリメンテーション(実践)していき、終わったら鉛筆で順次消し込んでいきます。

 こうすると、あなたの頭の中にはマイナスな思考が浮かぶ暇が無くなります。一日一日を熱狂的に過ごす秘密の方法です。僕はこの習慣を34歳のときから守っています。ゴールドマン・サックス証券の東京オフィスで、中途入社者に会社のカルチャーを教えるセミナーに複数回呼ばれました。

 各部門でマネージング・ディレクター(役員)まで出世した若き成功者が順番に登壇し、なぜ自分は成功したのか、という話を順番にすることで、ゴールドマンのカルチャーを教え、中途入社者に夢と希望とアドレナリンを注入してくれたのです。このセミナーは大好きでした。

 ニューヨーク本社のFICC(債券・為替・商品取引部門) で日本人で唯一のMDとして、商品先物トレーダーとして活躍されていた男性が、この会社の文化や、資産運用の法則を教えてくれました。

 最後に質問の時間となり、100人ほどいたセミナー会場で、僕は手を挙げました。「あなたが成功した理由で一番大きかったものは何ですか?」と聞いたところ、
「君はおもしろい質問をするねえ。」と返し、会場は大爆笑につつまれました。

 ほとんどの若者は、「デリバティブ市場の将来は。。。」とか、「オプションでガンマがベータをヘッジして。。。」とか、金融工学に関する質問ばかりだったからです。

  この先はメルマガ “熱血日記”からご覧下さい。
http://www.mag2.com/m/0001646353.html

 【 ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則 】


 【 速さは全てを解決する ゼロ秒思考の仕事術 】


posted by ヒデキ at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭の回転が速くなる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファイナンシャル・プランナー飲み会@横浜

ファイナンシャルプランナー飲み会.JPG

今日は神奈川県のファイナンシャル・プランナーが集まる飲み会に参加し、とても楽しいひと時を過ごしました。資産運用の定石にはじまり、どうすればお金を減らさずに保てるか、といった議論で盛り上がりました。

少子高齢化で経済の先行きが絶望的な日本の銀行にお金を預けて大丈夫なのか!?
日本国債が破たんしたら日本の銀行に預金したお金は消える。安全な預け先はどの国だ?
という議論で、ドイツかアメリカか、或いは新興経済国か? という白熱した議論をしてきました。イギリスはダメだろうという話も。

やはり、自分のお金は自分で守らないとダメですね。グローバル経済ですから、世界経済を知っていないとお金を守ることは出来ませんね。

【お金の流れでわかる世界の歴史】



お金の流れで歴史を見るというのがテーマで、「こういう風に説明してくれたら歴史の授業も面白いのになあ」という内容です。
例えば、ナポレオンが没落したのは「前国王(フランス王朝)時代の借金が滞り、戦費の調達ができなかったから」らしいです。
ナポレオンの没落にはこういう背景があったのですね。
他にも面白かったのは、「古代エジプトのユークリッド幾何学は数学とは何の関係もない」
「新約聖書には徴税人の話が多い」
「ナポレオンは経済に関してはずぶのド素人」
「ロスチャイルド家が没落したのはアメリカ進出が遅れたから」
「アラブの石油産出量は戦前は大したことなかった」
「アメリカが第二次世界大戦に参加した本当の理由は金本位制が崩れるから」
などなどあります。他にもたくさんあって面白です。
1つ気になったのは、アメリカは、日本が資源を持ったら困るのでとにかく邪魔をしたという話が出てきます。
posted by ヒデキ at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする